ネガティブな情報を見えにくく対策!逆SEO対策サービス「R-SEO」ご案内資料

ネガティブな情報を見えにくく対策!逆SEO対策サービス「R-SEO」ご案内資料

サービスの特徴

  • 公式サイトの最適化、メディア内へのオリジナル記事の掲載などを組み合わせて対策
  • 最新のアルゴリズムに対応した「評価される」ための逆SEOサービス

こんな方にオススメ

  • 企業のWeb担当、広報担当者、人事担当者、経営者

サービス概要

あるWebサイトの特定のキーワードによる検索順位を上げてアクセス数を増やす「SEO対策」に対して、あるWebサイトの特定のキーワードによる検索順位を下げていくことにより、そのサイトを見えにくくするのが「逆SEO対策」です。
ネガティブな情報が掲載されたWebサイトに「逆SEO対策」を行い、アクセス数を減少させることで、ブランドイメージの低下を防ぎます。

逆SEO対策が必要な理由

一般的には、あるキーワードでの検索結果を見たユーザーは、上位表示されたサイトから順にタイトルや説明文などを読み、注目したサイトを閲覧します。
つまり、検索結果が上位になればなるほど、サイトを訪れるクリック率が高くなるということが言えます。

具体的な企業名・商品名・個人名など「指名系キーワード」で検索をしたユーザーはかなり関心が高いユーザーであると言えますが、そうしたユーザーは公式サイトだけでなく、第三者の声である「評判」や「クチコミ」を参考にします。
この時、検索順位の上位にネガティブな情報が書き込まれた掲示板やクチコミサイトが表示されていると、イメージ低下のリスクが高まることになります。

こうしたリスクを軽減させるために、逆SEO対策は必要なのです。

逆SEO対策について

ネガティブサイトの順位を逆SEO対策によって押し下げます

逆SEO対策の方法

逆SEO対策は、ネガティブ情報が掲載されたWebサイトの順位を下げるというものですが、直接そのサイトに何かをするわけではなく、他のサイトやページの検索順位を上げていくことで、相対的に順位を下げ、検索結果から見えにくくしていきます。
そのため、状況などに応じて、複数の施策を組み合わせて対策します。

近年、SEOサービスは「劇的に難しくなった」と言われています。
低品質なサイトを評価しない「パンダアップデート」や、スパム行為などが行なわれれているサイトの順位を下げる「ペンギンアップデート」が随時行なわれており、検索エンジンの順位表示を決定する「アルゴリズム」のスキマを突くような対策をしていたSEOサービスは成果を挙げられなくなりました。
隠しテキストや被リンクの自動作成などのようないわゆる「ブラックハットSEO」と呼ばれる“裏ワザ的”なSEO対策は終焉を迎えたのです。

ジールコミュニケーションズでは、最新のアルゴリズムに対応した「評価される」ための逆SEOサービスを行っています。

サービスの内容

ネガティブサイトの順位を下げていくために、公式サイトやサテライトサイト、メディアへの掲載記事などの順位を上位表示させていきます。
企業PRを行ないつつ自然な検索結果へ最適化させます。

逆SEO対策の内容

施策①内部対策

貴社の保有しているWebサイト(公式サイト)を、検索エンジンに正しく評価されるように最適化させます。

検索エンジンが検索結果の順位を決定する際に評価の対象となるのは、Webサイトの構造や、ページ内に記載されている内容です。
Webサイトの構造を最適化し、その中で伝えるべき情報を適切に伝えられるようにしていく作業が必要となります。

施策②外部対策

Webサイトは、他サイトからリンクを得ることで、より信頼性のあるサイトであると検索エンジンに認識されます。
そこで、評価を与えたいWebサイトへ別のWebサイトからリンクを集める対策を行うのが外部対策です。

リンクを与えるWebサイトが対象となるWebサイトと同業種であったり共通点があったりと、関連性の高い内容を扱っていることが高評価の条件となります。

施策③メディア掲載

弊社保有のメディアサイトおよび提携外部メディアサイトに貴社についてのオリジナルコンテンツを掲載します。

それぞれのサイトの特徴を活かして特色のある企業情報を発信することが可能となり、ユーザーに有益な情報を提供しつつ企業のクリーンなイメージを保つことができます。

詳しくは資料をダウンロードのうえ、お気軽にお問い合わせください。

関連資料

風評被害には早期対策を!業界No.1Webリスクコンサルティングのご案内
ネガティブサイトを早期発見!風評被害監視サービス資料

企業情報

企業名:株式会社ジールコミュニケーションズ
代表者:薮崎 真哉

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る