成約につながるステップメールとは?メリット・デメリット、ツールを解説

成約につながるステップメールとは?メリット・デメリット、ツールを解説

メールを使ったビジネス手法としてよく使われてきたのがメルマガですが、最近ではステップメールを使用することが増えています。では、メルマガとはどんな違いがあるのでしょうか。ステップメールのメリット・デメリットにはどんなものがありますか。さらには使えるツールについても説明します。

ステップメールとは?

ステップメールとは、顧客となる方が資料請求・セミナー申込・無料トライアル申込・商品購入など行動を起こされたことを起点に、事前に設定したスケジュールであらかじめ作成したメールを配信する仕組みです。こちらには専用の配信ツールなどが使われます。

ステップメールとはメルマガの違い

今までよく使用されてきたメルマガは、配信リストを元に最新情報を継続的に送る方法です。こちらはあくまで運営者側が流したい情報を多くの人に流すと言う仕組みです。

対してステップメールは、あるアクションを起こした顧客に、あらかじめ作成しておいたメールを、タイミングを決めて複数回送るメールマーケティングの手法です。顧客ごとに関心を持ちそうな内容のメールとしてタイミングを計って送ることができるため、特別感を演出できますし、アクションをフォローするものともなるため、有用なビジネス手法として取り入れられているのもわかります。

メルマガ・ステップメール共に成果を上げられる手法ですので、目的にかなった方法を選択するとよいでしょう。

ステップメールのメリット

ステップメールは特定のアクションを起こした顧客に向けてのメールを、タイミングよく送ることが可能になるのがメリットでしょう。そのためにはいくつかやらなければならないことがあります。

その一つが、メールを書く前に目的を決めることです。ゴールを設定すると言うことはビジネスの基本ですが、ステップメールでも応用することが大切です。

ゴールを設定して、そのゴールに到達するまでのステップを明確にすることで、1通目で何を書いたらよいか、3通目にはどんな内容を記載すると効果的かなど、記載すべき事項も明らかになってきます。このようなメールの書き方をすることで、ステップメールのメリットが享受でき、効果も上がるに違いありません。

顧客へのアピールに繋がる

ステップメールを使用するメリットの一つに挙げられるのは、顧客へのアピールにつなげられると言うことでしょう。特によく知られていない商品や高額なサービスなどは簡単に販売できないケースが多く、売上に結び付けるには商品・サービスの魅力をじっくり知らせることも大切になってきます。

何らかのアクションを起こしてくれた顧客は、少なくとも当社の商品やサービスに関心を持ってくれていると言うことになりますから、そのような顧客の気持ちを大切にし、情報を少しずつ提供することで魅力を伝え、購買意欲を促進する方法は効果的です。

ステップメールは日数を置いて複数回アピールしていく方法ですから、読みやすい量の情報を提供できるため、購読率が上がることでしょう。

見込み客の増加が見込める

ステップメールを利用することで得られるメリットには、見込み客の増加が見込めるということが挙げられます。誰もが知っている商品・サービスや有名ブランドの商品でないかぎり、最初から信頼を持って商品を買ってくれる顧客は少ないのが現状です。

ですが、知られていない商品の強みは、知られていないからこそ興味を持ってもらえることにあります。ステップメールは該当の商品やサービスに対して何らかのアクションを起こしてくれた顧客に送付しますから、見込み客となりえます。

商品やサービスのメリットをじっくり伝えることで、今までは情報提供だけだった顧客が、見込み客へと変化し、購買意欲を促進した結果、購入に至る顧客が増えていくメリットがあります。

ステップメールのデメリット

ステップメールは、メールマーケティングの手法として新しいものであるため、正しく使用しないと効果を上げることができません。

特に運営サイドが流したい内容のメールをメーリングリストにある方々に送るメルマガとは異なり、一定のアクションを起こした顧客に対してのメールとなるため、内容によっては今後の売上につなげられるかそうでないかを分けることになってしまいます。

ステップメールがデメリットとなる場合もあり、その弱点を克服できない結果、効果的に使うことが難しいと言う声も少なくありません。メール配信には専用の配信ツールなどを用いて、余分の努力とコストをかけて行うことから、デメリット部分を克服していくことがカギとなります。

メール作成に手間がかかる

ステップメールを採用した際にデメリットとなるのが、メール作成に手間がかかると言う点です。

メルマガでは運営サイドが流したい情報を魅力的に記載して送るということでしたが、ステップメールの場合は何段階でそれぞれのステップでの内容はどうするのかと言ったシナリオの決定と共に、顧客にメールを送付するタイミング、配信設定等、様々な要素を考える必要があります。

メールの作成は営業、タイミングや配信設定を担当するのは情報システム部など複数の方が関わっての作業の場合は、内容を精査できるメリットはあるものの、手間が多くなりがちです。適切に工数管理などを行うことで、コストを抑えて効果的なものとするにはある程度時間と経験が必要です。

メールアドレスの収集が大変

いざステップメールを使おうと思っても、メールを送る相手のアドレスがわからないと配信ツールを活用することができません。ですので、ステップメールを使用する際にはメールアドレスを収集しておくことが大切になり、こちらがネックになることが多いかもしれません。

ですが、メールアドレスの収集がうまく行っていない時でもできることはたくさんあります。効果的なステップメールを送ることができるようになるには、どんな内容のメールをどのタイミングで何回送付すると結果が出やすいかを把握し、さらには設計の工数を減らすようにしておくことがカギとなります。

こうしておくことで、収集したメールアドレスが多くなった場合でも業務負担が増えることなく、質の良いステップメールを送ることができるようになります。

ステップメールの配信ツール

ステップメールを運用するには、専用の配信ツールがあるとシナリオの作成や配信のタイミングなどを楽に行えます。こちらでは、運用が比較的容易で、効果的なメールを安価で送ることが可能な配信ツールをいくつかご紹介します。

メールdeコネクト

ステップメールを始めて使う人によく利用されているのが、メールdeコネクトです。初めてメール配信を行う人でも簡単に操作できることに力点を置いていて、HTMLメールも使用できるのでデザインにこだわりを持つことができるのがメリットです。

初期費用が無料でシナリオの設定もあらかじめできると言うことで気軽に試してみることができることも人気の理由です。誰でもわかる動画マニュアルもあり、開封率やURLのクリック数などを測定できるなど高機能なところも採用されている理由です。

配配メール

ステップメールの運用で確実に効果を出したいので、導入からサポートを依頼したいという場合につかえるのが、配配メールです。配配メールは、10年以上にわたり導入実績が7,000社を超え、導入に際してのノウハウの提供も期待できるところがメリットです。

見込み客を増加させたい、電話や営業の効率を上げたい、顧客情報を安全に管理したい、確実に届くメールに送りたいなどの様々な要求にこたえてきた実績があります。加えて、運用に時間をかけられない、運用に煩雑さを感じたくない方は相談してみるとよいでしょう。

配配メールの資料を希望する方はこちら。

AutoBiz

使いやすい機能が充実している配信サービスがAutoBizです。ステップメールでは、顧客に段階的に情報を届ける仕組みであるため、ストレスを感じさせない形で信頼関係を築けるタイミングでメールを送ることが大切になります。

その点、AutoBizでは特定の日付だけでなく、曜日や月末など配信タイミングを細かく設定できるのが良い点です。さらには、最終ステップに至った顧客に対して、ワンポイントアドバイスを含めた形で再度任意の段階からメールを配信することも可能です。

オレンジメール

安くて使いやすいとユーザーの数を増やしているのが、オレンジメールです。ステップメールを利用している人の不満として多いのが、遅延したり届かないケースが多いこと、価格が高いこと、操作が難しいことが挙げられます。

ですが、このオレンジメールでは、一定の登録件数までは無料で使用できたり、より高いメール到達率を達成するためのシステムを併用していたり、マニュアルがいらないほど簡単操作を実現している点がメリットと言えます。

WiLLMail

操作がしやすく、アフターフォローがしっかりしている点が評価されているのが、WiLLMailです。WiLLMailのメリットは、多くの人が使い慣れているマウス操作だけでHTMLメールが作れる点です。

難しい知識なしに直感で操作できるのが、使われ続ける理由です。さらにはスマートフォンにも対応しているため、操作する時間や人を選ばない点もメリットとなります。加えて、配信結果をグラフなどを使って視覚的に確認できるのも良い点です。

WiLLMailの資料を希望する方はこちらから!

ステップメールまとめ

ステップメールは、一定のアクションを起こした顧客の購入意欲を高め、売上へとつなげるために効果的なビジネス手法です。有用性は高いですが、作成や設定等には時間がかかります。また、使いやすい配信ツールを使用することがカギになります。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る