位置情報アドネットワークGeoLogicAdのご紹介

位置情報アドネットワークGeoLogicAdのご紹介

「GeoLogicAd」の特徴

  • 独自のアルゴリズム「GeoAudience」によるリアル行動ターゲティング広告
  • スマホの位置情報ログからユーザーの居住地を推測し、富裕度や家族構成などで分類したクラスタごとに広告の配信が可能
  • リターゲティングなどと組み合わせて効果的な囲い込みが可能
  • こんな方にオススメ

    • 富裕度などマーケティングに特化したクラスタでアプリ広告配信を行いたい企業様
    • 既存のウェブ広告ではフォローできない潜在層にリーチしたい企業様
    • マス広告とネット広告の間を補完し、CPA追及以外のプロモーションをしたい企業様

    「GeoLogicAd(ジオロジックアド)」の概要

    「GeoLogicAd」は、独自のアルゴリズムによるリアル行動ターゲティング広告サービスです。
    用途に合わせてさまざまなメニューをご利用可能です。

    位置情報広告とは?

    これまではPCのブラウザが対象となり、cookieを使ってWeb閲覧履歴などからユーザー像を推測していましたが、スマートフォンの緯度経度・利用アプリなどからユーザー像を推測することが可能となりました。
    「どのサイトを訪問したか」ではなく、「どこに行ったのか」でユーザー像の推測を行います。

    「GeoLogicAd(ジオロジックアド)」の詳細

    位置情報アドネットワーク「GeoLogicAd」は、さまざまな条件でターゲティング配信を行うことが可能です。

    GeoGenome Audience

    国勢調査などのデータを分析し、日本全国の町丁目を「超高級住宅地のエグゼクティブ」「都心の高層マンションセレブ」など36のクラスタに分類した「GeoGenome」と、スマートフォンの位置情報による居住地推定技術を掛け合わせてユーザーのセグメントが可能となります。
    例)東京・神奈川・埼玉・千葉の「超高級住宅地のエグゼクティブ」クラスタに高級商材の広告を配信

    ジオフェンス(緯度経度)

    ユーザーが現在いる場所を緯度経度で指定して、広告を配信します。

    例)緯度XX.XX、経度XXX.XX地点から半径1km以内のユーザーに広告Bを配信

    ジオターゲティング(行政区画)

    ユーザーが現在いる場所を行政区画で指定して、広告を配信します。

    例)東京都豊島区にいるユーザーに広告Cを配信

    足あとターゲティング

    ユーザーが過去に訪問した場所を、緯度経度で指定して配信します。
    例)過去、住宅展示場に訪問した人に戸建て住宅、分譲マンションの広告を配信

    動画広告

    動画広告においても、位置情報ターゲティングをはじめとした各種ターゲティングを自由自在にご利用いただけます。
    また、動画広告では珍しい、CPC課金制での配信も可能です。

    カスタムターゲティング

    端末情報、掲載面、地域・曜日・時間などに応じたカスタムターゲティングも可能です。

    配信先について

    • DoubleClick Ad Exchange
    • Facebook Exchange
    • AolPLATFORMS
    • rubicon Project

    などと接続済みで、月間およそ790億インプレッションへ配信可能です。

    初期費用、最低申込金額はありません。
    料金など詳しくは資料をダウンロードのうえ、お気軽にお問い合わせください。

    企業情報

    企業名:株式会社ジオロジック
    代表者:野口 航

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る