累計750万ダウンロード突破の乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」広告媒体資料

累計750万ダウンロード突破の乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」広告媒体資料

「駅すぱあと」の特徴

  • 累計750万ダウンロードを突破した乗り換え案内アプリ
  • 利用する駅の情報のほか、位置情報も活用した広告メニューをリリース
  • ノンセグメント広告やメールマガジンなども実施可能

こんな方にオススメ

  • 利用駅を起点にリアル店舗への集客を考えている企業様
  • 物件情報など、エリアごとの広告出稿を考えている企業様

媒体概要

公共交通機関の最適な乗り換えを案内するナビゲーションアプリ

「駅すぱあと」は、鉄道・路線バス・飛行機・フェリーなど様々な公共交通機関の情報を用いてお客様に最適な乗り換えを案内するナビゲーションアプリです。
2011年に「駅すぱあと for iPhone」、2012年に「駅すぱあと for Android」をリリースして以来、2017年4月には累計750万DLを突破しています。

この「駅すぱあと」ユーザーの移動予測データを活用し、独自の技術でセグメント化したターゲティング広告が「駅すぱあと広告」です。
ユーザーの生活圏を考慮した独自性のあるターゲティング広告媒体です。

新メニュー・位置情報広告の拡充について

今後の駅すぱあと広告では、『「駅」から「場所」へ』をキーワードに、位置情報広告の拡充をはかっていきます。
従来はサイトの閲覧履歴をもとに属性化してターゲティングしていましたが、移動履歴やアプリの利用履歴など普段の行動履歴をもとに属性化してのターゲティングが可能となりました。

位置情報広告

これにより、より効果の高いターゲティングが実現できます。

駅すぱあと 位置情報広告

  • Geofence Ad
     特定地点にいるユーザーや来たことがあるユーザーに対して、広告配信が可能です。
     (ご指定項目:緯度経度+半径)
  • Audience Ad
     位置情報ログから生成されたセグメントを指定して広告配信が可能です。
     (セグメント:ショッピング、エンタメ、スポーツ、グルメ、健康、ファミリー、など)

その他広告メニュー概要

検索連動広告

  • 駅・エリア・路線指定配信
     目的駅やエリア(都道府県・市区町村)、特定の路線を指定して広告掲載ができる検索結果連動型広告です。
     全国47都道府県全駅に対応しています。
  • 駅すぱあと  広告メニュー1

  • ネイティブ広告
     経路結果詳細画面と合わせたネイティブ形式で、到着駅から店舗までの経路が表示可能なメニューです。
  • 駅すぱあと 広告メニュー2

  • ジャック広告
  • 駅デモグラフィック広告

ノンセグメント広告

  • オールリーチ配信
  • プレーンテキスト配信

ターゲティング広告

  • 行動履歴ターゲティング広告
     検索駅や曜日、時間や検索回数などのデータをプライベートDMPによって分析し、作成されたセグメントの対象ユーザーにのみ広告配信が可能となるメニューです。

メールマガジン広告

  • メールマガジン広告
     駅すぱあと及び関連サイトの会員約27万人に向けたメールマガジン内に広告を挿入します。
     性別のセグメントが可能です。

詳細は資料をご確認のうえ、お気軽にお問い合わせください。

企業情報

企業名:株式会社ヴァル研究所
代表者:太田 信夫

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る