テレマーケティングとは?その手法や仕事内容、提供サービスを解説!

テレマーケティングとは?その手法や仕事内容、提供サービスを解説!

テレマーケティングは、ビジネスを成功に導くツールとして広く活用されています。最近よく聞くようになったこのビジネス手法ですが、いったいどんなものなのでしょうか。さらにはテレマーケティングを円滑に行えるシステムにはどんなものがあるのか、こちらで説明します。

テレマーケティングとは?

テレマーケティングとは、電話を利用して顧客に直接アプローチする方法で、メディアなどを介せず直接カスタマーの反応が得られますし、訪問営業と比べてみても、1件当たりの時間的なコストを減らせることができるのがメリットです。

それに対してデメリットは、顔と顔を合わせてのやり取りではなく、電話越しのやり取りとなるため、信頼関係が築きにくく、売上に結びつかないケースも多くある点です。

ですが、アプローチの初期段階としては良い方法であるため、アポイントを取って顔と顔を合わせてのやり取りにつなげることもできますから、最終的な売上につながる経路としての役割で行われる場合もあります。ですので、多岐にわたる役割が期待されるビジネス手法と言えます。

テレマーケティングとテレアポの違いとは

同じく電話を使ってのビジネス手法に、テレアポがあります。では、テレマーケティングとテレアポの違いは何でしょうか。テレマーケティングは、既存の顧客に対するアプローチが基本で、顧客のニーズをヒアリングするなど、マーケティング、つまり市場調査を目的として行われます。この方法は、どちらが主体的に電話をかけるかに依存しません。

対してテレアポは、これまでアプローチしたことのない方に電話で営業を行う方法です。ですので、営業を行いたい企業側からのアプローチとなり、新規顧客開拓と言うことで名簿などを使用して電話でPRし、アポイントを取り付けるという手法となります。

同じ電話を使った手法ですが、目的や方法が違うことを理解しておくとよいでしょう。

インバウンドテレマーケティング

テレマーケティングで使用される方法の一つが、インバウンドテレマーケティングです。電話を掛ける側は顧客で、オペレータがその顧客の電話に対応する方法となります。

企業に設けられているお客様相談窓口などがこの方法にあたり、顧客からの申し込みや問い合わせに対応することで得られた顧客の率直な疑問や感想・クレームを企業の商品開発やサービス向上に生かすことができます。インバウンドでかかってくる電話の応対は、オペレータの質がカギを握ります。

率直な意見やクレームを聞くことにはしばしばストレスが伴うため、オペレータがよりよい環境で仕事を行えるよう配慮したり、知識や電話応対技術を向上させるための研修制度の充実などが必要になってきます。

アウトバウンドテレマーケティング

アウトバウンドテレマーケティングは、インバウンドとは違い、既存の顧客や見込み客である企業や個人に電話を使用して、自社製品やサービスのPRを行う方法です。電話で直接売上に結び付けられることもありますが、そうでなくても営業のアポイントを取り、最終的に売上などの目的に達することができる方法で、企業の大切なビジネス手法となっています。

ただし、オペレータ業務を行う人は、自社に好印象を持っている人だけでなく、面識のない見込み客にも積極的にアピールしなければならないため、精神的な強さが求められます。ビジネスでの重要性を考えると、オペレータの方が自信を持って電話を掛けることができるよう、ビジネススキルや商品・サービスの知識などを得られる研修制度が必要となってきます。

おすすめのテレマーケティングサービス

ビジネスを成功させるテレマーケティングを行うためには、IT技術を活用した様々なサービスやシステムの利用がカギとなります。こちらではテレマーケティングそのものを行うシステムと共に、それらをサポートするサービスをご紹介します。

ComDesk

テレマーケティングのコストを抑制して収益につなげられるシステムとして紹介したいのが、ComDeskです。ComDeskは、世界初で携帯回線を使用して発信することができるプラットフォームです。

回線の引き込みなどの初期投資が必要で、1コールいくらの固定電話でなく、初期投資や通信料を抑えやすい携帯を使用することでコストが抑えられますし、セキュリティ面でも信頼できる仕組みが設けられているのがメリットです。使いやすい画面のためオペレータになじみやすいのも良い点です。

BALES

テレマーケティングシステムを立ち上げたい企業の支援に役立つのが、BALESです。BALESはテレマーケティング代行支援で培った運用ノウハウを豊富に持っていて、実際に名だたる企業のテレマーケティングシステムの導入を行っています。

スピード感を持っての立ち上げも可能ですし、運用改善などの提案も行ってくれます。特にシステム運用には多くの人が携わるため、ルール決めは運用の成否を分けますが、顧客に合わせたルール設計などコンサルティングの側面も持ち合わせています。

CallingSales

営業サイドも顧客サイドも忙しい現代では、電話オペレータによるテレマーケティングの他に、オンラインでのやり取りも選択肢として加えることでより成果を上げることが期待できます。

その点で利用できるのが、CallingSalesです。こちらはオンラインでの商談ができるシステムで、インターネット環境があれば自宅でも出先でも連絡を取り合うことができます。訪問にかかる手間も省けますし、オンラインでもスムーズに話を進められるよう手書きのホワイトボード機能などがあるのが便利です。

GRMarketing

テレマーケティングは有用なビジネス手法ですが、それを売上につなげ、会社の業績にどう影響したかをいち早く見ることができるツールはさらに成果を出すために必要です。

その点、最適なツールとして多くの業界が導入しているのが、GRMarketingです。GRMarketingは、顧客管理サービスのシステムで、わかりやすいユーザーインターフェイスとなっていることで営業サイドだけでなく、管理部門や経営者がいち早く受注状況を把握したり、決算の早期化をするのに便利なシステムです。

まとめ

テレマーケティングは直接顧客の反応を確かめることができる有用なビジネス手法です。インバウンド・アウトバウンド共に既存の顧客や見込み客を相手にしているため、成果を上げやすいですし、顧客と営業サイドを結ぶ架け橋ともなりえます。成果を上げるのに役立つシステムも多く開発されているのも注目できます。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る