広告効果を上げるためのデモグラフィックターゲティングとは?

最終更新日 : 2020-07-27 Box

マーケティング部門でウエブ広告を担当することになった、こんな方にはデモグラフィックターゲティングの運用を検討する機会が多くなるはずです。

GDN(グーグルディスプレイネットワーク)を活用すると、リーチするユーザーの数は膨大です。他の広告手法と際立った理由は検索エンジン・グーグルと提携するアプリやウエブサイトの数が、他の広告プラットフォームに比べて圧倒的に多いからです。

ところがリーチするユーザーを無制限にするとCPA(成果単価)が高額になりがちです。このような問題意識の元に実用化されえたのが、デモグラフィックターゲティング。

デモグラフィックターゲティングとは、検索ユーザーの年齢や性別(ユーザー属性)を絞り込んでマーケティングする広告手法のことです。

デモグラフィックターゲティングとは?

デモグラフィックターゲティングとは、年齢や特性などに応じてリーチする対象を限定するウエブマーケティングの手法のことです。GDNにおいては、数多くのユーザーに広告を届けたいというニーズと、CPAをいかに安くするのか、のベクトルの異なる要請を調和させてCVにつなげるための最適解を探ることが必須です。

デモグラフィックターゲティングを活用すれば、ユーザー属性に応じて、CVを見込めるユーザー層を選別することが出来るので、必要以上に配信するユーザーの数を抑制しながら、CVアップにつなげることが出来るのでCPAを下げることになり結果的に、コストに見合ったリターンを期待することが叶います。CVの見込みが低い層を排除できるからです。

ユーザー属性の仕組みとはどうなっているのか

デモグラフィックターゲティングはGDNにおける年齢や性別などのユーザー属性を活用して実践します。具体的にデモグラフィックターゲティングで使用するユーザー属性は、生別(男性・女性・不明)や年齢(18-24歳から35-44歳・65歳以上・不明など概ね10歳刻みの7つのカテゴリー)などです。

そもそも検索エンジンのグーグルでは、ユーザーの検索履歴やアクセスしたウエブサイトなどの検索ユーザーの行動を把握し検索順位判定などに活用しています。そのため、これまでのユーザーの検索履歴を分析すれば、対象ユーザーの属性情報を識別できます。

またグーグルでは行動履歴に加えて、一部のソーシャルメディアから提供されている情報も活用してユーザーの属性情報を識別しているそう。グーグルのユーザーは膨大な数に上るので、その識別結果はかなり信頼性が高いと評価できます。

デモグラフィックターゲティングのメリット

それではデモグラフィックを活用することのメリットには何があるのか。まずユーザー属性を踏まえてデモグラフィックターゲティングを実践すれば、自サイトの顧客対象に近いセグメントを選択すれば効率的に広告をユーザーに届けることが出来るのがメリットです。

そもそもGDNではユーザー属性を絞り込まない場合、大量のユーザーに広告が届きます。しかし自サイトがターゲットに想定していない層にリーチしても、売上や問い合わせなどのCVにつながることを期待できません。

CVを見込めないユーザーに広告をクリックしてもらったところで、無駄な広告費用がかさむばかりです。この課題に対して、デモグラフィックターゲティングを活用すれば自サイトのターゲットに属性を絞り込むことで、無駄なコストなどの問題克服を期待できます。

ターゲティング広告とはなにか、その意義について

ウエブサイトを閲覧していると表示されるインターネット広告の数々。テレビ広告との大きな違いは、広告を見たのか・クリックの有無などの反応を取得できることです。しかし漠然と広告を出していても最終的に広告自体を目の当たりにしても、クリックするのか、はたまたその先のコンバージョンにまでつながるかは不透明といえます。

よりユーザーの積極的な反応を得るために、自サイトが提供する商品やサービスなどの広告に興味をもつユーザーを対象に広告を配信したい、そんなニーズを実現するのがターゲティング広告です。

新商品や新規サービスを喧伝するために、デモグラフィックターゲティングをはじめ、インターネット広告はかねてより幅広い分野で実践されてきました。

その他のターゲティング広告の手法

新商品を販売するために、広告を活用することは一般的に実践されてきています。ただインターネット検索が普及したことで、獲得できるユーザーの数が飛躍的に増加したため、デモグラフィックターゲティング以外でも、ターゲティング広告が登場し、裾野がひろい展開を見せています。

サイトターゲティングについて

サイトターゲティング広告とは、特定のサイトに限定して、広告を配信するという手法です。

それぞれのウエブサイトには、当該サイトを訪問するであろうと推定される属性をもつユーザーに向けて相性のいい広告を表示できるのがメリットです。

サイトの主な属性(男性向けや女性向け・スポーツ・ファッション)などの、カテゴリーが1つに絞ることが出来る場合に有効なマーケティング手法といえます。訪問ユーザーの属性が際立っているので高い訴求効果を見込めます。

コンテンツターゲティングについて

コンテンツターゲティンングとは、各ウエブサイトのコンテンツ(テキストや画像など)の属性に連動した広告を配信すると言う手法です。ウエブサイトが複数のコンテンツで構成されている場合に、それぞれのコンテンツを参照しているユーザーに向けて各コンテンツに対応した広告を表示できるのがメリットといえます。

自サイトが複数のコンテンツを公開していて、サイト単一ではなくコンテンツ単位でユーザーの属性が変化をみせることが想定される状況で有効なマーケティング手法です。

検索連動型広告とは何か、リスティング広告の別名も

GoogleやYahooなどの大手検索エンジンで、検索ボックスに入力されたキーワード(検索クエリ)をもとに関連する広告を表示するという手法です。キーワードターゲティングやリスティング広告との異名もあります。クリック数に応じて広告費用が発生するのでコストが嵩むのは確かです。

しかし検索連動型広告では、特定のキーワードで検索するモチベーションの高い検索ユーザーに向けて広告を配信するので、高い集客効果を見込めます。

行動ターゲティングとは何か、その意義を確認

行動ターゲティングとは、インターネット上でウエブサイトを巡回する検索ユーザーの行動履歴を分析し、興味や関心が高いと推測される広告を届けるという手法です。検索ユーザーの行動履歴はCookieから取得されます。

特定のジャンルに高い興味をもつユーザーに対して広告を配信できるのがメリットです。しかし特定のジャンルに限定されるため広告表示されるターゲットが少なくなります。そのため特定のユーザーに訴求したいときに有効なマーケティング手法です。

デモグラフィックターゲティングをより使いこなすために

デモグラフィックターゲティングを初めとした色々なターゲティング広告の手法を御紹介してきました。今後のウエブマーケティングにおいて、ますます重要性を増していくものと考えられるのがデモグラフィックターゲティングです。

今後課題となるのは、デモグラフィックターゲティングをよりうまくつかいこなして、活用することにあります。

それではデモグラフィックターゲティングを使いこなすためのポイントはどこにあるのでしょうか。

デモグラフィックターゲティングの特性は、リーチするユーザー数を絞り込めることです。しかしこの特性は同時にインプレッションが減少するという側面もあります。インプレッション数が減少すると、機会損失が生まれるので、コンバージョン獲得のチャンスも減ることに。

そこでユーザー属性を絞り込むと同時に、入札単価をカスタマイズし不明カテゴリーの活用を図ることがポイントになります。具体的にはメインターゲット層意外を全て排除するわけではなく、他のターゲット層にも入札単価を低くして配信することでバランスを取ることが可能です。

さらに検索ユーザーなのか不明の層に対しても、ウエブサイトの運用の良し悪しに応じて入札単価を調整するという対策を組み合わせます。

デモグラフィックターゲティングまとめ

新商品や新たなサービスを提供したり、既存商品ラインナップの売上の底上げをはかるために広告をうつ、という手法はインターネットが普及する前から実践されてきました。しかしインターネットの普及を機会にマーケティングを巡る環境は激変しています。

従来では想定できないほどのユーザーが広告対象として登場することになったからです。ただ対象を限定しないと、広告費用がかさむことが問題視されてきました。このような事情を背景に登場したのが、デモグラフィックターゲティング。

今後のウエブマーケティングにおいて、ますます重要性を増していくものと考えられます。デモグラフィックターゲティングを活用すれば、ユーザーの属性を絞り込み費用に見合ったCVのチャンスがひろがります

Twitter Facebook Bing