Pマーク取得は、マイナンバー対策だけでなくBtoB取引売上拡大にも重大な効果を!社労士・経営者必見!

Pマーク取得は、マイナンバー対策だけでなくBtoB取引売上拡大にも重大な効果を!社労士・経営者必見!

サービスのポイント

  • Pマーク取得が中小企業の売上を増大する“秘密兵器”である理由
  • “BtoB取引でこそ活きる”Pマーク取得“のススメ
  • Pマーク業者選びのポイント

ターゲット

  • 経営者
  • 社労士(社会保険労務士)
  • 総務担当者

資料概要

マイナンバー制度が施行され、個人情報取扱いへの信頼性が社会的に高い証である「Pマーク」取得の重要性が一層高まっています。

企業は社員・家族のマイナンバーを取得する必要が生じます。
マイナンバーが漏洩すると、これまでとは比較にならないほどのリスクが発生するため、Pマーク制度では、マイナンバーを取得した業者に対し、審査においてその取扱いの確認を行うことで対策を講じる予定です。
このような背景の下、社会的にも個人情報を安全に取り扱っている信頼性の高い企業であると認められるためには、ますますPマークを取得する重要性が高まっているのです。

このようにリスクマネジメントに貢献するPマーク(プライバシーマーク)ですが、実は企業の売上拡大にも重大な役割を果たすのです。

当資料では、Pマークの基礎から取得の流れまでを徹底解説!
Pマークを取得することが企業間取引においてなぜ有効となるのか?
Pマークを取得するためにはどうしたら良いのか?

安定成長を続けてきたが、あと一歩が越えられない企業を担当する社労士や経営者必見です!

弊社サービスご利用事例

事例①不動産業 初回ヒアリングから取得まで7ヶ月、9回訪問
複数の営業所と支社を抱える体制の中、ユーピーエフが個人情報の種類の洗い出しから書類作成などをはじめとして全面サポート。
⇒取得そのものが社内環境の整備につながった。

事例②システム開発 初回ヒアリングから取得まで6ヶ月、4回訪問
自社での環境構築や取得準備が非効率だったことで、早期で手間をかけずにPマーク取得を希望していた。
⇒ユーピーエフのサポートにより、予定より早めの取得が手間をかけずに実現。

企業情報

企業名:株式会社ユーピーエフ
代表者:仲手川 啓

会員限定!500以上の資料を無料ダウンロード可能

会員登録(無料)

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る