タイアップ広告とは?メリットと効果的な活用方法

タイアップ広告とは?メリットと効果的な活用方法

タイアップ広告は近年の効果的な広告手段のひとつで、様々なメディアに広告料を支払い、記事を書いてもらうことで様々な広告宣伝を行う手法です。

単純に自社の広告を掲載するのとは異なる視点で客観的な文章により内容を示すことができるのがポイントで、より相手に対して効果の高い内容を表現することができると注目されている物です。以下ではその具体的な内容に関して紹介します。

タイアップ広告とはどのようなものか

タイアップ広告の特徴は通常の企業などが行う広告とは異なり、様々な雑誌やメディアなどに依頼して広告記事を掲載してもらうことを指します。

自社が行う場合には明らかに自社が宣伝を行っていることが顧客にわかる形になっていますが、タイアップ広告の場合には雑誌やメディアなどが客観的に評価を行ったように見せることができるため、記事の1部となりより効果的に表現を行うことができるのがポイントとなっています。

そのため、広告でありながら記事のような側面を持つことが特徴です。

タイアップ広告のメリットにはどのようなものがあるか

タイアップ広告のメリットはメディアなどに客観的な表現により自社の広告宣伝を行ってもらうことができる点です。

自社が直接行う広告の場合はあくまでも商品やサービスの宣伝であることが明確であり、単にこれらを販売したいための情報であることが明角の店がデメリットとなることも少なくありません。

しかしタイアップ広告の場合にはそのメディアの特性を踏まえながら客観的な視点による広告となっており、非常に説得力が強い側面があるのがメリットです。その内容を具体的に紹介します。

(1)ユーザー層の把握が可能な点がメリット

それぞれのメディアは読者層が限定されており、これらのメディアにタイアップ広告を行うことによって、その読者層に受け入れられるものであるかどうかを把握することができるのが特徴です。

またその表現方法も読者層を踏まえた内容になることが多く、これによりユーザー層の把握を行うことが可能で、商品やサービスのマーケットを細かく知ることができる点がポイントとなります。

これらの方法を自社で行う場合には緻密なマーケティングが必要となり、その正確性を得ることが難しいことから効果のあるメリットです。

(2)情報発信源としての信頼感を得られる点がメリット

メディアや雑誌にはそれぞれ特定の読者が存在することが少なくありません。そのためそれらの読者の目には必ず止まる内容となるほか、信頼できる内容であることを強くアピールすることができる点がポイントです。

一般的な企業報告ではその根拠が明確にならないことが多い物ですが、メディアの愛読者にとっては信頼できる情報源と考えられていることが多いため、その中に記載されるタイアップ広告を信頼できる内容と受け取られることになります。

(3)第三者としての目線で見ることができる

一般的にメディアは中立的な立場での記事を掲載することが中心です。メディアのコンセプトを持ち、そのコンセプトの視点から様々な商品やサービスを評価することが多いため、タイアップ広告であったとしてもメディア側の評価が込められていると考える読者が少なくありません。

そのため、第三者としての目線で商品やサービスの内容を評価することができ、編集者が納得した内容で報告を記載することになるため信頼度が高くなります。

タイアップ広告のデメリットとはなにか

メリットばかりが記載されることの多いタイアップ広告ですが、実はそのデメリットも多数存在しています。あくまでも広告宣伝を行う側からお金をもらって掲載する内容であるため、その内容によっては中立的な立場ではなくなってしまうリスクも少なくありません。そのデメリットを紹介します。

(1)通常の広告に比べ時間がかかる

企業が直接広告を作成する場合には、自社で考えた商品やサービスはアピールポイントを羅列すれば良いので、迅速に行うことが可能です。しかしメディアの場合は記事作成までに時間がかかることや、さらにメディアの発行タイミングなどもありタイムラグが発生することが少なくありません。

そのため内容が顧客に浸透するまでに時間がかかり、最新の情報を提供することができない可能性があります。そのタイミングを誤ると、広告宣伝効果がするリスクがあり注意が必要です。

(2)費用が高い点が問題になる

タイアップ広告はメディアの練習後に費用を支払い広告宣伝を記載するため、記事作成料とメディア掲載料等が発生することから費用が高くなることが少なくありません。自社で作成する場合は通常の広告宣伝費用の相場と認識すれば問題ありませんが、記事作成料は意外と高額です。

さらにメディア掲載料が高額に設定されていることが多いため、これらを総合すると自社で広告宣伝を行う場合に比べその費用が高くなりがちな点があります。

タイアップ広告の活用方法にどのようなものがあるか

記事内容の客観性や読者に対する訴求力の高さから利用されるタイアップ広告ですが、様々なデメリットを抱えていることがわかっています。しかしそれでも効果的な広告宣伝への活用が広く指定されるため、現在では多用されている点が特徴です。ここではその活用方法を紹介します。

(1)記事広告の掲載による活用方法

タイアップ広告を利用する1つの方法には、企業が作成した商品の記事広告を掲載しその内容を深く掘り下げたり、読者が注意してみるためにこれを誘導するために掲載することがよく行われています。

単純に広告を掲載する場合に比べて記事の内容を使って広告内容をより詳細に理解する手助けをする形になり、内容を読者に対して深く浸透させることが可能です。

様々な広告内容の情報をさらに魅力的に掘り下げるために利用されることも多く、広告の効果をさらに引き出すために利用することも少なくありません。

(2)特化型メディアの特性を利用できる

掲載するメディアを特化型メディアとすることで、特定の層に商品やサービスの内容をアピールすることができます。例えば主婦層をターゲットにしたメディアの場合は、主婦が利用しがちな様々なシチュエーションを想定する中で商品やサービスのメリットを絞り込み掲載することが可能です。

より一般的な広告宣伝に比べ具体的な内容を掲載することができ、読者層を惹きつけることが可能となります。具体的な内容を使用すると多くの人は自分の日常に照らし合わせて評価をするため、わかりやすくその内容を伝えることが可能です。具体的なメリットも提示できるため効果的な方法です。

(3)連載企画でのアプローチは高い興味を引き付けることができる

通常のタイアップ広告は1つのメディアで記事を掲載し終了することが多い物ですが、連載企画などで様々な内容を掲載しながら商品の魅力を伝えることで、読者に対して継続的に興味を持ってもらうことが可能となります。

連載企画を利用するとその企画そのものが多くの人の目に留まることになり、内容に関し期待を読者に与えることが可能となる

ため、高い広告宣伝効果を得ることが可能です。段階的に魅力をアピールすることができるため、毎回重ねて読者の興味を深掘りすることが可能となり、より強い興味を持たせることが可能となります。

まとめ

ここまで示したようにタイアップ広告は様々なメリットとデメリットを兼ね備えており、その特性を効果的に利用することで自社で広告宣伝を行う場合に比べより高いレベルで行うことができる可能性の高いものとなっています。

費用と時間がかかってしまうことがデメリットではありますが、特定の顧客層に絞り込むことが可能で、加えてメディアの信頼度を利用した質の高い手法を行うことで、より具体的な魅力を特定の顧客層に浸透させることが可能です。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る