イノベーター理論におけるアーリーアダプターの特徴や重要性を解説

イノベーター理論におけるアーリーアダプターの特徴や重要性を解説

近年ではマーケティングを考慮する際にイノベーター理論を導入することも少なくありません。この理論ではいくつかの階層にユーザを分け、その階層に対しての販売戦略や導入戦略を考慮することが重要なものとなっていますが、その中で大きな鍵を握る存在にアーリーアダプターがあります。

このアーリーアダプターは様々な階層の中でも非常に重要な存在となっています。

アーリーアダプターとはどのような存在か

アーリーアダプターとは、新商品が市場に浸透してするかどうかを左右する非常に重要な存在となっているのが特徴です。

理論では全体の13.5%ほどの存在となっていますが、単純に流行に飛びつくのではなく、自ら様々な情報を収集し、自らの経験を踏まえて選択をする非常に貴重な存在です。

そのため、まずはこのアーリーアダプターに認められる商品やサービスを開発することが、多くの企業では重要な命題となっています。

アーリーアダプターの特徴とは何か

アーリーアダプターの特徴は、単純に流行にすぐに飛びつくのではなく、自分なりの情報収集と分析を踏まえて良いと思った商品を購入すると言う点にあります。

イノベーター理論ではアーリーアダプター以前に新商品などをすぐに試す行動をするイノベーターと言う存在がありますが、このイノベーターの場合にはとりあえず試してみると言う要素が非常に強いため、この層に認められたからといってその商品が市場に浸透するかどうかを占うことができません。

また絶対数も2.5%と少ないため、市場に対する影響力がないのに対し、アーリーアダプターは13.5%と言う比較的多くの割合を占めており、しかも自分自身で情報を収集し分析を行った結果を利用していることから、選択の根拠に説得力があるため市場を動かす力を持っているとされています。

イノベーター理論について考える

イノベーター理論とはユーザを5つの階層に分けて、その流行に対する影響力や商品の受け入れ度合いなどを占うものとなっています。特に注目すべきなのは、イノベーターとアーリーアダプターに浸透した後、次に浸透させなければいけないアーリーマジョリティとの間にキャズムと呼ばれる溝が存在すると言う理論です。

このアーリーマジョリティは全体の34%程度を占めると言われており、予想に浸透すると市場で流行する可能性が高まることになり、さらに全体の34%のレイトマジョリティ、及び周囲の動向を見て最後に導入する、全体の16%のラガードから構成される市場マップと言うことになります。

イノベーターはどのような存在か

イノベーターはイノベーター理論の中で様々な商品やサービスに真っ先に飛びつくと考えられる層です。あまり情報を収集せずにとりあえず試してみるのが特徴ですが、その評価は様々であることや、全体の2.5%ほどであるため市場に対する影響力が小さいのが特徴となっています。

アーリーアダプターとは何か

アーリーアダプターはイノベーター理論では全体の13.5%ほどとなっており、イノベーターを除いてははじめに商品を導入する層と考えられます。大きな特徴は自ら様々な情報を分析し、その上で商品やサービスを利用すると言うことであり、その結果を適切に評価すると言う点も特徴となっています。

そのため、彼らの評価がその後の市場の浸透に大きな影響力を持つと考えられ、その意見が非常に貴重なものとなっているのが特徴です。

アーリーマジョリティの位置づけと重要性

アーリーマジョリティは全体の34%を占め、アーリーアダプターの後に様々な商品を使用する層となっています。

新商品やサービスなどにすぐに飛びつくのではなく、イノベーターやアーリーアダプターの評価も確認しながら導入を検討する点が特徴で、導入に至るまでに冷静に判断し行動するのが特性となっています。

商品やサービスを市場に浸透させる際には、このアーリーマジョリティに浸透して初めて市場での存在価値を持つものと言われます。

レイトマジョリティは全体の34%

レイトマジョリティはアーリーマジョリティの次に購入や導入を行う層となっており、商品の機能や性能及び評価だけでなく、市場への浸透具合も見ながら判断する層であるのが特徴です。

単純に機能や性能を評価するだけではなく、流行にも左右されやすい層となっています。

ラガードは流行を追いかける存在

ラガードはイノベーター理論の中では最後に商品やサービスを利用する層です。

どちらかと言うと流行に左右される面があり、市場での浸透が十分になってから利用を始める安全派と言うことができます。

先進的な導入を行わず、導入リスクを極力負わないことが特徴の層でもあります。

アーリーアダプターの役割は非常に重要

アーリーアダプターは自ら情報を収集しその判断によって商品の購入や導入を決めるため、利用した結果を冷静に分析できると言う特徴を持っています。

そのためその結果を様々な形で発信することで、その後のアーリーマジョリティやレイトマジョリティに対する強い影響力を持つと考えられます。

そのため、商品やサービスが市場に導入できるかどうかを占う役割を担っており、この層で良い評価を得なければその次に進むことができません。

いわばパイロット的な役割を果たす存在となっており、イノベーター理論の中では非常に重要な役割を担っていると考えられる存在です。

キャズム理論をわかりやすく説明する

イノベーター理論でアーリーアダプターは自ら情報を収集し判断して商品を使用し始めますが、この時点で高い評価を得なければ次のアーリーマジョリティは商品を購入することはありません。

すなわち商品を市場に導入する際にはアーリーアダプターを十分に満足させる機能や性能を持っていなければならず、この面ではアーリーアダプターとアーリーマジョリティの間に大きな溝が存在することになります。

この溝をキャズムと呼び、この溝を超えることを意識することをキャズム理論と表現します。

マーケティングの重要性について考える

イノベーター理論ではアーリーアダプターを満足させ、キャズムを超えることが1つの大きなポイントとなります。

そのため、商品やサービスを導入する際にはこのキャズムを超えるための様々な予測を行わなければなりません。

すなわち、アーリーアダプターを十分に満足させ、次のアーリーマジョリティに対して良い印象を与えるような機能や性能を持たせなければならないことになります。

そのためには市場における様々な要求事項を十分に確認し、これらの要求事項を満足できるような商品開発を行う必要があるとともに、アーリーアダプターが求める機能や性能を十分に予測し、これを実現することが非常に重要なポイントとなっています。

これらの条件を満たすため、事前にマーケティングを行いあらゆる市場の要求を吸い上げることが非常に重要なポイントです。

様々な導入戦略と商品開発の戦略を立案し、単純に市場に受け入れられるものを作るのではなく、アーリーアダプターに受け入れられるような導入のスタイルも実現することが市場に浸透する商品を生み出す鍵と考えられます。

イノベーター理論の限界を意識することが大切

イノベーター理論ではあくまでもイノベーターが1番最初に商品に飛びつき、次にその特徴や特性を冷静に分析し使用を始めるアーリーアダプターが追従すると言う原則から成り立っています。

さらにアーリーマジョリティはアーリーアダプターの発信する情報を受けて判断することが前提ですが、近年の商品やサービスの中には現状の問題点を解決することに主眼を置いたものも非常に増えています。

これらの機能の性能は基本的に目新しいところはなく、その使い勝手や快適性を追求した面に特徴があることからその浸透がアーリーアダプターではなく、レイトマジョリティやラガードから始まってしまうことも多いのがポイントです。

この場合にはイノベーターやアーリーアダプターに受け入れられる事はなくても、レイトマジョリティやラガードに受け入れられ市場に浸透すると言うイノベーター理論では成り立たない動きを見せることになり、その浸透の順番が異なるものとなります。

そのため商品の多様化により、イノベーター理論が成り立たないケースがあることも意識をしなければなりません。

アーリーアダプターはマーケティングの戦略を考える上では非常に重要な鍵となる存在です。単純に市場動向を分析するのではなく、アーリーアダプターに受け入れられる商品を意識することもマーケティング戦略の上では重要な鍵となっており、市場に早期に浸透させるために重要な存在となっているのが特徴です。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る