ネガティブサイトを早期発見!風評被害監視サービス資料

ネガティブサイトを早期発見!風評被害監視サービス資料

サービスの特徴

  • 「完全システム化」を実現し24時間365日休まず監視が可能な風評被害監視サービス「CWFA」
  • Yahoo!、Googleの検索結果、Yahoo!知恵袋や2ちゃんねるなど掲示板、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSを監視

こんな方にオススメ

  • 企業のWeb担当、広報担当者、人事担当者、経営者

サービス概要

貴社名や商品名、代表者名などに関連したネガティブ情報が検索結果や2ちゃんねる・Yahoo!知恵袋などの掲示板サイトに書き込まれていた場合、貴社に関心を持って検索をするユーザーにマイナスイメージを与えてしまいます。

こうした風評被害はほうっておくと、ブランドイメージの大幅な低下や崩壊、人材採用や新規取引のようなビジネスチャンスに悪影響を及ぼすなど、大きな損害を貴社にもたらすことになります。

風評被害監視サービス「CWFA(クーファ)」は、Yahoo!・Googleの検索結果や2ちゃんねる・Yahoo!知恵袋などの掲示板サイト、Twitter・Facebook・InstagramなどのSNSを監視するシステムです。

「CWFA」という名称は「Catch(捉える)」「Watch(視る)」「Find(見つける)」「Avoid(回避する)」の頭文字に由来します。

CWFAで出来ること

24時間システム監視、SNSへの対応を実現!

これまでは人間の目視による監視と併せて行っていた風評被害監視サービスですが、どうしても人間の目には限界があり、見落としのリスクが拭えませんでした。
しかし、「CWFA」では監視のシステム化を実現しているため、見落としリスクのない24時間365日の監視が可能となりました。
さらに、Twitter・Facebook・InstagramなどのSNSへの監視も対象とすることで、いわゆる「バカッター」による炎上、リベンジポルノによる画像の流出や個人情報の漏洩など、SNS上で起こりうるリスクの回避を行うことが出来ます。

検出キーワードのカスタマイズで幅広くさまざまなパターンに対応可能!

キーワードは自在にカスタマイズができるので、予期されるキーワードを登録しておくことで、リスクを未然に防ぐことが可能です。

前日の検索結果との違いの確認が可能!

これまでの監視サービスと大きく異なる点は、検出したデータからの情報分析が可能という点です。
前日の検索結果と比較をすることで、書き込みの増減、ネガティブな情報がどの程度含まれているかなどを確認することが出来ます。
これは、風評被害に関わらずとも、新製品リリース後などマーケティングにも活用することが出来ます。

監視対象

  • Yahoo!・Googleのサジェスト・関連ワード(ネガティブワードを色付けして表示します)
  • 検索結果(100位までのサイトタイトル、サイトの1ページ目、ドメインに指定したネガティブワードやキーワードがあれば、色付けして表示します)
  • Twitter・Facebook・Instagram(1日3回の抽出で検出キーワードの総数と該当する投稿を表示。投稿は全て画面キャプチャにより保存します)

※また、各種レポートも簡単に出力が可能です(PDF・Excel)

詳しくは資料をダウンロードのうえ、お気軽にお問い合わせください。

関連資料

風評被害には早期対策を!業界No.1Webリスクコンサルティングのご案内
ネガティブな情報を見えにくく対策!逆SEO対策ご案内資料

企業情報

企業名:株式会社ジールコミュニケーションズ
代表者:薮崎 真哉

会員限定!500以上の資料を無料ダウンロード可能

会員登録(無料)

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る