近年増加している広告主が注意すべきアドフラウドとは?その手法も解説

近年増加している広告主が注意すべきアドフラウドとは?その手法も解説

近年、ネット広告の市場規模は急速に拡大していますが、それに伴って増加しているのが広告詐欺とも呼ばれるアドフラウドです。今や、広告主にとってアドフラウドへの対策をすることは必須と言えますが、アドフラウドへの理解は進んでいないのが現状です。そこで、ここではアドフラウドについて解説していきます。

アドフラウドとは?

アドフラウドとは、一言で説明すると広告詐欺のことです。例えば、ボットなどの自動プラグラムを使用してネット広告を表示させたり、広告をクリックさせたりすることで広告費を水増しするという手法などが挙げられます。

Webサイトやアプリなどに表示されるネット広告では、ユーザーが広告をクリックしたり、広告を開いたりすることで、広告費用が発生するという仕組みになっています。つまり、人ではなくボットの自動プログラムで広告をクリックしたり、表示させたりしても広告費用は発生するということです。

基本的に、企業はユーザーに宣伝広告するために多額の費用を費やしていますが、ボットに広告を表示させても広告費が無駄になるだけです。そのため、ネット広告を出稿するのであれば、アドフラウドへの対策は必須となりつつあります。

アドフラウドが急増した理由

近年、日本においてもアドフラウドが急増しており、大きな問題となっています。このような状況になった背景には、ネット広告の市場規模が急速に拡大していることがあります。

ネット広告が一般的でなかった頃は、テレビや新聞といったメディアに広告を出すには多額の費用がかかっていたため、広告を出せるのは限られた企業だけでした。しかし、ネット広告の場合は広告費が安いため、どのような企業でも広告が出せますし、Webサイトは日増しに増加しているため、広告を掲載する場所は非常に多くなっています。

このような背景から、ネットに対する知識が乏しい広告主が増加した結果、アドフラウドの被害にあってしまうケースが多くなっていると考えられます。

アドフラウドの事例

アドフラウドの実態を理解して対処していくためには、まず事例を知ることから始めましょう。

アドフラウドの事例は数多くありますが、まず挙げられるのが、検索スパムと組み合わせることで、広告しかないページに誘導するという手法です。また、ユーザーからは見えない位置に広告を表示させることで、広告配信数を水増しする隠し広告という手法や、高頻度でページを自動リロードすることで、短時間で多くの広告を表示させるオートリフレッシュといったものも挙げられます。

さらには、ブラウザに有名ブランドの広告をポップアップ表示させることで、クッキーに履歴を残すクッキースタッフィング、ユーザーの端末を不正に操作して自社サイトの広告をクリックさせるハイジャックデバイスといった事例も報告されています。

アドフラウドの種類

前述したように、アドフラウドの事例には様々なものがありますが、アドフラウドの手法は次々に新しいものが生み出されています。ここからは、アドフラウドの代表的な種類について詳しく解説していくので、ひとつずつ確認していきましょう。

クリック洪水

クリック洪水とは、ユーザーがクリックした広告にかさ増しするという手法です。この手法は、パブリッシャー(広告掲載主)がどの端末IDが広告をクリックしたのかが分かるという仕組みを悪用したもので、広告をクリックしたユーザーの端末IDを利用して、あたかも様々な広告をクリックしたように見せかけます。

つまり、ユーザーはクリックしたつもりない広告も、クリックしたことになっているということです。

また、裏では定期的に広告をクリックするという状態が続きます。その後、ユーザーがテレビCMや口コミなどに影響されて、クリックしたことになっている商品を購入すると、その成果が全て不正を行った人のものとして扱われるということになります。

インストールハイジャック

インストールハイジャックとは、ユーザーにマルウェアに感染しているアプリをダウンロードさせることで、成果を横取りするという手法です。

例えば、スマートフォンにマルウェアが入った状態で、ユーザーがあるWebサイトに掲載されたアプリの広告をクリックしたとします。本来であれば、広告主の広告効果計測ツールには、ユーザーがクリックした広告が掲載されているWebサイトの情報が通知されるはずです。

しかし、マルウェアが入っていると、新たに全く別のWebサイトの広告をクリックしたという情報が通知されてしまいます。

基本的に、広告効果計測ツールはラストクリックをもとに流入元を判断しているため、ユーザーがアプリのインストールをして起動すると、別のWebサイトの方の成果として扱ってしまうことになります。

インストールバリデーション

アドフラウドの手法の中には、スマートフォンアプリのインストール数を稼ぐというものがあります。

この手法では、ダウンロードはされても、通常通りインストールされた後にアプリが利用されることはありません。インストール数を稼いで不正に収益を上げることが目的の手法ですが、この不正行為を防止するのがインストールバリデーションです。

インストールバリデーションとは、ダウンロードされたアプリがインストールされて、実際に利用されているのかを検証することを指します。AppleやGoogle playでは、一定の基準を設けてインストールごとに評価することで、アプリが実際に使用されているのかを判断しています。

基準をクリアしていないと判断されれば、そのインストールは無効とされて、成果も認められないという仕組みです。

ボット

数あるアドフラウドの手法の中でも、最も多いとされているのがボットです。冒頭で述べたように、自動プログラムを利用して、広告のクリックやアプリのインストール、アプリ内のイベント送信といった不正行為が行われます。

特に、近年増加しているのが、SDKスプーフィングと呼ばれる手法です。

これは、アプリに不正なコードを紛れ込ませて、別のアプリになりすますことで、本来は発生していないクリックやイベントが行われたように見せかけるという不正行為です。

広告主は、本来は発生していない成果に対して費用を支払うことになりますが、特にオープンソースで開発されたSDKは、コードが偽装されやすいため、SDKスプーフィングの被害にあいやすいと言われています。

行動異常

アドフラウドの手法には様々なものがありますが、多くの場合、人間のユーザーであれば行わないような行動異常が見られます。

例えば、クリック洪水の場合、ユーザーが広告をクリックしてから、実際に商品を購入したり、アプリをダウンロードしたりするまでの間隔が異常に空いていたり、逆に間隔が短すぎたりすることが多いです。また、広告がクリックされる間隔が一定である場合や、端末やIPが偏っている場合などもアドフラウドが疑われます。

そのため、通常であれば考えにくい行動異常を見極めることが有効なアドフラウド対策のひとつと言えます。しかし、行動異常を見極めることは非常に難しく、簡単にできることではないため、ツールを上手く活用する必要があるでしょう。

デバイスファーム

デバイスファームとは、不正にアプリのインストール数を稼ぐことを目的としたアドフラウドです。アプリのインストール数を不正に稼ぐ手法には、端末を何台も用意するという方法もあり、短時間に多くのインストールが行われたと扱われてしまいますが、デバイスファームで使用する端末は1台のみです。

デバイスファームは、端末IDを不正にリセットすることで、アプリのインストール数を不正に増やすという手法となります。

原則として、端末IDは1台につきひとつしかありませんが、端末IDをリセットすることで複数の端末からアプリのインストールが行われたように見せかけます。数あるアドフラウドの中でも、ステルス性が高いため、広告主にとっては非常に厄介な手法です。

まとめ

アドフラウドは、広告主の貴重な資金を無駄なものにしますが、日本では海外ほど深刻な問題ととらえられていません。これは、日本では最終的な成果が最優先されるため、成果さえ上げていれば広告費が横取りされても問題になりにくいためと言われています。

しかし、アドフラウドは今後益々増えていくことが予想されているため、現在のような考え方は通用しなくなるでしょう。

そのため、適切な対策をする必要がありますが、効果的な対策を実施すれば無駄な広告費の削減につながり、新たな広告を出稿できるかもしれません。

ただし、アドフラウドを見分けることは非常に難しく、新たな手法も次々を生み出されているため、優秀な計測ツールを有効活用する必要があると言えるでしょう。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る