メディア多様化の時代、テレビCMをマーケティングでどう活かしていくのか?~いま求められるテレビCMの効果測定とは~

メディア多様化の時代、テレビCMをマーケティングでどう活かしていくのか?~いま求められるテレビCMの効果測定とは~

資料の特徴

  • テレビ広告の効果を最大化させるためには目的の明確化とそれが達成できているかの検証が重要
  • 検証に必要なテレビ広告効果の“見える化”に焦点を当てる

こんな方にオススメ

  • マーケティングご担当者様
  • 広告ご担当者様
  • テレビ関係者様

資料の概要

テレビ広告は、多くの広告主にとってはいまだに重要なマーケティングチャネルのひとつであり、広告費は近年横ばいまたは微増という動きをしています。

しかしながら、テレビ広告はもはや「投下すれば効果が出る」というものではありません。
広告効果を最大化させるためには、その施策の目的を明確化させることが重要であり、そしてその目的が達成できているかを検証し、PDCAを運用しなければなりません。

本資料では、こうした検証に必要なテレビ広告効果の“見える化”に焦点を当て、広告効果検証をどのように進めていくべきかをまとめています。

企業情報

企業名:株式会社サイカ
代表者:平尾 喜昭

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る