失敗するYouTubeチャンネル3選 <ホワイトペーパー>

失敗するYouTubeチャンネル3選 <ホワイトペーパー>

サービス概要

昨今YouTubeの影響力が高まり続け、多くの企業や個人がYouTubeチャンネルを開設し発信を開始し、競争が激化しています。

そんななか、チャンネルを始めてみたものの、
「動画の再生回数が伸びない」
「このままの方向性で続けてよいのか不安」
など課題をお持ちの担当者も多いのではないでしょうか?

本ホワイトペーパーでは、そういった課題をお持ちの担当者に、失敗するチャンネルの代表例を挙げながら、YouTubeチャンネルを伸ばしていく上でのポイントをご紹介いたします。

☆こんな方におすすめ
・企業のYouTubeチャンネル担当者
・今後YouTubeチャンネルを開設していきたい担当者
・チャンネル運用代行などを展開されている広告代理店担当者

サービスのポイント

・YouTubeチャンネル運営が失敗する代表的な3つの理由とは?

・YouTubeチャンネル運営に必要な要素とは?

・動画SNSデータ分析ツール「kamui tracker」の使い方とは?

導入実績

・株式会社ディー・エヌ・エー
・株式会社サイバーエージェント
・GROVE株式会社
・MIHA株式会社
・株式会社ゲームエイト
・株式会社GOODROID
・ナオ株式会社
・株式会社GameWith
・株式会社Kiii
・株式会社メディカルフロンティア

こんな方にオススメ

・企業のYouTubeチャンネル担当者

・今後YouTubeチャンネル開設を検討しているマーケティング/広報担当者

・チャンネル運用代行などを展開されている企業担当者

会社概要

会社名:株式会社エビリー
代表者名:中川恵介
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビルB1
資本金:3億7,000万円(資本準備金含む)
設立年月:2006年10月2日
従業員数:52名(2020年7月末現在)

ビデオテクノロジーとビッグデータで企業とクリエイターをエンパワーメントするといういうミッションのもと、弊社では、インターネットを利用した世の中に役立つサービスを提供し、社会貢献したいという思いで日々活動しております。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る