『観光先進国』を目指して政府が掲げる9つの改革(後編) ~政府発表「明日の日本を支える観光ビジョン」を読み解く

『観光先進国』を目指して政府が掲げる9つの改革(後編) ~政府発表「明日の日本を支える観光ビジョン」を読み解く

資料の特徴

  • 2020年に向けた観光事業・インバウンドビジネスのあり方を、政府発表の「明日の日本を支える観光ビジョン」から読み解く

こんな方にオススメ

  • 観光事業・インバウンドビジネスを行っている、または今後検討している企業様

資料の概要

訪日外国人旅行者数は、2016年10月時点で年間2000万人を突破し、消費額は約3.5兆円に達しました。

しかし、日本のインバウンド市場はこれがゴールではありません。
政府は、2020年には訪日外国人旅行者数は2倍の4000万人に、消費額もおよそ2倍の8兆円に増やし、「観光先進国」化を目標に掲げています。

観光先進国を目指して政府が掲げる9つの改革

本資料では、観光庁から発表された「明日の日本を支える観光ビジョン」から、

  • 今後の目標
  • 現状の課題
  • 課題解決策

の3点を読み解き、今後の観光事業、そしてインバウンドビジネスがどうなっていくのか、どのようにしていけば良いのかを考えていきます。

この「後編」では、

  • 日本を「行きやすい国」へ ~観光産業を革新し、国際競争力を高め、我が国の基幹産業に~
  • 日本を「行って良かった国」へ ~すべての旅行者が、ストレス無く快適に観光を満喫できる環境に~

という2つのテーマのもと、前編に続く残り5つの施策についてご紹介します。

関連資料

企業情報

企業名:株式会社インデンコンサルティング
代表者:黒松 高弘

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る