店舗の商圏をデータで読み解く!エリアマーケティング用システム『GIS(地図情報システム)』活用例

店舗の商圏をデータで読み解く!エリアマーケティング用システム『GIS(地図情報システム)』活用例

マーケットアナライザーの特徴

  • デジタル地図と人口統計などの統計データ、施設や店舗データを搭載したエリアマーケティング用システム
  • オリジナルの「商圏調査レポート」を利用し、様々なターゲティングが可能
  • 20年以上に渡り、2,000社以上に導入

こんな方にオススメ

  • マーケティングご担当者様
  • プロモーションご担当者様
  • 店舗開発ご担当者様
  • 営業企画ご担当様

サービス概要

田園調布はお金持ち、浅草は下町、というそれぞれのイメージがあります。
このイメージが仮説だとしたら、客観的なデータでそれを裏付けることがこれからのビジネスでは益々重要になっているのではないでしょうか?

GIS(地図情報システム)は、デジタル地図と人口統計などの統計データベース(需要)、施設や店舗データ(供給)を搭載したエリアマーケティング用のシステムです。

地域特性の差を見える化、それぞれの商圏特性を比較

例)性別・年代別人口と構成比を比較
豊洲駅半径500m圏⇒ニューファミリー商圏
高田馬場駅半径500m圏⇒学生・新社会人単身層
高島平駅半径500m圏⇒シニア商圏

などなど、当社オリジナルの「商圏調査レポート」というグラフを利用し、
様々なターゲティングを可能にいたします。

  • MarketAnalyzer
  • MarketingIntelligencePlatform

このような分析を可能にするのがGIS(地図情報システム)です。
GISは20年以上に渡り、2,000社以上に導入いただき、運用支援を行っています。

詳しくは資料をご覧ください。

企業情報

企業名:技研商事インターナショナル株式会社
代表者:小嶌 智海

会員限定!500以上の資料を無料ダウンロード可能

会員登録(無料)

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る