効率を上げる生産管理システムの選び方とおすすめシステム10選

効率を上げる生産管理システムの選び方とおすすめシステム10選

昨今では、企業が生産管理システムを導入することが多くなっています。生産管理を行うことにより、在庫を無駄にせず、確実に需要にこたえていくことが出来ます。近年ではクラウド上で管理を実施するケースも増えていて、企業の規模に左右されずに運用を行うことが可能です。

自社で用意することが難しい場合には、レンタルサーバーを用意することも有効となります。

生産管理システムとは?

生産管理システムとは、製造業における生産活動の中で計画や生産、販売などを行うためのシステムを言います。製造業にIT分野が導入されて以来、多くの企業が取り入れてきました。モノづくりにおける可視化を実現し、適切な在庫での生産が可能となっています。

特に日本の製造業では製造物の品質や精度、コストなどにおいて、極めて高いレベルが求められているので、一層生産管理システムの精度が重要となります。それぞれのシステムの要件を満たせるようにするため、多様化と複雑化を続けているのが特徴です。

生産管理システムの選び方のポイント

生産管理システムは多種多様であり、業種や企業の形態によってマッチするかどうかが決まります。いくら優れた生産管理システムであっても、マッチしていなければその性能を活用することができません。そこでここからは生産管理システムを選ぶ際に、重要となるポイントについて解説していきます。

機能

生産管理システムの中には多機能を搭載しているものもあれば、シンプルな機能になっているものもあります。機能が多い方が良いかというと、それは一概に言えないのが実際のところです。基本的には多機能を兼ね備えているシステムほど、価格は上がっていきます。

また、導入に向けての時間も長く必要となります。一方で、シンプルなシステムであれば低価格かつスピーディーに導入可能です。自社にとって必要な機能を持っているかを確認し、不要な機能のないシステムを選びましょう。

自社がその時点で抱えている最も大きな課題を解決できるシステムを導入することが出来れば、非常に大きなメリットをもたらしてくれるといえます。総合的な判断をすることが大切です。

システムの信頼性

システムの信頼性があるかどうかも重要な問題といえます。生産管理システムは製造業において根幹となる業務を担う存在であり、情報の流出やシステムダウンが起こると多大な損害となる恐れもあります。

そこでセキュリティが万全かどうか、通信障害が発生する可能性はどれくらいあるのかといったことを調べておきましょう。特にクラウド型の場合にはネットワークが非常に広範囲に及ぶので、セキュリティの重要性が一層高まります。過去の通信障害発生の頻度については調べることも出来ます。

オンプレミスかクラウドか

生産管理システムを導入形態によって2種類へと分類することが出来ます。それはオンプレミス型とクラウド型です。クラウド型はサーバーを自社ではなく提供会社が管理することで、ネットワークを通じてサービスを利用する形式を言います。初期費用を抑えられることが特徴であり、メンテナンスやアップデートといった手間も発生しません。

ところが、自社に合わせたカスタマイズが難しいことやセキュリティ面がより重要になるといった注意点もあります。オンプレミス型は管理サーバーを自社内に置くという形式です。初期費用やメンテナンス費用がかかりますが、自社のシステムに合わせたカスタマイズもある程度行うことが出来ます。

自社サーバー内にデータを保管することから、セキュリティが強固であることもメリットとなります。

料金

料金は初期費用とランニングコストの両面でチェックする必要があります。初めて生産管理システムを導入する際には、何とか初期費用を押さえたいと考える方も多いですが、それは必ずしも得策とは言えないので注意が必要です。

安く導入することが出来ても、課題が解決できなければ本末転倒となってしまいます。生産管理システムを導入することでどういったメリットを得られるのか、そのメリットは費用に見合うものなのかを詳しく確認することが大切です。事前にシミュレーションを行ってから導入を決める企業もあります。

おすすめの生産管理システム

ここまでは生産管理システムの選び方のポイントなどを解説してきましたが、具体的なシステムの内容を知ることも大切です。そこでここからはおすすめの生産管理システムについて、詳しく解説していきます。

いずれの生産管理システムも多くの企業から採用されているものばかりであり、その性能は折り紙付きといえるでしょう。

R-PiCS

このシステムはJBアドバンスト・テクノロジー株式会社からリリースされている生産管理システムであり、中堅中小製造業向けの生産管理システムとなっています。従業員規模が100名未満から500名の企業にうってつけであり、日本国内では650サイト以上に導入されたという実績を持ちます。

機能の強化はもちろん、他社システムとの連携などを行うことが出来ます。リビジョンアップや稼働後のサポート体制に力を入れていることも特徴であり、オンプレとクラウドのいずれかを選択することが可能です。

rBOM V3/rBOM GP

rBOM V3とrBOM GPは中小企業、個別受注製造業向けの生産管理システムとなっています。統合部品票を実装しているのが特徴であり、グローバル化に向けた多言語対応をしている点も高く評価されます。ライト版になっており、機能はいくつか絞られています。

しかし、その代わりに価格が抑えられているので気軽に導入しやすいといえるでしょう。短期かつ低コストで導入を行いたいという方にとって魅力的です。登録されたデータについてはExcelで二次使用をすることが出来ます。Excelを多用する企業においてメリットが多いといえるでしょう。シンプルでありながらも優れた操作性を獲得していて、業務効率をアップさせることも期待出来ます。

TECHS-S

これは株式会社テクノアが提供しているオンプレ型の生産管理システムであり、問い合わせを行うことですぐにでも始められるのが魅力です。個別受注型の製造業にうってつけの機能をいくつも搭載しています。機械や装置業向けの機能が多く、中小中堅企業が気軽に採用しやすい点も特徴です。

部品マスタの事前登録を行うことなく運用を開始することが可能となっていて、CADやExcelといったよく使われているツールとの相性も良好といえます。製番別原価グラフによって、仕掛け中の原価と完成時の予測原価がリアルタイムに反映されます。このことにより、業務の効率を大幅に高めることが出来ます。

TECHS-BK

この生産管理システムも株式会社テクノアがリリースしています。このシステムの特徴は多品種少量型の部品加工業にマッチしており、中小企業を中心に採用する傾向があります。

受注から生産、売上まで複雑なデータを一元で管理することが出来ます。加工時間の予定と実際を比較することが可能となっており、生産性の向上が期待できます。

リアルタイムでの加工進捗状況の把握が行えます。労務費を低減することと、納期の順守や短縮を図れます。負担を調整することができる点も魅力であり、従業員の働きやすさを高めることに繋がります。データが複雑であればあるほど、この生産管理システムのメリットを実感できます。

FutureStage 製造業向け生産管理システム

このシステムは中堅規模から中小企業を対象しています。製造業向けの基幹業務パッケージであり、組み立てや加工製造を行う製造業全般にマッチします。生産管理と販売管理を中心に、原価管理や在庫管理などを含めた様々な業務に対応しています。

輸出や輸入管理に関わる機能も持ち合わせているのが特徴です。これらの業務を統合管理することにより、経営管理の解決を実現することが出来ます。日経コンピュータでの顧客満足度のパッケージ部門において1位を獲得したこともあるなど、評価の高い生産管理システムとなっています。

クラウドとオンプレミスのどちらかを選ぶことが出来ます。クラウドの場合には経常費用が月額84,750円からとなっています。

GENESISS

ジェネシスは販売管理や在庫管理、生産管理などを行える生産管理システムです。中小企業向けバックオフィスと呼ばれており、クラウド上で使用できるのが特徴となっています。販売元は株式会社イー・コモードです。業務システムの概念を大きく覆すような革新的なコンセプトを持っていて、柔軟な業務をサポートしてくれるようになっています。

仕事にwakuwakuをというコンセプトのもと、人に喜びや楽しみを与えるもの進化させるべく、システムが構築されています。デザインや価格、使いやすさにもこだわりが見受けられます。季節や時間帯で風景が変わるパティオを実装したことも、この生産管理システムの特徴といえるでしょう。

PT-SaaS

これはクラウド及びSaaS型の生産管理システムであり、機能性と経済性を備えているのが特徴です。最小構成の場合の場合には月額費用1万円から利用でき、はじめて生産管理システムを導入する企業にもおすすめ出来ます。クラウド型なので社内サーバーを必要としません。

この生産管理システムを生み出したのは田中精工株式会社です。この会社はIT経営力大賞で最優秀賞を受賞した実績を持ちます。業務効率を向上させたり、機能を選択したりしたい企業にとってぴったりです。

現場志向の性能になっていて、かゆいところに手が届くような製品といえます。EDI機能などを活用できる点も評価されています。

SmartFactoryNavi

このシステムは株式会社ユニティクスからリリースされており、工場経営をサポートする内容で知られます。カスタマイズ性の高いシステムが特徴となっていて、無線バーコードシステムを導入することも可能です。導入費用がかからない仕組みになっていて、簡単操作で操作することが出来ます。

この生産管理システムには受注売上発注受け入れ、生産管理、在庫管理という3つの機能が搭載されています。在庫数をリアルタイムで把握することができ、発注漏れを解消することが出来ます。

滞留在庫が明確になるので、在庫削減が可能となります。大がかりな機器や専門知識は一切不要となっていて、導入から実際の運営まで専門のスタッフが提案してくれます。これまでに生産管理システムを導入したことがなかった事業であっても、安心して使える仕組みがあります。

クラウド2Mfg生産管理

このシステムはクラウド生産管理のニュースタンダードとも呼ばれ、ホームページ上からデモを申し込むことが出来ます。サブスクリプション型のパッケージでありながらも、機能の種類も多いのが特徴です。

アップデートが定期的に実施され、システムが落ちてしまうことがほとんどないようになっています。アップデートの際には新しい機能が追加されることもあります。明瞭な料金体系になっていることもメリットです。

サーバー機器の購入が必要となるオンプレミス型とは異なり、月々の利用料金のみで運用することが出来ます。ユーザー数単位の課金なので、従業員が少ない企業でも導入しやすいです。

このシステムではユーザーがノンプログラミングでマスターや画面を追加していて、そこから編集をすることも出来ます。管理体系の変化や帳票の仕様変更にも柔軟に対応できるので、目まぐるしい変化のある時代にもぴったりです。

EXPLANNER/Z基幹

業務に必要な機能を網羅し、最先端の性能を持つのがこの生産管理システムです。コンポーネントを自在に組み合わせることによって、ユーザーの要件にジャストフィットさせることが出来ます。

企業のビジネス基盤を素早く確実に構築することが可能となっていて、業務特性に応じたかカスタマイズも行えます。

バージョンアップを実施したい企業にもうってつけです。AIやIoTなどの先端技術を活用していることもポイントであり、PDCAサイクルの可視化及び高速化を実現できます。ビジネスの中核を司る生産管理システムといえるでしょう。バリューを繋ぐ機能を持ちます。

生産管理システムまとめ

生産管理システムをどう選ぶかは従業員の働きやすさにも影響を与えます。昨今では働き方改革などで働きやすさがピックアップされることも増えており、その中で生産管理システムをどうするかは重要な問題といえるでしょう。

提供元の企業の数も多いので、生産管理システム選びには時間を要しますが、それだけのメリットがあることも確かです。デモなどを試すことができるホームページもあるので、導入に悩んでいる場合にはそういったサービスを利用することもおすすめです。企業としての業務効率を高める上でも生産管理システムを導入し、活用していくことが重要といえるでしょう。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る