レコメンドとは?ユーザーに提案するおすすめのレコメンドエンジン5選も紹介!

レコメンドとは?ユーザーに提案するおすすめのレコメンドエンジン5選も紹介!

多くの外来語を取り入れながら発達してきた日本のビジネス用語の中で、今注目すべき単語があります。とりわけ商品やサービスを紹介する中で用いられるレコメンドはその筆頭で、自社商材をアピールする上では必須用語といえる単語です。

日常的にはお勧めする、あるいはおすすめという言葉に代わって名詞的にも形容詞的にも用いられますが、本来の用途を知らずに使うと恥ずかしい思いをするかもしれません。ここでは今注目のビジネス用語について、実例を交えてご紹介します。

レコメンドとは?

販売業やサービス業といった業界のみならず、ネット上の情報の中で消費者側も触れる機会がレコメンドとは、そもそもどういう意味でしょうか。これは英語のお勧めするという意味の単語「Recommend」に由来するビジネス用語で、そのままお勧めという意味に使われます。

特に実際の会話では、英語の発音に近いリコメンドと表記されたり呼称されることもありますが、意味は同じです。本来の英単語には何かを魅力的に思わせるという意味もあり、今後は柔軟に変化する可能性もあります。

実際の場面においては、何らかの商材をお客様へ勧める場合に商品をレコメンドするとか、おすすめされた場合にはレコメンドされたサービスのように使われる単語です。

派生した単語も多く、そのひとつのレコメンデーションは英単語の名詞形に由来した用語で、主にECサイトの運営において重視され、レコメンドエンジンを用いた販売戦略を表します。

具体的には、大手ECサイトを利用する際に表示される、あなたへのおすすめ商品やこれを買った人はこれも買っていますといったお勧め商品が表示される機能を示し、その商品を自動的に選択するために用いられるのがレコメンドエンジンです。そのレコメンドエンジンを介してお勧めされる商品や、経営者側が顧客にお勧めしたい商品はレコメンドアイテムと呼ばれます。

レコメンドを使った例文

ビジネス用語に始まり、消費者が目にすることも増えているレコメンドですが、実際に活用するとどのような使い方になるのか、身近なお店を例にご紹介します。まず、たくさんの商品が並ぶ洋菓子店などでは、消費者側からお勧めの品を訪ねる時に「三品ほどレコメンドしてくれませんか」と尋ねます。

販売する側としてお勧めするのであれば「今期のレコメンドは生のフルーツを使ったケーキです」のように、おすすめという単語に代えて使いましょう。戦略を立てる側であれば「クッキーを使ったスイーツアレンジをレコメンドした広告を作って下さい」といった風に、お勧めだけでなく提案の意味で取り入れることも可能です。

レコメンドを使った熟語表現と意味

レコメンドとは汎用性の広いビジネス用語なので、多くの熟語表現が生まれています。とりわけレコメンドアイテムは商材を扱うならマストですし、レコメンドエンジンはEC事業において欠かせない言葉です。さらに飲食業界ならレコメンドメニューという単語を理解し、活用することが重要になってきます。

商品推薦

少し堅いイメージの言葉ですが、平たくいうと商材を消費者にお勧めすることです。実際の商品を販売する場合には非常に重要な行動で、販売者側から商品推薦つまりレコメンドな商品を選ぶためには、価格や性能のみならず使用感や質感など消費者が注目するであろう部分をよく検討して選定しなくてはなりません。その結果としてレコメンドアイテムが生まれ、消費者の注目を集めることになります。

さらに宣伝効果を考えるなら、調理器具や化粧品は調理や美容のプロのお墨付きを得ることも、商品推薦のひとつの手段です。このような過程で選ばれたレコメンドアイテムは広告の内容や商品紹介情報でいわばイチオシの商品となり、口コミにも影響するものといえます。

レストランに関係

レコメンドは家電や服飾雑貨といった商品の販売に関連した用語、あるいはEC事業における販売戦略と考えるかもしれませんが、実はレストランにおいても今後注目すべき言葉です。その中でもレコメンドメニューは飲食店におけるお勧めの料理を表しており、レコメンドとの表現が一般的になるにつれて、見逃せなくなります。

メニューの解釈によっては美容室の施術やパソコンのアプリに関係する言葉にも見えますが、美容室では要望が大変多岐にわたり、アプリも使いやすさは人によって異なります。一方のレストランは幅広い世代を対象としているので、お勧めの料理を大々的にレコメンドメニューとして打ち出しやすいので、単なるお勧めやイチオシ以外の表現も取り入れたいです。

WEBサイトに関係

新しいビジネス用語であるレコメンドが最も関係していると感じられるのは、やはりWEBサイトではないでしょうか。実際にレコメンド機能はEC事業を行う上でとても重要な存在で、効率的な宣伝活動や広告配信には欠かせません。

例えば新しいパソコンの購入を検討している顧客に対して、実際の店舗ではマウスやフラッシュメモリなど周辺機器を直接勧めることができますが、購入者が単独で商品を選ぶ場合、店員に代わる存在が必要です。

それこそがレコメンドエンジンであり、導入することでこれまでの購入履歴の特徴から周辺機器を効率的にお勧めしたり、比較されやすい類似商品を一括して表示して利便性を高め、購入しやすくすることが可能になります。

レコメンドエンジンとは?

レコメンドエンジンとは、ユーザーに合わせて商品を推薦するためのシステムです。大手ECサイトで目にするあなたへのおすすめや、これも買っていますとして別の商品を合わせて提案する機能の大本であり、今日のEC事業には欠かせません。例えるならシャンプーを買った人が同じブランドのトリートメントを購入する確率が高ければ、それに基づいた商品の提案を自動で行うシステムです。

実際の店舗では販売側がそれぞれの商品について手作業でポップを付けたり、口頭で提案する作業を自動化し、多くの顧客が利用するECサイトを効率的に運営することを可能にします。統計にもとづくシステムで、構築するのは難しく感じるかもしれませんが、ツールを利用する方法もあります。

おすすめのレコメンドエンジン5選

レコメンドエンジンを使って効率的に商品を勧めるのは、何万人もの人が利用する大手EC事業者だけと考えるかもしれませんが、小規模な事業者でも顧客一人当たりの購入単価を高め、効率的な販売を行うためには一度の購買行動で多くの商品を知ってもらう必要性があります。

そこで必要になるのがレコメンドエンジンですが、これらは専門的に提供している企業があるので、事業者がゼロから構築する必要はありません。とはいえ多くの企業がサービスを提供しており、どのサービスにどんな特徴があるのかよく分からない方も多いでしょう。ここからは特徴的な機能を備えた導入しやすいレコメンドエンジンを5つご紹介します。

コンビーズレゴ

費用を抑えながら効率的な商品推薦を実現したいなら、コンビーズレゴが提供するレコメンドサービスがお勧めです。販売の中心となるウェブサイトはもちろん、サイト閲覧をしていないユーザーにもメールを介した商品紹介を実施できることから、利用者の関心を強く惹き付けることが可能です。さらにメールの配信時刻も購買行動に結びつきやすい時間帯を選べるので、消費者への訴求力はとても高いといえます。

専門的な技術を導入すると費用がかさむと感じられるかもしれませんが、こちらは月額39,800円から導入可能なので、小規模な事業主でも検討可能です。

初期設定費用の50,000円は必要ですが、30日間の無料体験があるので実際の使用感や効果を確かめることもできます。タグを設置するだけで導入できることから、導入実績は業界最大の20,760社を超え、有名企業での導入実績もあります。

Rtoaster

高度なシステムを導入して統合的な情報から商品推薦を行いたいなら、Rtoasterが最適です。こちらで提供されているサービスは商品の類似度にもとづくレコメンドに留まらず、購入周期を考慮したレコメンドや購入履歴意外に閲覧した記事の履歴といったデータを統合して利用することから、個々の顧客に最適なレコメンドが表示されるようになります。

特に自社で保有している顧客の購買行動の履歴をプライベートDMPに活用できる点や、文章を通した商品や生地の類似度からレコメンドを表示する機能を有している点は特徴的な強みです。

自社が持つデータを活用したレコメンド機能の導入費用は月額150,000円からですが、大手航空会社が導入していることからも分かるように、転職やオーダーメイド商品といった個別的な業種での利用が可能です。手厚いコンサルテーションも備えているので、販売実績の向上のみならず業務改善に役立てることもできます。

NaviPlus

通信販売において最も重要なことは画像の掲載であり、服飾雑貨はその第一印象が購買行動において重要です。そうした画像を活用したレコメンドを求めているのなら、NaviPlusが提供するサービスがもっともおすすめです。

こちらのサービスでは行動履歴だけでなく、利用者の年齢や性別、取り扱われるアイテムの種別などの属性を含めた解析が行われるため、効率的なレコメンドが可能です。特徴的な機能にNTTドコモが開発・提供している類似画像検索システムを取り入れた画像解析があり、より視覚的に類似している商品を利用者に提示できるようになっています。

こちらの機能は細かな設定が可能で、例えばコートであればコートだけを類似商品として表示させたり、色や柄の類似性から商品を抽出してレコメンドさせることもできます。

特徴的な機能を備えていることから大手通信販売企業など服飾に関する企業での導入実績が多く、価格も月額100,000円からで、初期費用も200,000円と検討しやすくなっています。

ECレコメンダー

とにかく初期費用を抑えたい、少ない商品数でもレコメンドを活用したい、そうした小規模な事業主にとって最も最適なのがECレコメンダーの提供するサービスです。こちらのサービスでは商品情報と行動履歴に対し、任意の定義を組み合わせる分かりやすい複数アルゴリズムによるレコメンドが可能で、初めての導入にもサポートがあります。

例えば導入時の商品CSVを取得するためのデータ取得や購買情報に関わるトラッキングプログラムの作成があり、導入後にはページ閲覧数と購買数が反比例している場合や購買が無い商品のアラートを受け取ることが可能です。

小規模事業者に嬉しいエントリープランは初期費用も月額も4,743円、高機能なサービスが受けられるスタンダードプランも月額20,000円からとお手ごろで、こちらのプランには購買意欲を刺激する在庫情報や入荷情報の表示、レビューシステムが無いサイトでも価格や売れ行きに応じた自動レビューを表示することによるスター表示の機能も利用できます。

アイジェント・レコメンダー

ローリスクでハイリターンなレコメンド導入を希望するなら、アイジェント・レコメンダーがあります。こちらのサービスではリアルタイムのデータ解析と自動学習によって、最新の顧客ニーズをとらえたレコメンドが可能です。

サポート体制も手厚く、導入サポートはもちろん設定や開通、管理画面の提供から継続的なコンサルテーションに至るまでサービスが受けられます。レコメンドでは利用者が過去にどんな商品を閲覧しているかを踏まえた商品選択が行われるため、店舗でスタッフがお勧め商品を選ぶようなレコメンドが実現されています。

最も注目すべきは導入費用で、初期費用は150,000円ですが、月額はレコメンド経由の売り上げの5%となるため、販売実績とレコメンドエンジンの導入費用が対応しないというリスクを抑えることが可能です。販売が振るわないという場合も、キャンペーンの運用支援が受けられるため、導入費用が無駄になることもありません。

レコメンドまとめ

ネット上ではECサイト内のみならず、その広告においてもその多くが個別にレコメンドされたサービスや商品といえます。時にはそうした広告を通して消費者がそれまで知らなかった商品を手にすることもあるので、オンラインを使った商業活動にレコメンドは欠かせない存在です。

販売する側はレコメンドを活用することで新たな顧客とつながれるので、個別的な広告は両社にとってメリットが大きなものといえます。ただし、導入するにあたっては取り扱う商品数や顧客の規模を良く把握し、適切なサービスを効率的に活用することが重要です。本来、レコメンドはより効果的な収益を上げるための手段なので、そのことを忘れないようにしたいですね。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る