PDCAとは?ビジネスを加速させるために、成果が出るポイントを解説!

PDCAとは?ビジネスを加速させるために、成果が出るポイントを解説!

PDCAとは?

ビジネスシーンにおいてPDCAサイクルを一度は聞いたことがあるでしょう。
これまで仕事を行ってきた人なら、知らず知らずの内に行ったことがあるプロジェクトマネジメントの方法になります。

目標達成を効果的に実行するにはこの仕組みを効果的に活用するのが大切で、目的や目標など区分したり整理していくと目標達成を加速することが可能です。

PDCAを回す効果は様々

効果を生み出すため重要なポイントとして、ゴールや目標を達成するためのサイクルになっているかが重要になります。

毎日のルーチン業務をこのサイクルに落とし込んだとしでも、成果はそれほど得られません。目指すべきゴールや目標が明確で、そこに繋がるようサイクルを回すことがポイントになります。

特に高速で回すことにによって、改善スピードをアップすることができ、ゴールや目標に近づくことが可能です。

PDCAを組み立てる前の注意点

PDCAを組み立てる前の注意点についてご紹介していきます。

PDCAを組み立てる前の注意点(1)仮説をしっかりと立てよう。

まずPlan(計画)があり、ビジネスにおいて特に計画は大事です。
計画のないところからは成果を出すことができず、実際きちんとした計画を立てずに何かしらのプロジェクトを進めると目的を達成することができないことが多いでしょう。

結果にコミットするには目標設定が重要で、プロジェクトに参加するメンバーの指針にもなるのでしっかり計画を立てることが求められます。

PDCAを組み立てる前の注意点(2)目的を明確にすることが大切です。

プランを立てるに前に目標や期間を明確にすることが重要で、目標が明確にされていないとその成果を評価する際、どの角度から評価するのか曖昧になってしまうことがあります。

このサイクルを導入したとしても、結果的に意味がないものとなるかもしれません。例えば目標が売上金額を上げるというものだと、金額を上げるとこの計画は成功になります。

しかし企業として計画において純利益を上げるという目標だと、この計画は失敗になることもあります。純利益を上げるために経費を削ると、売上金額が下がるかもしれません。

このように目標や目的などの定め方によって、アクションプランが大幅に変わってくることがあるので注意が必要です。
評価基準や改善方法なども変わってくるので、何のために行っているのか目標を明確に設定しておくことがあげられます。

期間を設定することも大切で、例えば1年後まで現在の売上より20%上げるなど、必要なアクションを逆算して考慮することが可能です。
改善するまで時間短縮を行うことができたり、競合相手に対して先手を取れるかもしれません。

PDCAで成果を出すポイント

PDCAで成果を出すポイントについてご紹介していきます。

PDCAで成果を出すポイント(1)Plan:計画を設定しよう。

効果を生み出すポイントとして、ゴールや目標を達成する為のサイクルになっているか注目することが重要です。
目指すべきゴールや目標などが明確にした後、高速でサイクルを回すことによって改善スピードを上げることができます。

目標を達成するにはシンプル勝つ実現性が高いものがおすすめです。
達成するまでの期限が決まっている場合、タスクや行動を整理したり、スケジュールに落とし込みましょう。

目標が高ければ高いほど、達成するためのリソースやスケジュールに関して優先順位が重要になります。

PDCAで成果を出すポイント(2)Do:行動を行いましょう。

基本的に計画通りに実行することが大切で、後で行う評価や分析(Check)ができるよう活動内容を残すことがあげられます。

例えば売上目標の場合POSレジにデータが残りますが、営業活動を改善する場合データ入力が必要です。

計画通りに行かないこともあり、課題もきちんと残しておくと便利です。
営業の場合クライアントを訪問したり、誰に会ってどの商品を提案したのか記録しておきます。


的確な指標を汲み取れるよういろいろと体制を工夫することをおすすめします。

PDCAで成果を出すポイント(3)Check:評価が大切です。

計画通りにちゃんと進んでいるのかや、目標がどれぐらい達成できているか評価することになります。
計画段階において設定した指標をベースにして、客観的な数値で判断してきましょう。

客観的に定量数値で分析したり、定性要因などを振り返ると便利です。
数値になった因果関係などを明確にすることによって、改善(Action)に繋げることができます。

PDCAで成果を出すポイント(4)Action:改善を行いましょう。

改善することによって、目標達成を行うためのアクションの精度を高めることが可能です。
評価を確認しながら良かったものは継続的に行っていき、悪かった点はどのように改善したらよいか議論していきます。

最も実現性の高い項目を選択し、次の計画(Plan)に繋げていく仕組みです。
見込みがないものに関して、計画を修正したり中止するということも考慮しなければいけません。

PDCAは一回だけでは意味が無い。

PDCAは「P→D→C→A」と1周しては終わらないと言われています。
Aまで来たらPに戻り、高いレベルのPDCAを回していくスパイラルアップ(らせん状の成長)を行うことが本来の目的です。

ほとんどの企業においてCheck(検証)を怠っているところがあり、計画を立てたとしても結果がついてこなかったり、やるべき業務に追われて時間が過ぎていくという企業が多いです。

次のAction(改善)に繋げられないと成長することも見込めません。
定期的に検証することによって、ミスを失くすことができたり成長に繋げることが可能です。

PDCAを意識しながら回して続けていくことが重要になります。

ビジネスシーンでの具体的な使い方

例えば商品開発を行う場合、第1回テストや第2回テスト、第3回テストといった具合にテストを繰り返し効果を測定する方法がおすすめです。

計画を作りテストを行い、テストの段階が一段落したら測定した効果を検証していきます。良いものは残していき、悪いものは削ることが可能です。

テスト段階で測定した効果を適切に検証し、次の行動へとうつしていきます。PDCAには終わりがないので、また計画からスタートし継続的な改善を続けていくことが重要です。

PDCAサイクルを行っている企業は多いです。

PDCAはいろいろな分野において利用することができ、知らず知らず業務において行っていることがあります。
目的を明確に設定し、目的を達成するためどのような行動を起こせばよいかプランニングすることによって、継続的な改善を行うことができるでしょう。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る