ユーザーの声を活かすソーシャルリスニングとは?おすすめのソーシャルリスニングツール5選も紹介!

ユーザーの声を活かすソーシャルリスニングとは?おすすめのソーシャルリスニングツール5選も紹介!

ソーシャルリスニングは昨今注目されてきているマーケティング手法で、専用のツールを用いて消費者の興味などについて知るための方法です。大手企業などもすでに導入しているところもだんだんと増えており、独特のメリットがあり、消費者の消費動向を分析し、自社商品やサービスの改善に役立てていくのに注目度が高い手法でもあります。

これまで足りなかった部分をカバーして、より良く分析を行うことができるというのが大きなメリットになります。そこで、ソーシャルリスニングというマーケティング方法についてこれから具体的な点をご紹介してみましょう。また、おすすめのソーシャルリスニングツールについても5つほど取り上げてみたいと思います。

ソーシャルリスニングとは?

ソーシャルリスニングは自社の商品の評判やブランディングなどに活用することができるマーケティング手法で、情報をリアルタイムに収集したり分析したりできるツールになります。

毎日人々はソーシャルメディアで会話や自然な行動を行っており、ソーシャルリスニングはそうしたデータを調査して収集し、分析します。そうしたデータを消費者全体の動向を知ったり、トレンドを予測したりすることをはじめ、自社ブランドの改善に活用することができます。

ソーシャルリスニングは宣伝広告の効果を測定したり、それを基に計画を立てたり、企画を立てるなど、企業戦略に活用することができます。投稿数の動きもリアルタイムで目に見える形で示されることができるので、企業もどのタイミングでどのようなことをすればいいのかの見通しももてます。

ソーシャルリスニングのメリット

ソーシャルリスニングにはメリットがあり、そのメリットはユーザーが実際に発している直接的に知ることができるという点です。このことは実際の消費者の意見を知ることにもなり、企業ブランディングや商品やサービスを改善していくことにもつながります。

このマーケティングツールは一般的なアンケート調査などの短所を補える方法としても注目されており、調査対象に興味を持っているかどうかという点がわかりにくいという欠点をカバーしています。

ソーシャルメディアで発言するユーザーは自身の好みに対する反応を発信しており、その商品やサービスに興味を持つ人の率直な意見をヒアリングできます。不満を持つ意見であればすぐに改善することで信頼を得ることにつながっていきやすいです。

ソーシャルリスニングのデメリット

ソーシャルリスニングにはデメリットもあり、コスト面とユーザー層の特定が難しいという点が挙げられます。SNSなどは若い人々が主な利用者層ですが、投稿の量も多く、たくさん中から必要なデータのみを得るというのはとても難易度は高いですし、そのためコスト面でもデメリットとなります。

具体的なキーワードを選んで抽出をかけたとしても、漠然生が濃く不必要な情報も多くなるといえます。さらに、匿名性が高いソーシャルメディアには実際の投稿者情報が記載されていないことも多く、その人の年齢や性別をはじめ細かな部分までわかりにくいという点もデメリットになります。とても新しくて斬新的なメソッドではあるけれども、課題点もあるということも利用する際に知っておく必要があるでしょう。

ソーシャルリスニングの活用方法

ソーシャルリスニングはメリットやデメリットもありますが、マーケティング活動前後のプロセスを含めて活用することができます。事前に改善を図る活動につなげたり、事後に評価を行うために活用することができます。

活用目的の明確化

ソーシャルリスニングでは、マーケティング前にSNS上などにある辛口意見から改善点を見つけることができます。その際には活用目的などを明確にしておくことが大切なポイントになります。

キャンペーンに関するはっきりした反応を知りたかったり、業界トレンドを知りたいなどの活用目的を明確にしておくことは今後の一連の活動につながることを考えてもとても大切です。ソーシャルリスニングを活用する時にただ情報を得るというだけでは、その費用に見合わないということです。

キーワードの選定

ソーシャルリスニングはキーワード剪定も大切な視点で、投稿される語が常に定形のものというわけではないため、きちんと事前にキーワード選定をしておくことが必要とされています。

そうしなければ必要な情報を得るのは難しいでしょう、そのためには、どういったキーワードなら必要な情報が得られるのかを考えておくことが大切です。例えば、サービスの名前、会社名、業界名などをキーワード選定することなどができますし、選ぶ言葉を間違ってしまうと不必要な情報が混じって、本当に必要な調査が難しくなってしまいます。

そのため、マーケティング活動を行う際に、事前に適切なキーワードを適切に選んでおくことは掛けた費用を無駄にしないためにもとても大切なポイントになっています。

今後の開発に活かす

ソーシャルリスニングは企業の今後の開発や施策に活用することができます。この手法を用いている中で経験することとして上げられるのが、自社製品やサービスに対し、買いたいと思っている人とそうでない人がいるということです。それは前向きな意見や辛口コメントとして示されています。

この反応の違いから、前向きな人に対しては、その商品やサービスのどの部分が魅力的で、そうした前向きな意見を持っているのかということを抽出できます。逆に、買いたくないという意見を持っている人はどこにそうした理由があるのかを抽出し、後ろ向きな印象を前向きな印象に変えられるように企業として努力すべき点や改善点が何なのかを見つけることができます。

ソーシャルリスニング導入の注意点

ソーシャルリスニングはその企業で独自に行うには膨大な労力と費用が掛かるため、多くの場合にはこうした活動を専門的に行う会社に外注するなどして行われるでしょう。その際に、ソーシャルリスニング導入の注意点があり、ここではデータ収集という点に焦点を置いてみましょう。

データ収集という点では、多くの場合、いろいろあるソーシャルメディアから得たいデータに合わせて最適プラットフォームを選ぶという形になるでしょう。この時、ソーシャルリスニングツールにもよるといえますが、分析は検索したいキーワードや調査期間等に合わせて行われ、データ抽出や得られた調査データ分析結果がいろんな形で示されます。

きちんとしたデータを得るためにはキーワードが適切に選定されている必要がありますし、キーワードが不適切だと思ってもみないような結果になってしまいます。商品名に人物名が付けられているなどの時にはキーワードをセット的に組み合わせて用いるといった配慮も必要でしょう。

情報収集はキーワード選定時の注意点と重なるといえ、取得データから不必要な単語なども除外して用いるといったことも必要です。そうでなければせっかく適切なキーワードによってデータが得られたとしても、漢字違いなどで無関係な単語が拾われてしまうことにもなってしまいます。

そうなるとかけたコストに見合わなくなってしまうため、不必要なものはすべて除外できるようにすることが大切です。

おすすめのソーシャルリスニングツール5選

おすすめのソーシャルリスニングにはおすすめのツールがあり、KeywordmapforSNSやSocialInsightなどがあります。これらのツールを用いて行うとより効果的になります。そこで、おすすめのソーシャルリスニングツール5選をご紹介してみることにしましょう。

KeywordmapforSNS

KeywordmapforSNSはSNSマーケティングのTwitterに特化したソーシャルメディア分析ツールで、いろんな視点から分析して、顧客ニーズを明確にしてくれます。キーワード抽出を行う際にノイズ除去をして、必要な投稿のみ抽出できるといった利点があります。

最新情報を早く得られ、本質的インフルエンサー調査に向いており、絞り込み機能が充実しています。キーワード間の関連性や、エンゲージメント率の高さについて見える化してくれて、顧客全体の興味を知ることができます。具体的には投稿中のキーワード除外や類似削除などの機能などがあり、こうした機能を活用して消費者の関心を知ることができるという特徴があるSNS特化型のツールになります。

SocialInsight

SocialInsightSocialInsightは優れたソーシャルリスニングツールで、主なソーシャルメディアに対して網羅的な形でデータ取得できます。TwitterやFacebookをはじめ、InstagramやLINE、さらにはGoogle+やYouTubeといったものだけでなく、ニコニコ動画やmixiやGREEも含まれます。

さらに、ブログからもデータ取得できます。これらを活用して、口コミを分析したりSNS効果を図ったり、レポートも作ったり、さらには炎上回避のためのアラート機能もあり、かなり機能が充実しています。タイムラインが活発な時間帯で調査できたりと、さまざまなマーケティングに応用することができる注目度の高いツールです。

BuzzSpreaderPoweredbyクチコミ@係長

BuzzSpreaderPoweredbyクチコミ@係長は、国内最大級のデータ量を保有しているソーシャルリスニングツールで、既にコンビニ大手やネット通販大手など、導入実績1000社を超えるツールです。

このソーシャルリスニングツールは、キーワードを入力するだけで簡単にクチコミ分析をすることができるというツールで、幅広い企業で活用できる機能があるツールで、例えばBuzzSpreaderPoweredbyクチコミ@係長を導入したある新聞社では、広告からのSNS拡散といった新しい広告効果の可視化を図るために用いられています。

広告を担当する部署で、これまでにない視点で広告効果を測定するのに用いられているなど、新しい視点で導入している企業も多いソーシャルリスニングツールになります。

BuzzFinder

BuzzFinderは、最速ソーシャルメディアリスク炎上対策ができるという特徴があるツールで、指定条件のツイート量を自動的に監視することができ、異変があれば数分のうちにメールで知らせてくれますので、ウェブ炎上による被害を最小限に食い止めることができるように重要な早期対応の強力をサポートしてくれます。

さらに、手軽に毎日ソーシャルリスニングができ、前日のツイートの量とその話題を要約した上でメールで届けてくれるようになっています。したがってメールチェックだけで簡単便利に生の声を聞けます。さらに、必要十分なサービスで始めやすくて続けやすい料金プランになっているので、続けて使い続けやすいというメリットもあります。

メルトウォーター

メルトウォーターはこれまでのメディアモニタリングを超える解決策を提示してくれるソーシャルリスニングツールで、リアルタイムでキャッチして包括的モニタリングをおこなえます。

例えば、オンラインニュースやソーシャルメディアというウェブ上のものだけでなく、紙媒体やテレビやラジオまでモニタリングが実現されています。こんなに膨大なデータベースや最先端ツールを持っていながら、各地域特有のニーズも取り入れられている一体化型のプラットフォームというのも大きな特徴です。

こうした領域を超えてクライアント側をトータルにサポートするという点がウォーターの大きな特徴でもあります。このツールはイベントやオンラインセミナーなども開催されているのでサポーティブなツールといえます。

ソーシャルリスニングまとめ

ソーシャルリスニングは、これからの方針やマーケティング戦略の参考として活用することができる新しい視点のツールになります。この手法はマーケティングの前段階の企画というプロセスから市場調査ができるという点が特徴的です。

レビューサイト等には辛口のコメントなどがうかがえることもありますが、そうした意見をもとに商品やサービスを改善することによって消費者のニーズに応えていくことができます。

マーケティング後も活用することができ、行った宣伝広告に対する消費者の反応を知ったり、商品評価を知ることによって、マーケティング活動が効果的であったのかどうかを評価することも可能で、さまざまツールから使いやすく機能が充実したものを選んで活用することができます。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る