コンバージョン率の向上へ!ユーザーデータを元にアプリを2種類のアプローチで成長させる「Repro」ご案内資料

コンバージョン率の向上へ!ユーザーデータを元にアプリを2種類のアプローチで成長させる「Repro」ご案内資料

「Repro」の特徴

  • アプリの開発段階から本番運用段階、収益化に至るまでアプリの成長に必要な機能を提供
  • 改善とマーケティング、2つのアプローチでアプリを成長させていく
  • ユーザー数に応じて無料から利用が可能

こんな方にオススメ

  • アプリの継続率、課金率などを上げていきたい企業様・ご担当者様

サービス概要

Reproはアプリの分析からマーケティング施策までワンストップで提供しているグロースハックツールです。
ファネル分析やリテンション分析などの定量分析機能に加えてユーザーのアプリ内行動を動画として再現する定性分析機能もあり、アプリの課題発見が簡単に行えます。

さらに、プッシュ通知やアプリ内メッセージ送信などのアプリ内マーケティング機能も充実しており、アプリの再訪率や課金率を高めることもできます。

アプリ成長のために必要な2つのアプローチ

アプリを成長させるためには、アプリの改善とマーケティングの2つのアプローチを並行して行なっていくことが重要です。

1.インプルーブ・アプローチ

アプリ自体の改善を実施してアプリの使い勝手を向上させることで、ユーザーの定着率やコンバージョン率を上げていく方法。
Reproでは、リテンションやKPIの分析など定量分析に加え、ユーザーの行動を記録した動画なども提供が可能です。

重要イベントの発見・モニタリング

リテンション分析機能を利用することで、ユーザーを次のステージに進ませる重要イベント(=マジックナンバー)を特定することが可能となります。
例えば、「アプリ利用開始日初日に、お気に入り登録を3回行なった」ユーザーの「再訪率」をひと目で確認できるので、どんな行動をどのくらい取らせればユーザーが定着するかなどを分析することが可能です。

さらにその行動をKPIに設定すれば、KPI分析において重要イベントがどのくらい達成されているか継続的にモニタリングをすることが可能となります。

ユーザー行動動画の観察

重要イベントをゴールとしたファネルを構築、分析を実施し、重要イベントの達成までのどの段階でユーザーが離れているかを特定することができます。
ユーザーが実際に操作している動画を確認することでユーザー行動を確認、今後の改善・解決策の検討を図ることが可能となります。

2.マーケティング・アプローチ

メッセージを送って定着率や課金率を改善
クーポン配布やプッシュ通知などといった施策を行い、アプリの定着率やコンバージョン率を上げていく方法。
Reproではアナリティクス連動型のプッシュ通知や、アプリ利用中のメッセージ表示が可能です。

年代性別・行動履歴などから対象ユーザーをピックアップし、プッシュ通知を送ることが可能です。

  • アナリティクスによる行動データ
  • ユーザープロフィール
  • データベースAPI

プッシュ通知・アプリ内メッセージ

アプリ起動時に表示させるメッセージだけでなく、プッシュ通知においてもJSON形式を利用することで、任意のURLへの移動や特定のアクションの実施なども可能です。

利用料金

1ヶ月に使うデータポイント(各機能を利用する際に消費されるポイント)に応じて、プランを選択していただけます。
200,000データポイント(DAU500人程度)以内のご利用であれば無料プランでの実施も可能です。

詳しくは資料をダウンロードしてご確認ください。

企業情報

企業名:Repro株式会社
代表者:平田 祐介

会員限定!500以上の資料を無料ダウンロード可能

会員登録(無料)

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る