エンゲージメントとは?意味やエンゲージメントを高めてファンを増やすポイントを解説

エンゲージメントとは?意味やエンゲージメントを高めてファンを増やすポイントを解説

エンゲージメントとは?

エンゲージメントとは、消費者が特定の企業や商品、ブランドに対して深い愛着を持っていることをいいます。

消費者と企業の関係性を示す指標で、積極的にその商品を購入したり良い口コミを広めるなど強いつながりを持っていることを表す言葉になります。

企業内の組織で用いられることもありますし、人事などで用いられることもあります。

最近ではエンゲージメントがソーシャルメディアにおいて交流度を表す指標として用いられるようになっており、大きく注目されました。

エンゲージメントによる顧客の定着

新しく顧客を集める手法は色々ありますが、その1つに利用されているのがホームページやブログ等のインターネットです。

多くの人の目に触れるので、新規顧客を集めやすいというメリットがあります。

しかし、ただ顧客を集めるだけでは、1回きりの利用で離れていってしまうことも珍しくありません。

そこで、将来にわたって商品やサービスを利用してもらうためには、エンゲージメントを高めることが重要になります。

つまり、企業が積極的に顧客と交流し、商品やブランドに愛着を抱いてもらうように導きます。消費者の側から積極的に行動してもらうことが大切です。

フェイスブックなどにおけるエンゲージメント

フェイスブックの場合、エンゲージメントを測るには「いいね!」「コメント」「シェア」「クリック」の指標が用いられます。

「いいね!」の数が多ければエンゲージメントは高まりますし、コメント数が多いこともエンゲージメントが高いことを表しています。

シェアを押すとその情報が拡散していくので、愛着がより深まって行きます。

それからリンク先の画像をクリックするといった行動もエンゲージメントの指標になります。

クリックするだけだとあまり積極的な行動ではないように感じますが、人目を気にしてクリックのみに留める人は意外と多くいます。

「いいね!」やコメント、シェアをすると自分のアクションが他の人に分かってしまうからです。

SNSでのエンゲージメントを高めるポイント

エンゲージメントを高くするためには、ターゲットを明確にしておくことが重要です。

幅広くカバーしようと思うと、なかなかピンポイントでアプローチすることができません。

結果的に誰の心にも響かないという事態に陥ってしまいます。

エンゲージメントを高めるには親近感を抱いてもらうことが重要です。

ターゲットの属性や思考を細かく分析し、きちんと理解しておくことが大切になります。

SNSでのエンゲージメントを高めるポイント(1)投稿時の文章の長さ

フェイスブックなどの、SNSに文章を投稿する場合には、長すぎる文章にならないように注意しましょう。

長い文章はそれだけで読む気を失わせてしまうので、エンゲージメントは低下してしまいます。

目安になるのはローマ字で80字程です。

80字以内だとエンゲージメント率が上がるというデータがあります。

日本語に換算すると、50字程度になります。

SNSでのエンゲージメントを高めるポイント(2)投稿する時間帯

フェイスブックなど、SNSに文章を投稿する際には、就業時間外の時間帯を選ぶのがおすすめです。

就業時間中は当然ですが仕事をしているので、SNSを目にする確率が減ります。

ただし、就業時間は業種や企業によって異なっているので、ターゲットに合う時間帯を選ぶ必要があります。

SNSでのエンゲージメントを高めるポイント(3)投稿する回数

エンゲージメントを高めるには、顧客と積極的に交流するのが良いとされています。

しかし、フェイスブックなどのSNSに投稿する際には、回数が多ければいいというわけではありません。

多すぎると逆に低くなることが分かっています。

勿論、少なすぎても見てもらえる機会がないということなのでエンゲージメントを高めることはできません。

最適な頻度は、週に1回から4回程度の投稿とされます。それ以上になると逆効果になってしまうので注意しましょう。

まとめ

エンゲージメントは、企業や商品に対して愛着を持っている状態のことをいいます。

エンゲージメントを高めるには、顧客と積極的に交流することが重要です。

ターゲットをしっかりと分析し、それに合ったアクションを起こすようにしましょう。

フェイスブックに投稿する際には、文章の長さや投稿する時間帯、投稿する回数などに気を付ける必要があります。

文章は長すぎず、就業時間外で週に1回から4回程度が最も効果的です。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る