一気に広まるバイラルマーケティングとは?成功のためのポイントも解説

一気に広まるバイラルマーケティングとは?成功のためのポイントも解説

近年、マーケティング手法として注目されているのが「バイラルマーケティング」です。SNSや動画を使ってサービスや商品を広げていく手法になります。

動画サービスが普及することによって、バイラルとなるコンテンツを作れば業績が伸びると期待する企業が増えています。

バイラルマーケティングとは?

バイラルマーケティングとは、日本語に言い換えると「ウイルスのように広まる」マーケティングという意味合いになります。バイラルマーケティングの「Viral(バイラル)」とは、Virus(バイラス)つまり日本語では「ウイルス」の単語の派生語に当たります。

ウイルスのように急速な勢いで広がっていくコンテンツのことを「バイラルコンテンツ」と言います。そんなコンテンツを配信することによって、その情報が動画サービスやSNSを通じて広がることによって、爆発的な規模でマーケティングが広がっていくというのがバイラルマーケティングになります。

このようなマーケティングを成功させるためには、巧妙に練られた「バイラルストラテジー(戦略)」が必要です。

運良く広がったというケースもありますが、運に任せるのではなくしっかりバイラルを起こすためには、ストラテジーを練ってマーケティングを行っていくことが求められます。

バイラルマーケティングのポイント

バイラルマーケティング、と一言で言ってもその種類は、いくつかあります。コンテンツは、商品・サービスの特徴に合わせてユーザーにとって価値の高いコンテンツや情報を提供していくことが大切です。

1次的バイラルマーケティング

1次的バイラルマーケティングは、面白い、珍しい、癒される、感動したり役に立つなどの魅力的なコンテンツを作って、ユーザー自ら配信したいと思わせて、友人や知人にシェアしてもらうマーケティング手法です。

ユーザーが自分にとって魅力的なものを見つけ、誰かに話したいと思うようなサービスや商品、情報などに出会ったときに、自然に発生していきます。

シェアしたい思ってもらえる具体的なコンテンツとしては、広告がユーモアだったり惹きつけられるがある、納得できるなどの要因を満たし、好感を得られるための工夫をしていき、いかに口コミが起こるかなどを考えてコンテンツを作る必要があります。

2次的バイラルマーケティング

2次的バイラルマーケティングは、シェアするとユーザーに得があるタイプのマーケティング手法になります。特に飲食店や新商品のキャンペーンなどに多く、ユーザーと企業の利害が一致していることによって成立します。

具体的には、企業などが商品やサービス、情報などのサンプルを提供したり、無料体験を行う、情報を無料提供してそれを試したユーザーやモニターにレビューをしたもらうことや、報酬を払って商品やサービスなどを紹介してもらいます。

実際に商品やサービスなどを体験してもらって紹介してもらうというのはメリットではありますが、報酬が魅力的でないと効果がなく、過度な紹介を行ってしまうと逆に悪い印象が広まってしまう可能性も考えられるため注意が必要です。

バイラルマーケティングの注意点

バイラルマーケティングは、きちんとバイラルが起これば効果の期待できるマーケティング方法です。

しかし、ユーザーのクチコミに頼る部分が大きいため、従来の広告のように広告活動に利用された媒体別の広告投入量を把握しづらくコントロールすることが難しいとされています。

広告効果を上げることを目的にしてユーザーに報酬を与えてマーケティングを行うケースもありますが、報酬付きの紹介を行うことに悪印象を抱くユーザーも多いため、2次的バイラルマーケティングは特に慎重に行う必要があります。報酬目当てで不正申し込みなどが行われることにも注意します。

また、口コミは企業が意図しない内容が拡散されてしまうというリスクも考えられます。そのため、このマーケティング手法をとるときには、コミュニケーション管理をしっかり行わなければならないという課題もあるのが現状です。

まとめ

バイラルマーケティングは、成功すれば低コストで大勢に宣伝できるという大きなメリットがあります。ターゲット層にアピールすることも可能ですが、コンテンツが魅力的でなければ効果がない手法となっています。

スマートフォンなどで、気に入ったものをすぐに誰でもSNSなどを通じて共有できる時代ですので、一度バイラルに成功すれば大きな効果が得られます。ただし、成功させるためにはユーザーに受けるシェアしたくなる魅力的なコンテンツを作り、効果が出るまでじっくり待つということも大切です。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る