マーケティングで活用できるebookの作り方とポイント

最終更新日 : 2020-05-25 Box

商品を販売するための手段として、多くの企業に注目されているのがebookです。販売する商品の魅力を、商品を購入してほしい消費者にわかりやすく伝えることができます。

ここではebookに興味を持っている人や、今まで知らなかった人のために、このコンテンツがどのような特徴を持っているかについて詳しく紹介します。ホワイトペーパーとebookの違いを読めば、より具体的にこのメディアの魅力を知ることができます。

従来の商品広告にはなかったメリットを生かし、ポイントをおさえた作り方をすることで、より魅力的なものに仕上げることが可能です。構成や内容、印象付けるためのポイントについてもあわせて紹介します。

ebookとは?

ebookとは、商品やサービスを販売している企業が、商品やサービスの魅力を消費者にわかりやすく伝えるための手段として活用できる、電子書籍のことです。電子書籍一般のこともebookと呼ばれていますが、ここでは商品などの宣伝に使用する電子書籍のことをebookと定義します。

ebookは、インターネットの普及前に企業が製作した、製品のパンフレットの電子版と定義することもできます。紙に印刷しなくても製品の魅力を消費者に伝えることができるので、多くの企業が販売活動に利用しています。電子書籍なので、電子メールに送付して送ることもでき、ホームページにアクセスした顧客が簡単にダウンロードできることも、紙のパンフレットにはないメリットです。

ホワイトペーパーとebookの違い

ホワイトペーパーとebookは、どちらも商品を販売するために用いられる参考資料という意味で共通していますが、その性質には若干の違いがあります。ホワイトペーパーは事業者が他の事業者のために送る参考資料であることに大きな特徴があり、客観的なデータに基づいた商品の魅力が記載されています。

それに対してebookは、主に消費者をターゲットにしていることが大きな特徴で、ホワイトペーパーよりも多くの人に読まれるという前提のもとに製作された資料です。ホワイトペーパーは企業向けのものであるために、硬めの文章やグラフが多く使用されていますが、ebookは一般の消費者向けなので、グラフィックなどを多用して、よりわかりやすく商品の魅力を伝えています。

ebookを提供するメリット

ebookを提供することは、製品やサービスを販売する企業にとってもさまざまなメリットがあります。一番大きなメリットは、商品を購入してくれる可能性の高い顧客に対して、商品の知識に関する教育が、事前にできることです。

顧客が製品に興味を持ってくれても、実際にどのような機能を持っている商品なのかがわからなければ、より強い関心を持ってもらうことはできませんが、顧客に前もって資料を提供しておくことで、商品に関する知識をしっかりと伝えることが可能です。

商品に関する知識を顧客が熟知していれば、商談をする場合にも、わざわざ詳しい説明をする必要もなく、具体的な取引の詳細から話を進めることができます。提供する相手によっても影響力は異なっていて、より真剣に商品に関心を持っている人ほど、提供されたebookをしっかりと細かいところまで読んでくれます。

このような商品に対する関心の強い顧客を引き付けることができることも、ebookを提供することのメリットです。商品の専門的な魅力をアピールできることも提供するメリットで、グラフィックなどを多用して、消費者にもわかりやすく商品の専門性を説明することで、顧客から商品や企業に対する信頼を獲得することができます。

ebookの作り方とポイント

製品の販売のために効果的なebookを作成するためには、ポイントをおさえた作り方が大切です。読んでくれる消費者にわかるように商品の魅力を伝えるためには、コンテンツの目的や課題の解決なども、しっかりと検討する必要があります。

コンテンツの目的を考える

効果のあるebookを作るうえで、まずしなければならないのが、コンテンツの目的を考えることです。この場合のコンテンツの目的とは、ebookを提供した消費者に、具体的にどのような行動をとってほしいのかを、あらかじめ決定しておくことです。

資料を読んで消費者に興味を持ってもらうことや、企業に問い合わせのメールをしてもらうことも、コンテンツの目的になります。製品の選び方を教えることも、コンテンツの目的の一つです。具体的に顧客にどのような行動をとってもらいたいかを事前に確認しておくことで、販売活動の目的に合ったebookを作製することができます。

顧客の課題に対する解決があるか

ebookの内容を決めるうえで検討しなければいけないのが、顧客の課題という視点です。顧客がebookを読んで商品の内容をより具体的に知ろうとするのは、製品の特徴を知ることで、自分のために役立てることができるかどうかを確認したいからです。

顧客は、それぞれ悩みや問題を抱えて特定の商品を探していますが、自分の抱える課題を解決できる商品かどうかがわかるのがebookのメリットです。資料を詳細に読み込んで、具体的な商品の仕様や性能を熟知することで、自分の抱えている課題を解決するためにふさわしいものかどうかを、自分で決めることができます。

見出しだけわかりやすいものを作製しても、中身が顧客の抱える課題の解決にならなければ、顧客は商品に興味を持ってくれなくなるので、提供したことが無意味になってしまいます。

ebookの構成や内容

ebookの構成や内容をしっかりと決めることも、商品に対する関心を消費者に持ってもらうためには大切なことです。全体の構成を決める際には、伝えたい内容を順番に並べるのがポイントで、消費者が文章を読んだ時に、商品の魅力を理解しやすくなります。まず一番初めに記載しなければいけないのが、具体的な問題の提起です。

問題の提起のためによく使用されているのが、「このような問題を抱えている人はいませんか?」という消費者に対する問いかけです。具体的な内容の問題を提起することによって、特定の問題を抱えている消費者が読んだ時に、強い関心を持ってもらえます。

この問題提起の部分が失敗すると、その後の内容を読んでもらえない場合もあるので、書き出しは非常に重要です。その後、具体的な解決方法として商品の活用方法などをとりあげ、さらになぜそれが問題を解決できるかを具体的に説明すれば、さらに商品の魅力をアピールすることができます。

印象づけるポイント

ebookを読んだ消費者に、製品に対する興味を持ってもらうためには、印象に残るような内容にすることも重要なポイントです。タイトルの決め方も商品を印象づけるためには重要で、製品の魅力を簡潔に伝えられるようなタイトルであれば、顧客の印象にも残りやすくなります。ただ単に商品の名称を記載しただけのものよりも、製品のメリットなどを短くまとめた文章を一緒につけたほうが、ebookには効果的なタイトルです。

表紙なども強い印象を残すためには大切な部分で、特に見る意識がなくても表紙のインパクトが強ければ、顧客が中身を読んでくれる場合もあります。製品を購入してくれる可能性のある顧客の信頼を勝ち取るためには、ebookを作製した人の写真を一緒に掲載することも効果が期待できます。

文章以外の情報を多く掲載することも、印象に残るものを作るためには大切なことで、データや製品のイメージをグラフィックで表すことによって、文章を読むのが苦手な人にもしっかりと製品の魅力が伝えられます。

印刷された時のことを考慮する

ebookを作製する際には、印刷された時のことをあらかじめ考慮しておくことも大切です。ebookをダウンロードした人は、パソコンのモニターなどで中身を確認することが多いですが、人によっては、プリンターで印刷して内容を検討する場合もあります。

パソコンのモニターで読んでもらえることを前提にして作製されたものの場合、プリンターで印刷してしまうと、思わぬ不具合がでる場合もあるので、提供する前に自分で実際にプリントしてみて、印刷の具合を確かめておいたほうが最適です。ebookを作製する際にはA4サイズの紙に印刷できるようにレイアウトしておけば、顧客がプリントする際にも非常に便利です。

プリントされた文章を読みやすくする工夫も大切で、適度に改行を入れておけば、紙に印刷された長い文章も読みやすくなります。ページ数なども一緒に記載しておけば、複数の紙に印刷する場合にも、読む順番が簡単にわかるので便利です。

ebookまとめ

ebookを作製することで、企業が販売している製品やサービスの売上げ向上に役立てることができます。ebookはインターネットからも簡単にダウンロードできる電子書籍で、製品の魅力を消費者にわかりやすく伝えることができます。似たようなものにホワイトペーパーがありますが、ホワイトペーパーは主に企業が他の企業に提供するものであるところに、大きな違いがあります。

ebookを作製する場合には、読んでくれる消費者に対して高い効果が期待できる内容のものを作る必要があり、コンテンツの目的を決めることも欠かせないことです。顧客にとって課題が解決できるかどうかも記載すべき製品情報で、全体の構成も顧客の関心を高めるうえで大きな役割を果たします。

Twitter Facebook Bing