【Instagram/TikTok/YouTube】徹底比較

サービス概要

動画コンテンツが急増する中、Instagram・YouTube・TikTokといったプラットフォームはより存在感を強め、それぞれの特性を活かしたコンテンツが日々ネット上で拡散されています。

その中でもYouTubeは、多くの芸能人や、著名人もチャンネルを開設するなど、
昨今最も勢いに乗っているプラットフォームといえます。

しかしYouTubeには、YouTubeならではのトレンドや、抑えるべきポイントがあり、やってみたはいいものの他のSNSと同じように伸ばすのは難しいと悩んでいる企業様も多いのではないでしょうか。

本ホワイトペーパーでは、InstagramとTikTokとYouTubeを比較し、YouTube活用の成功ポイントなどを紹介しております。

今後のYouTube運用の参考にしていただければと思います。
また、弊社はYouTube運用に関してご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

サービスのポイント

・各SNSの特性紹介

・事例を交えたYouTube チャンネルを始めるときのポイント

・YouTubeで伸びる動画の特徴とは?

・YouTubeチャンネルをサポートする弊社サービスの紹介

導入実績

・株式会社ディー・エヌ・エー
・株式会社サイバーエージェント
・GROVE株式会社
・MIHA株式会社
・株式会社ゲームエイト
・株式会社GOODROID
・ナオ株式会社
・株式会社GameWith
・株式会社Kiii
・株式会社メディカルフロンティア

こんな方にオススメ

・企業のYouTubeチャンネル担当者

・今後YouTubeチャンネル開設を検討しているマーケティング/広報担当者

・チャンネル運用代行などを展開されている企業担当者

・チャンネルを分析し成長させたい動画クリエイターの方

会社概要

会社名:株式会社エビリー
代表者名:中川恵介
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビルB1
資本金:3億7,000万円(資本準備金含む)
設立年月:2006年10月2日
従業員数:52名(2020年7月末現在)

ビデオテクノロジーとビッグデータで企業とクリエイターをエンパワーメントするといういうミッションのもと、弊社では、インターネットを利用した世の中に役立つサービスを提供し、社会貢献したいという思いで日々活動しております。