リスティング広告とは?広告の基礎知識や特徴を解説

リスティング広告とは?広告の基礎知識や特徴を解説

ネット上で自分のサイトや商品の知名度を高める時、いくつかの広告を使って知名度を高める技法はあります。

実は広告にも様々な方法があり、そのひとつにリスティング広告というのもあります。その内容と方法を知りましょう。

リスティング広告とは

そもそもリスティング広告とは何かというと、広告を出すサービスにお金を払って、特定の検索結果が表示されたときにその検索結果のページに広告を出す、という広告です。

例えば有名な検索サービスとして、GoogleやYahoo!があります。これらのサービスを利用して特定の検索キーワードで検索されたときに、検索結果に自分のサイトやサービスへのリンクを表示し、検索をした人に自分のサイトへ誘導する事も出来るでしょう。

コンテンツ連動型広告とは?

コンテンツ連動型広告というのもあります。

これは何かというと、Webサイトやアプリなどのサービスで何らかの検索があったり、何らかの表示があったときにそのコンテンツに連動して広告を表示させ、サイトへの導線にします。

このため、広告があまり大きく離れることはないコンテンツだったり、そのサービス内の検索キーワードが関連する物ならば広告が表示され、そのコンテンツなどに興味がある人をサイトに案内する効果があるでしょう。

SEOとの違い

リスティング広告はサイトへの集客を促すための広告で、サイトのSEO対策とよく似ているように感じるかもしれませんが、実はかなり違います。いくつかのポイントでSEOとリスティング広告を比較してみましょう。

①費用

まず、最も大きく違うのが、費用についての点です。

費用については基本的にリスティング広告の方が多く、必ず広告サービスを使うので広告サービスに費用を支払うことになります。
ですが、SEOについては自分で出来る側面もありますので、自分で内部SEOや外部SEOを頑張れば、無料で出来る可能性も存在するので、自分でやってしまう人も少なくありません。

ただ、どちらも専門的な業者やサポートを使う場合は当然費用が高額になる傾向があります。

②クリック率

次に、クリック率についても違いが出るかもしれません。

クリック率とは、その名の通りクリックされる確率です。実は最近のネットユーザーは広告を嫌う傾向がありますので、どうしてもリスティング広告だと分かっているものはクリックされにくく、逆にSEO対策で1位表示された方が、よりクリックされる可能性は高くなります。

とはいえ、クリック率が全くゼロという訳ではありません。クリック率を高めるためのリスティング広告の出し方というのもあります。

③速効性

一方、速効性については圧倒的にリスティング広告の方が高く、すぐに効果を出したい・集客をしたいというのならば、リスティング広告の方が早く集客できるでしょう。

というのも、リスティング広告は特定の検索キーワードやサイトコンテンツ、サイトの検索などに応じて広告を出しますから、その検索をした人がいればすぐに表示されます。
特に検索数が多いキーワードで広告を出す場合の集客ペースは段違いに速い傾向が見られます。
SEO対策は様々な対策をしてから順位がすぐに変動するとは限らないので、速度については少々劣るかもしれません。

リスティング広告の掲載順位

リスティング広告の掲載順位については、いくつかの傾向があります。

まず、大体は検索結果の上の方に表示され、特に検索した後に検索結果のすぐ上に表示され、比較的注目を集めやすい場所に表示されます。

一方、コンテンツ連動型広告の場合、そのコンテンツの内容によっても違うようです。基本的にそのコンテンツ内の検索結果の上位に表示されることは同じですが、コンテンツの内容によっては掲載される位置が違ってくる場合もあります。

リスティング広告のメリット

リスティング広告を出稿するのにはいくつかのメリットがあるでしょう。

リスティング広告を出稿する場合、これらのメリットを意識して出向することで、様々なメリットをもたらします。活用してユーザーを呼び、サイトのサービスを成功させましょう。

①WEB集客できる

まず一つ大事なことに、WEB上で集客する事が出来る、というのが大きなメリットです。

特にリスティング広告は申し込めばすぐに集客する事が出来ますから、ユーザーをすぐにサイトに呼びたいとか、出来るだけ早く集客したいという時に向いています。閲覧数を稼ぎたい時やコンバージョンを上げたい時に良いでしょう。

また、広告の掲載順位はクリック単価という単価、つまり広告にかける費用によって変わります。この時、クリック数を増やすのなら広告単価を高めて上位表示を狙うのも方法です。

②ターゲットにアプローチできる

次に、ターゲットにアプローチできるというのも方法です。

実はリスティング広告は誰にでも表示されるわけではなく、特定の検索キーワードで検索した人に対して掲載する事が出来ます。

このため、特にそのキーワードで検索した時だけ表示されますので、あまり関連性の低いサイトなどに掲載される事が無く、広告を興味のある人にだけ効率よく表示させる事が出来ます。
このため、上手にどのキーワードで検索したら表示されるのかを選定しましょう。

③費用対効果を高めることができる

また、リスティング広告はある程度費用は必要ですが、工夫すれば費用対効果を高める事も出来ます。

リスティング広告の場合は、そのリンクをクリックした先はだいたい広告ページとなっており、主にランディングページが多いでしょう。
この時、このランディングページ内にコンテンツを充実させたり興味を持たせる文面を配置することで、格段に効果を高めたり成果を増やす事も出来ます。

そして広告ランクといって、広告の掲載順位や広告の品質を高めることによって、より効果も高くなる傾向が見られます。

④コンバージョンキーワードをSEOに活用できる

最後に、そのコンバージョンキーワードをSEO対策にも活用できる、という点は忘れないでください。

SEO対策とは特定のキーワードで検索した時にいかに上位に表示できるか、という対策で、検索サイトに最適化したサイト構成やページ作りに役立ちます。

この時、特定のキーワードからのコンバージョンが大きい時や、リスティング広告でより良い反響が合ったキーワードを重視してください。

それを反映させたサイトやページ作りをすることで、よりその検索キーワードに強いページを作る事が出来るでしょう。

リスティング広告のデメリット

リスティング広告にはメリットも多くありますが、その一方でデメリットもあります。

上手に活用することで、色々なデメリットもメリットの変化させられるかもしれません。
いくつかの点には気をつけておくと上手な運用が出来るかもしれません。

①ボリュームに限界がある

まず、リスティング広告には検索ボリュームや集客に限界がある、という事は覚えておいてください。

というのも、具体的なキーワードにすればするほど効果が薄くなったり、検索数そのものが少ないなどのデメリットがあります。

検索キーワードを増やせば増やすほど検索数は少なくなりますし、需要も細かく分かれます。

検索キーワードの数や具体的なキーワードが分からない人、潜在的な需要に対してはアプローチしにくい傾向が見られるでしょう。

②掲載には費用がかかる

次に、掲載には費用がかかる、という事も忘れないでください。

リスティング広告は基本的にクリック単価といって、クリックされるたびに費用が発生します。このため、クリックされるたびに費用がかかり、思っていた以上のクリックがあったら費用も格段に膨らむリスクがあります。

見込みの薄い、関連性の薄い、けれども検索回数だけは多いビッグキーワードなどに出稿すると、クリック数は多いものの広告の成果は薄い、なんてことになりかねません。

③細かい調整をして改善する必要がある

また、リスティング広告は必ず細かい調整が必要になります。

これは例えば出稿するキーワードの選定や、入札単価の調整、逆に出稿しないキーワードの選定など、多くのことを行います。特に最初はどういう効果が出るか不明ですので、広告を出稿してからどのくらい効果が出たか、という事を確認しながら修正を加えていく必要があるでしょう。

このため、改善をする必要があり、細かい調整や工夫を行うことで、格段に効果が変わる傾向が見られるかもしれません。

④ユーザーに敬遠されやすい

最後に、ユーザーに敬遠されやすい傾向があります。

リスティング広告に限らず、広告そのものがユーザーにとってはあまり好ましいものではない場合もあるため、広告ラベルがあるだけでどんなに上に表示されても敬遠されることがあります。

特にSEO対策で上位を取ったコンテンツの方が、圧倒的にクリックされやすい傾向が見られます。

とはいえ、この傾向はPR広告全般に当てはまる事です。上手に出稿すればクリック率が高くなる可能性も秘めています。

まとめ

検索結果や、コンテンツの検索結果で特定のキーワードの時に表示されるのがリスティング広告です。

すぐにユーザーを呼びたい時や、上手に運用すれば格段に良い効果をもたらしますが、そもそも有償だったり、細かく調整して最適化させる必要があります。

リスティング広告の運用は難しい側面もありますが、うまくはまれば効果の高い広告となってくれるかもしれません。SEO対策と両立させながら、リスティング広告を運用するのがベストです。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る