ビジネスで活用できる動画配信システムの選び方のポイントとおすすめサービス10選

ビジネスで活用できる動画配信システムの選び方のポイントとおすすめサービス10選

動画配信システムは実に画期的なサービスの一つです。動画配信システムは昨今急激に広まってきていますが、そのポテンシャルは最大限に活かされているとはいえない現状です。

また、動画配信サービスはかなりたくさんあることもあり、どの動画配信サービスにすれば良いのか悩む人も多くなっています。だからこそ、ここで動画配信サービスについてしっかりと整理しておいてください。

動画配信システムの費用や選び方などについて、ここでしっかりと説明しますから、動画配信システムについて全く知らないという場合でも問題なく理解していけるようになるはずです。

また、動画配信システムはビジネスでもますます活用されるようになってきていますが、こうした最新情報についてもお知らせします。実は動画配信システムをビジネスで用いると実に画期的に営業などができることがあります。

特に動画配信システムのおすすめの運営会社について、徹底的に見ていきますから、実際に動画配信システムを選びたいという人にはたいへん役立つはずです。

動画配信システムとは?

まずは動画配信システムについてここで理解しておきましょう。動画配信システムとは簡単に言えば「Webを介して動画などのコンテンツを配信するサービス」のことです。こうしたサービスは2000年代以前からありましたが、2000年以後に爆発的にその存在が認知されるようになりました。

特に動画配信システムの先がけといってもよいYoutubeの存在が良く知られていますが、こちらは動画配信サービスです。動画配信サービスは主に一般消費者向けに動画配信をするサイトのことであり、日本ではニコニコ動画などが動画配信サービスの典型です。このようなサービスはコンテンツの投稿も消費者が行うのが特徴であり、多様にも散られています。

一方、動画配信システムはビジネス向けの動画配信サービスといっても良いです。動画配信システムでは主にビジネスとして顧客に対して動画配信をすることが特徴です。また、従業員間で動画を共有する目的で利用されることもあります。

法人向け動画配信システムが必要な理由

動画配信システムの必要性についてよく聞かれることがあります。一体どうしてこの動画配信システムを取り入れると良いのか検討がつかないといった人も多いです。この動画配信システムの必要性は実際にはかなり高いものがあり、ますます多くのビジネスがシステムを取り入れてきています。

これは動画配信システムを用いるとより情報共有が高速化するため。例えば、営業活動などを動画として共有できれば、今後の課題などもすぐに見つかります。情報共有だけでなく、様々なコミュニケーション手段としても動画配信システムは使われています。

動画配信システムを用いて従業員にビジネスアイデアを出させることで、更に会社が活発化した事例などもあります。言ってみれば、動画配信システムを用いることは時代の要請といっても良いくらいです。

動画配信システムの選び方

動画配信システム選びは決して簡単ではありません。特に注目しておきたいのが、運営会社毎のコストの差です。コストの差は大きいものがあり、長く使っていく際には問題になります。

サーバー容量の違いなども、大規模な会社の際にはしっかりとみておく必要性もあります。サービス速度も重要比較ポイントの一つです。

費用はどうか

費用面の心配をする人が多いことは確かです。費用面を心配する場合には無料の運営会社を選んでみることもあり。無料の運営会社のサービスであれば、余計なコストを気にすることなく利用できるのが利点です。

しかし、無料のサービスはサーバーの容量に制限があったり、速度に劣ることがあります。何よりもビジネス用途で使う場合に致命的なのがセキュリティレベルです。無料のサービスの場合、セキュリティレベルが低くて、情報流出の危険性もあります。

もちろん、無料のサービスでもレベルが高いものもありますから、ケースバイケースです。有料の場合には月に数十万円単位でコストがかかることもありますが、その分だけ安定したサービスが受けられます。有料のサービスだと閲覧済みユーザーの確認などの機能も豊富です。

運営会社はどこか

動画配信システムの運営会社はますます増えてきています。それだけにじっくりと比較検討していきたいところですが、運営会社が違えばサービスも様変わりします。運営会社毎の専門化も激しいです。例えば、運営会社によっては営業向きの動画配信システムに特化しているところもあります。大企業向きの大型サーバーを設けている会社も。

このように違いがありますが、試用期間を設けているところも多いので、まずはいくつか気に入ったところを利用しておくと良いです。動画配信システムの運営会社は無数にありますが、選ぶ際には導入数がどれくらいなのかをチェックしてみることもおすすめできます。ちなみに、動画配信システムの運営会社の変更は比較的容易であり、サービスが気に入らなかったら他の会社に切り替えると良いです。

おすすめの動画配信システム

ここではおすすめの動画配信システムについて紹介します。動画配信システムは数が多いだけに、選ぶ際に悩むのが玉に瑕。そんな人向けにここでは厳選した動画配信システムだけを紹介していますから、参考にしてみてください。クラストリームなどは気軽に使えておすすめしやすいサービスです。

necfru Media Cloud

ネクフルメディアクラウドはとにかくコストパフォマンスが良いサービスです。コストパフォマンスという点では業界一かもしれません。プランも豊富であり、状況に応じて的確に選べます。

AWSパートナーであることも特記しておきたいところ。もしも既存の動画配信システムを使っていて、「コストが高すぎる」と感じた場合にはこちらのサービスに乗り換えてみても良いかもしれません。不要な機能は設けていませんから、シンプルにサービスを使いたいといった場合にも重宝してくるはずです。規模の小さい企業にも良く適した動画配信システムとも言えます。

クラストリーム

クラストリームは真っ先におすすめしやすい動画配信システムの一つです。こちらは株式会社アイビーエルが運営しており、実に利用しやすいことが特徴になっています。業界最大クラスの保存容量を誇るだけでなく、録画映像を早回ししながら視聴できる機能もついています。

セキュリティに特に力を入れており、実に安全に動画共有ができることも利点です。「特定の人にだけ共有したい」といった用途にも最適であり、社内の特別なグループだけに動画を共有するように指定することもできます。無料体験デモも用意されていますから、まずは悩んでしまった場合にはデモ利用から利用を初めてみると良いです。

J-Stream Equipmedia

J-Stream Equipmediaはマルチデバイス対応の動画配信システムです。マルチデバイス対応なこともあり、スマホからタブレットに至るまで、どんな端末であってもサクサク動きます。出先の営業が使うこともある、といった環境下では役立つこと間違いありません。

APIによる外部システム連携対応もなされており、色々な活用もできます。応用性が高いこのシステムは、再生回数などの分析も可能であり、どのような情報が共有されているのか分析するのにも役立ってきます。

ダッシュボードも実に洗練されており、多様な情報を分析して吟味可能です。CDN経由方式を採用していることから、セキュリティ面でも劣ることがありません。動画の解像度も業界最高峰なこともあり、かなりハイエンドな動画配信システムの一つになっています。

viaPlatz

ピアプラッツは企業に特化した映像配信サービスの一つです。説明会や研修のVODを手軽に楽しめるように設計されています。ライブ配信もできるだけでなく、シングルサインオンなどにも対応しています。

他に、動画視聴が終わった後に理解度確認テストやアンケートなどを受けさせて、更に理解力を高めることも可能です。盛り沢山な動画配信システムですが、特に便利なのが視聴者設定機能。

これによって閲覧してほしいグループだけに動画を見てもらうことができます。何よりも導入しやすいシステムですから、迅速に動画配信システムを利用したい場合にも重宝するはず。

millvi

700社以上の導入事例があるミルビィは、多様な動画ソリューションを提供します。例えば、ポータルサイトの構築なども可能です。動画による教育サイトを構築して、社員教育に役立てることもでいます。実際に導入時には導入の手助けもしてくれ、最適な活用方法を実践できます。

高品質な機能も多いことながら、高セキュリティによってしっかりとデータを守ってくれるところも助かるところ。

これまでにミルビィを導入した会社の事例なども、ホームページなどから確認できますから、「導入後にどうなるのだろう」と不安な場合にはチェックしてみることもおすすめでしょう。ブログなどもあってミルビィの最新情報もつかみやすくなっています。

Video Marketing Suite

無料トライアルもあって使いやすいのがこの動画配信システム。ダッシュボードも洗練されており、多様な分析もしやすくなっています。動画の視聴データを分析することによって、ユーザーの行動把握もしやすくなってきます。分析しつつ動画を洗練させていきたいという場合には、この動画配信システムのような分析に長けているサービスを使ってみると良いす。

オプションでBrightcoveAudienceという機能もあり、こちらを用いることによってマーケティングオートメーションと連携も可能です。どのような動画に興味があって、どのように商品購入に繋がるのかといったこともわかってきます。

C-stream

シーストリームは完全クラウドタイプの動画配信システム。ビデオオンデマンドとライブ配信に対応しており、ASPサービスも利用可能です。特にこのASPサービスがあるから、シーストリームを選ぶという人が多くなっています。

拡張現実用映像配信も可能であり、拡張現実によってよりマーケティングをしていきたいという場合にも使えます。セミナーなどにもうってつけですが、やはり社内で情報共有などのために使われるといった用途が一般的です。

ウェブキャスト

ウェブキャストは使い勝手が良いシステムです。インストールしないでも10000人まで同時視聴が可能ですから、社内パソコンに負担をかけることなく利用できるようになっています。

リーズナブルな価格設定も特徴であり、他の業界他社と比べても一際安くなっていることもポイント。無料トライアルもありますので、まずは使い勝手を確かめてみるのも良いでしょう。エンジニアの助けもいらずに分析もできますし、ロゴやスライドなどを動画に自動で埋め込むカスタマイズ機能もあります。

BizDogaPlus

スマホに強い動画配信システムがこちらです。スマホやタブレットで動画を視聴する人が多い場合には、こうしたサービスを選ぶと良いでしょう。拡張現実にも対応しており、工場現場などに取り入れることもおすすめです。

料金プランはスモール、スタンダード、プレミアムからあり、スモールだと2万円から利用可能。ユーザー数の上限は20人です。一方、プレミアムだとユーザー数も100人まで対応数が変わります。これだけユーザ数が多ければ、大企業でも使いやすいところでしょう。

02 STREAM

ストリームは簡単に初められる動画配信システムになっています。誰でも操作できるほどにインターフェイスが使いやすくなっており、ITにあまり強くないスタッフでも対応しやすくなっていることが利点。最大2週間のお試しもあり、「とりあえず試したい」といった場合にもうってつけです。

機能も豊富であり、視聴制限や動画解析ツール、運用ツールなども豊富に利用できます。マルチデバイス対応、ライブ配信可能、トランスコード、ハイセキュリティといった特徴も見逃せないところ。至れり尽くせりの動画配信システムですが、それでいて価格はリーズナブルなので助かります。

動画配信システムまとめ

動画配信システムに関して紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。このサービスはまだまだ新規参入が激しく、新しい会社が毎日のように誕生しています。それだけに最新動向は常にチェックしておくことが大事です。

今回紹介した動画配信システムはどこを選んでも満足してもらえるはず。無料トライアルを設けているところもあるので、気になったらまずは問い合わせしてみるのが良いでしょう。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る