【成果報酬型】BtoB法人リード獲得支援サービス国内最大規模1,000万人ビジネス層DBにリーチ可能

material image
PROFESSIONAL PORT
企業名 : 株式会社まーけっち 最終更新日 : 2022/04/07

PROFESSIONAL PORT サービス概要

PROFESSIONAL PORTとは、
”リード数不足”と"受注率の低下"を解消できるサービスです。

・国内最大規模1000万人"20媒体以上" ユーザーデータベース
・150万人の決裁者、経営層、企業担当にリーチ可能
・独自の決済層コミュニティ構築 / BtoBメディア・コミュニティとの連携
・大規模ネットワークのため、一般的なビジネス層と近い属性構成に
・多様な業種の決済層にリーチ可能(役職者30%程度)

なぜ決裁者層がアンケートに回答するのか?
・業界の最新動向やマーケティング戦略についての情報収集
・インタビュー協力は、自身の思考整理になる
・成長企業の調査内容、設計を知りたい
・友人の経営者もアンケート回答やインタビュー協力を行っているため

下記のような課題を解決できます。
①リード獲得数の不足
・コロナによるオフライン施策の中止
・テレアポやDM不達
・電車やタクシー広告などのリーチ数減少

②受注率の低下
・対面営業減少による伝えられる情報の減少
・提案に対する費用対効果の厳格化
・顧客情報が得にくい
 ...対面施策の減少により、顧客獲得と受注率の課題が高まっている

③集客不足
・展示会が中止/集客悪化
・セミナー/集客悪化
・ウェビナーの集客激化

PROFESSIONAL PORT サービスのポイント

アンケート型プロモーションだからできること
①動画やLP誘導で大規模&深く認知
②強い興味喚起潜在課題の顕在化
③戦略データ詳細なリード情報も!

他の営業/マーケティング手法との違い
・課題に合わせてアンケートの質問やデータ活用可能
・大規模アンケートデータを無償提供。
・決裁者のリード情報を成果報酬でご提供

PROFESSIONAL PORT サービスの導入実績

事例紹介 (新規ユーザー/リード獲得施策)

▼クラウド型SaaS提供企業 S社 新規開拓担当 O様                                
・中小企業の経営者~正社員まで8.7万件のリーチと、リード獲得で1,196件を獲得
・従来の施策に比べてCPA大幅減
・リードからのアポ取得割合が従来の倍に                
※サービスに興味がある方の「お名前、電話番号、メールアドレス、会社名、部署名」を獲得

成果
 リーチ:87,032件
 サービス認知(アンケート獲得):37,923件
 獲得リード数:1,196件
 ※うち経営者・役員が61.2% (732件)   

ターゲット
・年齢:20歳~
・性別:男女
・職業:経営者~正社員
・従業員数:200名以下                                

取得データ
・導入しているITツール
・導入理由
・情報接触元の把握
・経営に関する情報収集メディア
・コロナウイルスの支援制度に関する理解度                     

PROFESSIONAL PORT こんな方にオススメ

  • 経営者
  • 役員
  • 広報
  • マーケティング担当者

PROFESSIONAL PORT プラン・料金

【スタンダードプラン】
初期費用:50万円
・アンケート設計サポート
・アンケート画面作成
・アンケート配信
・アンケート回収

成果単価:10,000円〜
※商材によって成果単価は変動

【サブスクリプションプラン】
▼費用
6万×12ヶ月=72万の1年プラン
10万×6ヶ月=60万の6ヵ月プラン

▼リード獲得単価(オプション)
 5,000円/件〜
※別途、費用がかかります

▼プラン内容
・御社のサービスや商品、会社や事業内容のプロモーション(認知拡大)をアンケートにて配信します
・8問の設定でアンケートを3回配信可能
3000人✖︎3回=約9000人に認知拡大が可能

会社概要

会社名:株式会社まーけっち
代表者名:山中 思温
住所:〒105-0022 東京都港区海岸1-4-22 SNビル
資本金:15,000,000円
従業員数:5名
設立日:2019年1月15日

代表は、自身や大手メーカーなどへの事業支援を通じて、適切な顧客/ユーザデータが得られないことで適切な改良ができず、数億~数十億の損失に繋がる課題を痛感。

リサーチや検証への投資がしにくい日本でも新規顧客・ユーザーを費用対効果を明確に獲得しながら顧客ニーズをしっかり明確化し、戦略に活かせるようにプロモーションリサーチという手法を考案。
貯金のすべて1,000万円を投じ、創業。