プレスリリースの書き方のポイントとおすすめサービス5選

プレスリリースの書き方のポイントとおすすめサービス5選

社会人がビジネスの世界で活躍するためには、企業活動に関するさまざまな知識を知っておくことも必要です。

製品を製造する企業でも、商品を販売する企業でも、共通して行う必要がある活動が広告ですが、一般的な商品の広告の他に、企業がマスコミを仲介して、一般消費者に情報を伝達するタイプのものもあります。

プレスリリースと呼ばれているこのタイプの情報伝達には、広告とは異なった側面がありますが、ここではプレスリリースがどのようなもので、何を目的に行われるのかについて詳しく紹介します。

プレスリリースとは?

プレスリリースとは企業や各種の団体が、告知する必要があることをマスメディアに対して情報提供することを言います。プレスとは英語で新聞のことであり、リリースには発表という意味があります。ニュースリリースやニュースレターと呼ばれることもあります。

プレスリリースを企業が行う目的は、通常の広告よりも、より広い範囲の人を対象にして広告ができることです。マスコミに向けられたプレスリリースが、テレビや雑誌などを通して一般の消費者に伝わることで、より多くの人に必要な事項を周知させることができます。

インターネットの普及により、近年ではプレスリリースの効果もより大きくなっていて、テレビや雑誌を見て情報を知る人だけでなく、それらの人がネットに書き込んだ情報を見て、情報を知るようなケースも増えています。SNSを通して企業がプレスリリースをした情報が知られることも多くなっていて、よりダイレクトに消費者に情報を届けられるようになっています。

商品の情報などを掲載することで、広告費を支払わずに商品の宣伝ができることも、企業がプレスリリースを行う大きな目的です。自社の行う広告と大きく違うことは、一般のマスコミに掲載されることで、情報の信頼性が高まることです。

プレスリリースの変化

プレスリリースは時代とともにその方法も大きく変化しています。情報をマスコミに提供する方法の中でも、昔から行われてきたのが郵送です。

さらに時代が下ると、ファックスを使用して情報を提供することも一般的に行われるようになりました。マスコミが集まっている記者クラブに印刷した記事を持ち込むという方法もよく行われていましたが、最近ではインターネットを通した情報の提供が主流になっています。

電子メールやサイト専用フォームから情報を提供することができるほか、プレスリリース配信サービスを利用することもできます。

プレスリリースの書き方

プレスリリースを書く必要がある場合には、一般的な書き方の手順を踏んで書くことで、リリースの目的に合った文章を書くことができます。実際に文章を書き始める前に、まず頭の中で整理しなければいけないのは、どのような目的で文章を書くのかということをはっきりと決めておくことです。

特定の商品をピーアールする目的で行われる場合や、特定の年代や性別の消費者に情報を届ける目的で行われる場合もあります。目的を正しく把握していくことで、目的を達成するために最適な文章を書くことができます。

文章を書く際に注意しなければいけないのは、一般の広告文とは異なるものであることを意識することです。広告文ならば、商品の具体的な仕様やメリットなどを記載していけば最適ですが、プレスリリースではそれにプラスして、マスコミに強くアピールできるようなポイントが必要になります。

プレスリリースを見た記者がそれを自社のニュースに取り上げてくれるかどうかは記事の内容に関わっていて、ニュースとして取り上げる価値がないと判断された場合には、リリースをした情報がマスコミに掲載されない場合があります。このようなケースに陥ると、プレスリリースをしたこと自体が全くの無意味になってしまうので、リリースをする以上は、マスコミにとっても報道する価値のある文章を書く必要があります。

マスコミが好んでニュースに取り上げてくれるような情報としては、新奇性が高い情報があげられます。今までどこの会社も製造できなかったような特別な性能を持っているような商品ならば、そうした特徴をプレスリリースの中で詳細に記載することで、マスコミに取り上げてもらいやすい文章になります。

具体的なプレスリリースの書き方として一般的に行われているのが、いくつかの項目に分けて情報を記載していくことです。一番初めに書くのが文章のタイトルで、わかりやすいタイトルをつけることで、記者にも注目されやすくなります。

本文を書く前に記載すると良いのが要約で、知ってほしい情報を短い文章でわかりやすく伝えることで、時間がない記者にも読んでもらいやすくなります。要約の後に記載する本文は、要約では書ききれなかったことをより細かく文章に記載することで、知ってもらいたい商品の内容を、より詳しく記者に知ってもらうことができます。

商品の特徴の前に5W1Hを書いておくことで、さらにわかりやすく情報を伝えることができます。文章の最後に連絡先を記載しておけば、記者と連絡が取りやすくなります。

おすすめのプレスリリース5選

プレスリリースを行う時に、最近多くの企業が利用しているのが、プレスリリースを専門に行っている企業のサービスです。ここでは、自社の商品やサービスを宣伝するのに役立つ、おすすめのプレスリリースを5つ紹介します。

PRTIMES

PRTIMESは、プレスリリースなどを配信することで、企業の広告活動をサポートしているプレスリリース配信サイトです。高額な広告費用を使わなくても、商品やサービスのピーアールができるサービスとして注目されています。

各種のメディアが報道の素材として使用しやすいようなプレスリリースを行うことで、メディアに情報が記載される確率を向上させています。より多くの人に情報を周知させるために、このサイトでは月間1億PV以上のアクセスがある11のサイトと提携していて、そのほかのものも合わせれば、提携しているサイトの数は195サイトに及びます。各種のSNSでもファンやフォロワーの数は10万人を超えていて、より多様な方法で情報を伝達できる手段を持っているサイトです。

News2u

News2uは20年に及ぶ長い実績とノウハウを持っているニュースリリース配信サービスです。配信されるニュースをより魅力的な内容にすることで、企業の広告活動のサポートを行っています。

一般企業や大学などさまざまなタイプの団体がサービスを導入しています。配信プランを選ぶことができることがこのサービスの特徴で、国内向け配信として行われているのがメディア配信プランです。

マスコミや記者向けに情報が配信できるこのプランを利用すれば、記者が情報に興味を持ってくれた場合、雑誌に商品などの情報を掲載してもらえます。低価格でサービスを利用できるのもNews2uの魅力で、1配信あたり2.5万円の料金で記者やマスコミに情報を配信できます。

Digital PR Platform

Digital PR Platformは、プレスリリース配信とデジタルピーアールを行っているサービスです。各業界の主要な企業900社以上がサービスを使用しています。国内でも特に影響力が高いメディアへの情報掲載や、自動で行われるクリッピング、掲載された情報の効果の測定をまとめて行っているのが、このサービスの特徴です。

より効果的に情報を伝達することができるように、アプローチ効率の良いメディアをリストとして作成しています。およそ2万件の膨大なデータを使用して、編集部に情報を配信していて、企業が所有しているリストを活用することもできます。リリースされた情報が開封されたかどうかを自動で確認できる機能も搭載していて、配信の効果を正確に分析しています。1本配信プランは2万5千円の料金で利用できます。

@Press

@Pressは、記事掲載や記者の取材につながりやすいプレスリリースを行っている、ニュースリリースの配信サービスです。配信先のメディアは8500ヶ所以上に及んでいて、これは業界でも最大クラスの数です。

実際にサービスを利用した人の満足度も高く、98.6パーセントの顧客満足度を達成しています。さまざまなタイプのメディアに情報を伝達していることもこのサービスの特徴で、新聞やテレビから、インターネット上のメディアまで、幅広いジャンルのメディアに情報を配信しています。

大規模なメディアだけでなく、フリーペーパーなどにも情報を配信することで、より多様なジャンルのマスコミに取り上げてもらえる可能性を増加させているのが特徴です。配信をする相手は、全て相手の許可をもらった上で配信しています。

ValuePress

ValuePressは国内でも最大規模の、6万社以上の企業が利用しているプレス配信サービスです。効果的なプレスリリースができるように、ValuePressでは1万件以上に及ぶメディアリストを活用して、顧客から依頼された情報を発信しています。全国紙規模の新聞から、小規模なメディアまで、幅広いメディアに情報を発信できるサービスです。

情報を発信できる記者の数も多く、最大で1000人の記者にプレスリリースができます。情報をメディアに掲載してもらいやすくするために、ValuePressでは記事の内容と記者のマッチングも行っていて、興味を持ってもらえそうな記者に配信することで、採用の確率をアップさせています。原稿をプロのライターに依頼することもでき、専任スタッフによる記者とのコンタクトも依頼できます。

プレスリリースまとめ

プレスリリースを上手に活用することで、通常の商品広告とは異なる効果を持つ広告を行うことができます。新聞やテレビなどのマスコミに商品の情報を掲載してもらうのがプレスリリースの特徴で、自社で行う商品の広告よりも、信頼性の高い情報として一般消費者に受け取ってもらえます。

費用をかけずに商品の広告ができることもプレスリリースの魅力で、雑誌などに掲載されれば、広告費を支払わなくても商品の紹介をしてもらえます。情報を発信する記者に商品を紹介してもらうためには、記者にとっても取り上げる価値のあるプレスリリースをする必要があります。専門にサービスとして行っている企業もあり、自社で行うよりも効果的にマスコミへ情報を発信できます。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る