クチコミ調査でニーズを探る!女性の服選び、悩みは世界共通!?

クチコミ調査でニーズを探る!女性の服選び、悩みは世界共通!?

服選びの悩みは、海を超える・・

働く女性にとって、毎日の「仕事に着ていく服選び」は大きな悩みの1つではないでしょうか?
「いつも同じような服を買ってしまう」「どんな服が自分に似合うか分からない」「仕事や子育てで忙しくて服を買うヒマがない」―このような悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

そうした悩みについて探るべく、2015年から2017年の同期間に日本国内と海外でそれぞれ投稿された「服」「選ぶ」といったワードの含まれたクチコミを調査しました。
その中から、ネガティブなもの(※)の件数を示したのが以下のグラフです。

「服選び」に関するネガティブなクチコミ

図1:「服選び」に関するネガティブなクチコミ 2015年・2016年・2017年比較
※日本及び英語圏でそれぞれ「服」「選ぶ」に関する投稿のうち、「悩み」「不安」「失敗」などの要素を含むクチコミ

日本でも世界でもネガティブなクチコミが数多く投稿されていることがわかります。
服選びに悩み苦しむのは、日本だけでなく世界共通なことのようです。

日本では、ちょうどソーシャルメディアが浸透してきたことや、この時期異常とも言える気象状態だったことも相まって、年々服選びに関するネガティブなクチコミ件数は増え続けています。
その件数は、英語圏全体での件数に迫る勢いです。

具体的なものを抜粋してみると、「育児をしていて服を選ぶ時間がない」という主婦のクチコミや、「お店で服選びをしたら店員さんのセンスが良くて助かったが、セールストークに乗せられて想像以上に出費してしまった」といったクチコミが、ブログ上などで見られました。

一方海外では、育児情報サイトレビューサイトなどでクチコミが多く見られました。

新サービスがネガティブクチコミを減らす!?

海外のクチコミの件数に注目してみると、2015年に26,287件あった海外のクチコミ件数は、2016年に16,789件まで激減しています。
その理由を探ってみると、いくつかの理由のひとつとして、アメリカで絶大な支持を得たあるサービスの影響が見えてきました。

それが、「Bento BoX」です。
2011年創業の働く女性向けのワードローブ・ブランド「MM.LaFleur」が提供するサービスで、これがいまアメリカの働く女性に話題なんだそうです。
サイト上で、年齢や職種、体型、好きなブランドやスタイルなどいくつかの質問に答えていくと、プロが選んだ自分に合った仕事服のコーディネートが専用の「Bento Box」1箱にまとめて1週間後に配送されます。

Bento Box

どんな洋服が送られてくるかは届くまで分からないため福袋的な楽しみ方もでき、届いたコーディネートの中で気に入らないものがあれば無料で返品することも可能です。
なんとなく聞き覚えのあるようなサービス名「Bento Box」ですが、小さな箱に洋服が詰められている様子が「弁当箱」に似ていることから名付けられたそうです。

この「Bento Box」が、なぜネガティブクチコミを減らす理由のひとつと言えるのか、2015年から2017年の「Bento Box」に関するクチコミ件数を見てみましょう。

「Bento Box」に関するクチコミ
図2:「Bento Box」に関するクチコミ 2014年~2017年比較
※2014年を100とした

投稿をさかのぼり、「Bento Box」に関する投稿が増え始めた2014年を100とすると、翌2015年にはクチコミの件数は2.3倍、2016年にはさらに2倍と、「Bento Box」に関するクチコミが急増していることがわかります。
これは、先ほどご紹介したネガティブクチコミの件数と逆の波を描いています。
もちろんこのサービスだけが理由ではないですが、「Bento Box」がネガティブクチコミの減少に少なからず寄与していることは言えそうです。

クチコミ内容を詳しく見てみると、2015年には「人生を変えるようなサービス」「Bento Boxが届くのが待ち切れない」と、サービスの評価や期待の声が多く見られました。

翌2016年には、「ショッピング嫌いな女性向けのブランド」として多数のニュースサイトで取り上げられ、これによりクチコミ数が急増しました。
「大学教授の職に就いたら、洋服選びはもっぱらBento Boxに頼る」と発言しているユーザーもいます。

さらに2017年にも、「このサービスが大好き。洋服の質も良いしぴったり!」といった利用者の声が見られました。

調査は2017年7月時点のものなので、2017年のクチコミは少なく見えますが、このペースでクチコミが増えていくと想定すると、年間でのクチコミは2016年よりやや少ないところに落ち着くのではないでしょうか。「Bento Box」への注目は決して衰えていないと言えるでしょう。

3年間のクチコミを見ていくと、総じて「Bento Box」の期待値や評価が高く、消費者から支持されている様子が伺えます。

コーディネート宅配サービスは、日本人でもウケるのか!?

このようにアメリカで話題の「Bento Box」ですが、日本では同様のサービスに対する需要はあるのでしょうか?

 日本人は、「自分の魅力を際立たせたい」という自己実現の欲求、「他人と違うアピールがしたい」という差別化の欲求が強いと言われています。
また、流行に敏感な人がいる一方で、中には流行をあまり意識せず、「自分に似合う服を選びたい」と考える人も多いようです。
仕事服はついついワンパターンなコーディネートになってしまいがちですが、プロの手を借りることによって、周囲と差別化できて、かつ自分に合ったコーディネートの実現が可能となるため、消費者にとっては魅力的に感じられるのではないでしょうか。

また、服選びに失敗したというクチコミを見ていくと、失敗の理由として「サイズが合わない」「勢いで買ってしまった」「着回しができない」と言った声が挙がっています。

このような悩みを持つ日本人には、届いた服が気に入らなければ無料で返却できる「Bento Box」のようなサービス最適だと言えそうです。
コーディネート宅配サービスは非常に日本人に受け入れられやすい要素を持っていると考えられます。

そこで調べてみたところ、実は、日本にもこうしたコーディネート宅配サービスが既に展開されているのです。
そのうちの1つが、株式会社エアークローゼットが展開している「airCloset」というサービス。
「Bento Box」と同様に月額制でプロが選んだファッションアイテムが家に届くというものです。
2015年にサービスを開始した「airCloset」が、日本でどれくらいの反響を呼んでいるのか、実際のクチコミ投稿を集めてまとめてみました。

こちらのDIGMARTの特設ページからご確認いただけますのでぜひご覧ください!

「服選び」に関する悩みは日本でも海外でも共通して持たれており、サービスを利用することで悩みを解決している女性が多いことが今回の調査からわかりました。

「クチコミを分析する」と言えば、自社製品やサービスなどについてどのような声が集まっているかを調べるものという印象があるかもしれませんが、今回のように、クチコミから消費者のニーズを探っていくことも可能です。
まずはクチコミをしっかり分析してみることで、新たな施策の種が見えてくるかもしれません。

詳しい資料をダウンロード

世界のクチコミデータを分析してレポートするサービス「Global Reporting」のご案内は、
こちらのボタンからダウンロードが可能です!

この記事を書いた人たち
株式会社NTC デジタルマーケティンググループ DIGMART

記事アイコン仮商品・サービスのコモデティ化が進む中、新たな競合差別化の為の戦略が求められている時代にDIGMARTはデジタルマーケティングを使ったソリューションで企業様のご支援をいたします。
http://digmart.ntcbizplan.jp/
 

関連資料

そのデータ、無駄なく活用します!他社より1歩先に進めるデータ分析・活用サービス
海外のトレンドやニーズを見える化!「Global Reporting」のご案内

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る