コンテンツマーケティングツールの選ぶポイントとおすすめ10選

コンテンツマーケティングツールの選ぶポイントとおすすめ10選

マーケティング戦略には様々な手法がありますが、近年ではインターネットのサイトを使った手法が主となっています。その中にコンテンツマーケティングという方法があり、サイトの内容を魅力的なものにしてファンになる人が増えるように導く手法です。

そのためには自社のサイトがどのくらい興味を持ってもらえているか、効果があるのかを知ることが重要です。しかし、それを調査して知ることは容易ではありません。そこでツールを活用するという方法がありますが、個々ではそのコンテンツマーケティングツールについて説明していきます。

<h2>コンテンツマーケティングツールとは</h2>

コンテンツマーケティングというのは、サイトの中のコンテンツを多くの人が興味を持ってもらえるような魅力的なものにして、何回も訪れてもらえるようなサイトを作ることで、より多くの人たちに自社のことや商品について知ってもらうようにすることです。

そしてコンテンツマーケティングツールとは、サイトの閲覧者を調査し、どんな層の人が興味を持ってくれているかを分析して、リピーターを増やす方法を教えてくれる機能もあるツールのことです。サイトを作るところからサポートしてくれる機能が付いたものもあり、専門技術で機密にデータ分析をすることができます。

<h2>コンテンツマーケティングツールの選び方、ポイント</h2>

コンテンツマーケティングは、効果が出るまで時間がかかる手法です。魅力的なコンテンツを作って一時期顧客の興味を惹いたとしても、ずっと同じ状態ではリピーターにはなってくれません。そのためには更新をすることが重要になってきますが、長くコンテンツの更新をし続けるためには、使いやすいツールを使うことが大切です。

そのためにはまず、コンテンツマーケティングの目的を明確にしておくことが重要で、例えば企業のイメージや自社ブランドを知ってもらうことが目的なら、ブランドイメージを壊さないようなデザイン性の高いサイト造りができるツールを選ぶようにしたり、実際に購入にまで至るリード顧客を獲得することが目的ならユーザー分析や顧客管理もできるもの、費用を安く抑えてマーケティングを行いたいなら無料や定額で利用できるようなツールを選ぶなど、目的に合ったものを選ぶようにします。コンテンツマーケティングツールを選ぶときには、これらのような目的や会社内の状況を社内でしっかりと確認しておくことも大切です。

おすすめのコンテンツマーケティング

では、それぞれの目的に合ったコンテンツマーケティングをいくつか紹介します。

<h3>モバリスト</h3>

モバリストは、ソーシャルメディアサービスやシュアリングエコノミーなどの事業を行うことを目的に1999年に設立された「株式会社ガイアックス」が運営していて、ブランドイメージやコンセプトなどに応じて最適なコンテンツを提案し、オリジナルなコンテンツを新規に制作します。

1200社以上のサイトを作ってきたという実績を持っているのでそのノウハウを生かして占いや診断、ゲームやレシピ、天気など毎日見たいと思えるようなコンテンツを提供し、アプリやメルマガを閲覧する人を増やしたり会員退会率の低下などに効果を上げているコンテンツマーケティングツールです。

<h3>iZooto</h3>

iZootoはWebマーケティングやインターネットメディア事業を行うことを目的に2009年に設立された「株式会社アッション」が運営していて、iZootoのコンテンツマーケティングツールは国内で330社が導入しています。VWOというABテストツールを用いていて、URLをたくさん作成しなくても一つのURLで簡単にABテストができます。

ABテストとは、広告バナーやサイトのデザインなどが最適かどうかを診断するテストです。VWOを使うのにプログラミングの知識は不要で、指定のタグを入れて後はブラウザ上でレイアウトなどの変更ができます。

また効果があったパターンが一目でわかる機能もついているので、サイトは担当者が一人でも最適化することが可能です。さらにサポートに上限がなくサブアカウントも上限がないなどサポート体制も充実していて、10万円からという低価格で提供しています。無料トライアルもあります。

noticious

noticiousはワンクリックでオプトインができ、登録率も開封率もメールマーケティングよりも3倍から5倍と高い確率となりストレスを感じさせません。webブラウザでプッシュ配信をするので、アプリのない企業からも配信ができPCに対してもできるようになっています。

配信は顧客がどのブラウザのページを見ていても送信ができ、またスマホの待ち受け画面にも送信が可能です。送信方法も簡単で顧客ごとの設定をすることができることや、スマホだけパソコンにだけと配信を分けることで不要なプッシュを避けることができるなどの特徴があります。

実際に顧客が購入するコンバーションまでを追跡したりキャンペーンがうまく出来たかを調査する機能や、ビジネスユース前提にできていることが強みのコンテンツマーケティングツールです。

サグーワークス

サグーワークスは13年の実績を持つウィルゲートという会社が運営する記事代行サービスで、SEOに効果のある品質の高い記事を提供しています。多数のライターが登録していて、依頼された企業の記事を書くという仕組みですが、「簡単な記事で良いのでたくさん欲しい」とか「実力のあるライターに高品質な記事を書いてもらいたい」など企業からの依頼に応じてそれぞれのレベルに合ったライターが記事を書き、記事のレベルに応じて文字単価も変わってきます。

実力のあるライターとは一定のテストに合格した「プラチナライター」で、単価は高くなりますが高品質な記事やコラムなどを書くこともできます。作成された記事は承認担当者が確認して、ライターへの的確な指示を出すディレクターが品質や納期を調整し、これまでSEO・コンテンツマーケティングツールとして活躍してきたサイトです。

LeadGrid(リードグリッド)

LeadGrid(リードグリッド)は、2017年に設立された「株式会社GIG」が運営していて、サイトの作成から運用、それに見込み客の獲得までサポートするコンテンツマーケティングツールを提供します。

無料で利用できるMAを有効に活用し、有料のMAと変わらないような機能が使えるようになっています。そのMAは世界で52もの言語に対応でき8万社が導入しているほど実績があるコンテンツマーケティングツールです。またLeadGrid(リードグリッド)では、企業の公式アカウントを友達追加するだけで登録ができ、インストールもストアへの登録作業も不要なアプリを開発することも事業のひとつです。

dino

dinoは、コンテンツマーケティングの中心となる自社メディアを作るためのクラウドやネットワーク、ネイティブアドサーバーなどを提供することを事業目的として2012年に設立された「株式会社リボルバー」が運営するサイトです。

コンテンツ内の検索機能を強化したり、サイトの訪問者が今どの位置を見ているかということで迷わないためのパンくずリストを基本機能にしたり、独自のエディターで記事の投稿が簡単にできたり装飾ボックスを使いやすくするなどの特徴を持ったコンテンツマーケティングツールを提供しています。

会員制のメディアや月額課金制のサブスクメディアの構築や運営においても支援しているサイトです。

Writing Works

Writing Worksは、2020年3月に設立された株式会社Writing Worksが運営していて、たくさんのコラムでコンテンツマーケティングについてわかりやすく解説されていて楽しく学ぶことができ、記事の企画やクラウドソーシングを依頼できることがサービス内容です。

ほかの業務で忙しすぎてサイトのコンテンツまで手が回らないという場合や限られた予算内でコンテンツマーケティングをしたいという企業からの依頼を承っています。

e-Distribute

e-Distributeは、2014年から始まった電子コンテンツサービスのリーディングカンパニー「PressPad」が運営していて、誰でも使える高度なデジタル配信サービスを提供しています。

e-Distributeのサービスとしては、月額49,800円の定額制でスマホもPCも使えてビデオ配信ができ閲覧制御もかけられる機能があります。ユーザー数の制限はなく何人にでも配信ができ、コピーや印刷の防止機能もついていて、フリーペーパーの公式サイトでも配信ができます。稼働開始は3日後と早く追加設備も専任者も不要で、社内情報配信に使うことも可能です。

サムライト

サムライトは2013年に設立されたサムライト株式会社が運営していて、効果にこだわる専任チームがコンテンツマーケティング事業を行っています。メディア設計やサイト制作、コンテンツの企画や制作、SEOによる集客をサポートするなどマーケティングに必要なサポートをする企業です。

ソーシャルメディアを使ってユーザーの行動に合ったアーンドメディアを実現したり、web広告やディスプレイ広告などを使って成果を高めます。またオンラインコンテンツを使った見込み客の獲得や既存の顧客との関係を深めるためのサポートサービスも行います。

e-Store

e-Storeは、日本中をwebショップだらけにしたいという思いで、1999年に設立された株式会社Eストアが運営していてコンテンツマーケティングツールを提供するサービスです。

新規の顧客を集客するよりも既存の顧客を大切にしリピート数を増やすということに重点を置き、また「EC強化と人手不足の解決」を目的とし、ECの店舗を主にサポートしています。クライアントの問題解決ができるようなコンテンツマーケティングツールや商品を提供することを使命とする会社です。

コンテンツマーケティングまとめ

現在はインターネットが発達しパソコンやスマホを使って商品を購入したり、実店舗で購入するまでにも商品について調べてみたりする時代です。

その時に顧客が利用するのがそれぞれの商品やサービスを提供しているサイトになりますが、サイトを見た時にレイアウトや専門用語だらけでわかりにくかったり見づらいサイトなら見る気も起らず、ましてや商品やサービスの購入まで至らないのが消費者の心理です。見やすくわかりやすいサイトならじっくり見てみて、購入の検討までたどり着く可能性があります。

またどんなサイトであってもいつみても同じではリピート訪問する気になれないので新しいコンテンツができていたり、内容を新しいものに更新することは大切です。しかし企業も他のことで忙しければサイトの運営や頻繁な更新は大変なので、そんな時にコンテンツマーケティングツールを導入してみると良いでしょう。

コンテンツマーケティングツールを提供するところはいくつかありますが、いくつか紹介したように、それぞれの会社には記事に特化しているとか簡単にレイアウト変更ができるなどの特徴があるので、自社の目的に合ったものを選ぶことや長く更新し運営し続けるためにも使いやすいツールを選ぶことが大切です。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る