ビッグデータ解析によるブランド調査・エリア調査の最新手法「ソーシャルコンセプトマップ」

ビッグデータ解析によるブランド調査・エリア調査の最新手法「ソーシャルコンセプトマップ」

資料の特徴

  • 仮説を立てにくい段階でも潜在的なニーズを掘り起こすことによって仮説構築や、改善策の検討に繋げられる

こんな方にオススメ

  • 経営者

資料の概要

近年、企業を取り巻くビジネス環境が厳しさを増すなか、製品開発や営業活動などをサポートする手法として様々な調査手法が存在します。
Webアンケートやミステリーショッパー、出口調査、グループインタビューなど、目的に応じて活用している企業も多いと思います。

しかし、このような調査手法は“仮説”を予め持っていれば十分活用できるのですが、今の時代「そもそも何をすれば良いかわからない」と、仮説を設定することが難しいケースが多くなっています。

また、これらの調査手法は、適切な解を出すためには、調査設計、分析を行う人間のスキルやノウハウに大きく依存します。
現状、十分に活用できている企業は多くないのが実態なのです。

そこで本資料では、成熟化・競争激化が浸透する市場で、抜本的な打開策や改革案を検討する企業に新時代の調査手法「ソーシャルコンセプトマップ」をご紹介します。

閉塞市場を切り拓く革新の調査とは何なのか?
日本企業がいま、もっとも知りたい問いへの答とは?

これからのマーケティングリサーチの最新手法を、ブランド調査、エリア調査の具体的な調査事例付きでご紹介します。

関連資料

売れるヒントはインフルエンサーの意見にあり!半歩先の商品開発・商品展開するための最新マーケティング

企業情報

企業名:株式会社プラスリード
代表者:齋藤 健太

会員限定!500以上の資料を無料ダウンロード可能

会員登録(無料)

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る