E-A-Tとは?コンテンツ作成の際に意識すべきポイント

E-A-Tとは?コンテンツ作成の際に意識すべきポイント

Google検索上位に表示されるために特に重要なポイントとして、E-A-Tを意識して記事を作成することです。E-A-Tは、サイト評価(検索順位)に大きな影響を及ぼすからです。

ここでは、E-A-Tの意味・重要性とコンテンツ作成の際に心がけるべき点についてをご紹介します。

E-A-Tとは?

Google検索品質評価ガイドラインによると、E-A-TとはWeb記事の専門性・権威性・信頼性を刺します。E-A-Tは、それぞれの英単語(Expertise・Authoritativeness・Trustworthiness)の頭文字です。これらの3要素が高いコンテンツを作成することにより、Webページを閲覧するユーザーに対して有益な情報を提供することができます。

提供される情報が正確で信頼ができるように心がけてコンテンツを作成することで、ページが高く評価されて検索結果の上位に表示されるようになります。逆にコンテンツに信憑性が低い情報が多く含まれていると、Webページやサイトが低く評価されて検索順位が下げられたりリストから除外される恐れがあるので注意が必要です。

E-A-Tの重要性

検索順位を上げるためのSEO対策のために、従来から被リンクの獲得やページ構成の改善などの手法が行われてきました。現在はこれらに加えてコンテンツの質も評価対象に含まれるようになり、E-A-Tが重視されています。

GoogleがWebページの評価基準でE-A-Tが導入した理由は、ユーザーファーストの観点から閲覧者にとって有益な情報を提供することを重要視しているからです。ユーザーにとって有用な情報を提供するためには、E-A-Tを意識してコンテンツ作成をすることが重要です。

コンテンツ作成の目標は単にページのアクセス数を増やすことではなく、サイトを訪問するユーザーに対して信頼性が高くて有用な情報を提供することであるべきです。

E-A-Tがガイドラインに追加された理由

Google検索品質評価ガイドラインにE-A-Tが追加されて重視されるようになった理由は、単に検索上位に表示させることだけが目的でSEO対策が実施されて、質の低いWebページが大量に作成されるようになってしまったからです。

従来は検索ワードの数や被リンク数だけでページの評価が行われていたので、機械的に作成された無意味なリンクページや隠しリンクなどを使ってSEO対策が行われるケースがありました。

例えば、自作自演で被リンク数を稼ぐために無意味な単語を羅列しただけのページや、検索ワードがヒットしやすくする目的で同じ内容のコンテンツ記事を多く作成するといった行為も見られました。

以前はコンテンツの質が低くても小手先のテクニックでSEO対策が行われたWebページを検索結果の上位に表示させることができたので、閲覧者が不利益を被っていました。

このような状況を改善する目的で、ページ評価の際にコンテンツの質を重視する目的でE-A-Tがガイドラインに追加されるようになりました。

E-A-Tコンテンツの作り方

E-A-Tコンテンツを作るためには、信頼性のある正確な情報を分かり易く解説することを心がけることが大切です。きちんと情報の出所を確認して、政府機関の公式サイトや専門家の発言・著作物などの資料などから得られる正確な知識に基づいた記事を作成しましょう。

根拠のない噂話や、偏った意見・見解を支持するべきではありません。初めて読む人でも内容を理解できるようにするために、平易な表現で親切に説明をする必要があります。情報が薄くならないようにするために、専門的な内容を掘り下げて解説することも大切です。

(1)専門性を意識する

サイト閲覧者は、ある特定の情報を得る目的でWebサイトを訪問してページを閲覧します。ユーザーが求めるような質の高いコンテンツを提供するためには、多くの人が知らないような専門性の高い情報を含む記事を作成することが大切です。

専門性を高めるサイトを作成するために、ある特定のトピックに注目して、集中的に深く掘り下げたコンテンツを取り上げることができるでしょう。専門性が低いと判断されると、検索順位が下げられてしまう恐れがあるので注意が必要です。

SEO対策を実施する際は、コンテンツのジャンルごとにE-A-Tの重視の度合いが変わってくることを意識しましょう。特にYMYL(医療・健康・金融・生活)関連のトピックは、他の内容を扱うサイトよりも高い信頼性・正確性・専門性が求められます。

(2)検索クエリとの関連性を意識する

ユーザーはある特定の情報を知ることを目的として、検索エンジンを利用してWebページを探します。サイト訪問者に有用な情報を提供するためには、正確かつ専門性が高いコンテンツが必須です。これに加えて、アクセス数を増やすためには多くの人が知りたいと思うような情報を提供することが大切です。

検索ワードを調査することで、多くのユーザーが関心を持っている内容やニーズを知ることができます。

記事作成する際は、検索クエリとコンテンツとの関連性を強く意識するようにしましょう。検索ワードと記事の内容が一致していれば、ユーザーが知りたいと思っている情報を提供することができるからです。

逆に検索ワードとコンテンツが一致していなければ、利用者のニーズに応えることができません。

まとめ

検索上位に表示されるようにするためには、Webページに含まれるキーワードの数を増やしたり被リンク対策などの小手先のテクニックだけでは不十分です。SEO対策においてコンテンツの質を高めることが非常に重要で、サイト訪問者が本当に知りたいと思っている情報を的確に提供する必要があります。

コンテンツの質を高めるために、ユーザーファーストの観点からE-A-T(専門性・権威性・信頼性)を意識した記事作成を心がけるようにしましょう。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る