無料名刺管理アプリ5個を徹底比較!便利で人気のアプリはこれだ!

無料名刺管理アプリ5個を徹底比較!便利で人気のアプリはこれだ!

ビジネスマンにとって名刺が増えていくことは、仕事の幅が広がっているように感じられ、非常に嬉しいことです。成長の証と感じている人も多いでしょう。

ですが、あまりにも多すぎるとその管理も大変です。
必要なときに、なかなか名刺が見つけられないようでは『できるビジネスマン』とは言えません。

そこで、ビジネスマンに人気の名刺管理アプリを5つ厳選しました。上手に使いこなして、仕事の能率を上げていきましょう。

名刺管理とCMRの連携サービスをチェックしてみる

Eight

Eight
最初に紹介するのは、100万人が使用しているという名刺管理アプリ「Eight」です。大きな特徴となっているのは、自動認識機能がないことです。

「それって不便なのでは?」と思った方もいるかもしれませんが、実は自動認識機能では間違えて入力されることも多々あるため、作業に手間取ることも少なくないのです。
その点、「Eight」ではオペレーターが手入力。間違えて入力されることはほとんどありません。

名刺を登録する際は、アプリ上で名刺を撮影してデータをアップロードし、そのデータを元にオペレーターが手入力で登録してくれます。もちろん詳細情報は追加で入力することも可能です。PC版サイトとの併用もできるので、細かい作業はPC上でおこなってもいいでしょう。

また名刺交換をする相手も「Eight」ユーザーなら、ソーシャル上で交換が可能です。アプリ上でメッセージのやり取りができるのも便利です。さらにFacebookやGmailでもつながることができます。
PCサイト
iPhoneアプリ
Google Play

すごい名刺管理

すごい名刺管理
次に紹介するのは、機能が充実している「すごい名刺管理」です。

登録した情報から電話やメールができるほか、住所をタップすれば地図で場所の確認もできるというスグレモノです。
チャット専用ボタンも搭載しており、相手とチャットで会話が可能です。待ち合わせ時間の変更など、ちょっとしたやり取りができるのも同アプリの特徴でしょう。

「Eight」同様、「すごい名刺管理」ユーザー間であれば、紙の名刺を渡さなくてもデータのやり取りで名刺情報を交換可能です。オペレーターによる手作業ですから、登録情報に間違いが少ないのも人気の理由です。

セキュリティも厳重で、データはすべて暗号化され、個人名が特定できないようになっています。またクラウド上にバックアップしているため、スマホの破損でデータが消失しても名刺情報を復旧させることが可能です。万が一のときにも備えられる名刺管理アプリです。

Evernote(Scannable、Evernote Hello)

Evernote
メモや写真、Webページ、音声データなどなんでもアップロードして管理ができる「Evernote」。もともと名刺管理機能はありましたが、Scannableという専用アプリと併用すれば、より使いやすくなります。

名刺登録する際には自動シャッター機能が非常に便利です。写真がブレたり、傾いたりすることもないので、撮影が苦手な人もストレスなしで写真を撮ることができます。

登録画面からは電話、メール送信、ショートメールもワンタップで使えます。さらに便利なのは「出会い記録を追加」ボタンで、相手の特徴や趣味、会話内容などもメモしておくことができます。人脈が豊富なビジネスマンには特に威力を発揮しそうな機能です。

もちろん「Evernote」と連携して、得意先までのルート、商品写真、パンフレットデータなどあらゆる情報を一元管理することも可能です。名刺管理機能を含めた情報管理ツールといったように総合力の高いアプリとしてビジネスを支えてくれます。
関連ページ:最新Evernoteの使い方。ビジネス活用方法【保存版】

CamCard

CamCard
スマホだけではなく、タブレットやPCなどあらゆるデバイスで活用したいなら「CamCard」がベストチョイスではないでしょうか。クラウドを活用した名刺管理アプリの決定版です。

名刺登録の際に便利となるのが、「反対側の画像を追加」ボタンです。名前や企業名などが書かれた表面だけではなく、実績や商品名、経歴などが書かれた裏面も登録できます。

撮影の際には手ぶれ補正機能もあり、手間取ることも少ないでしょう。登録画面からは電話がかけられるだけではなく、メールやSNSで共有することも可能です。メモ機能もあり、特徴や会話内容、次回の打ち合わせ日時なども記載しておくこともできます。

また日本語だけではなく、英語、中国語、韓国語に対応。海外企業との取引があるビジネスマンには欠かせないアプリとなりそうです。正式なアプリは有料ですが、無料版トライアルアプリでも十分使えます。

スマート名刺管理

スマート名刺管理
名刺をテキスト化するのではなく、デザインそのままにPCに登録するのが「スマート名刺管理」です。最大の特徴は、無料のスマホアプリと連動することで、PCでもスマホでも活用できるところです。

専用スキャナで読み込みが終わったら、Googleコンタクトを起動されます。名刺データがGoogleコンタクトに転送されると、スマホと同期されます。「PCでメインに活用したいが、スマホとも共有したい」、というユーザーは、特に重宝するソフト&アプリです。

まとめ

一口に名刺管理アプリと言っても様々なタイプがあります。

スマホで完結型、パソコンとの連動型、他のアプリとの連携型など多種多様です。
使いやすさはもちろんですが、自身の仕事のタイプなどにも合わせてセレクトしてください。

ビジネスマンにとって名刺は必須アイテム。しっかりと管理すれば、『できるビジネスマン』にまた一歩近付けるでしょう。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る