EFO成功事例から学ぶ、フォーム改善成功のポイント

EFO成功事例から学ぶ、フォーム改善成功のポイント

サービスの特徴

  • EFOを実施し、入力完了率が増加した事例を紹介。
  • EFO成功のための分析や解決策の検討方法など、ポイントを紹介します。

こんな方にオススメ

  • 資料請求、メールマガジンなどリード獲得施策を検討している企業のサイト担当者様

サービス概要

EFO(入力フォーム最適化)の重要性

実店舗での販促の場合、一度レジに並んだお客様は、ほぼ100%の方が購入に至ります。
しかし、インターネット上での「レジ」にあたる「フォーム」に訪れたお客様のうち、実際にフォームの入力完了まで辿りつくユーザーは、たったの25%程度。さらにサイトによってはわずか10%以下ということもあります。

ところが、EFO(フォーム改善)を実施し、この完了率を25%から50%に改善するだけで、コンバージョン率は倍増し、CPAは半分に抑えられるのです。

スマートフォンにおけるEFO

また、昨今ユーザーのアクセスが伸びているスマートフォンにおいても、EFOの視点は非常に重要となります。
画面が小さいこと、1項目1項目の入力が面倒なことから、フォームのちょっとした問題がユーザーにストレスを与え、離脱を増やす結果となる一方、EFOがしっかりとなされれば、PCよりもスマートフォンのフォームのほうがフォーム完了率が高くなることも少なくありません。

EFOの落とし穴

このように、広告予算の増強よりも、サイトのリニューアルよりも、もっとも簡単に大きな効果の出る施策、EFO(入力フォーム最適化)。
しかし、思いこみによる改善は危険を伴います。EFOを成功に導くためには、定量指標を確認しながら改善・検証を繰り返すことが大事となります。

本レポートでは、EFOの成功事例から、EFO成功のポイントをお伝えしていきます。

※EFOとは?
 Entry Form Optimization(エントリーフォーム最適化)の略で、フォームの完了率を上げるための施策のことを指します。

(資料内「はじめに」より)

企業情報

企業名:株式会社エフ・コード
代表者:工藤 勉

会員限定!500以上の資料を無料ダウンロード可能

会員登録(無料)

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る