【2020年最新】採用管理システムを選ぶポイントとおすすめ10選

最終更新日 : 2020-10-26 Box

昨今様々な採用管理システムが開発され手利用できるようになってきました。

採用担当者にとってリクルートプロセスの工数の多さやリクルート業務の負担は大きな課題でした。採用管理システムを利用すると、データなどを一元管理することができ、よりシンプルな方法でこのような業務を行っていくことが可能になります。

そこで、採用管理システムとはどのような特徴があるシステムで、導入するとどんなメリットが得られるのかということや、どのように選ぶのがよいのかという点などについて詳しくご紹介しましょう。

そして、担当者の課題を解決するのにおすすめの採用管理のシステムについても、いくつかの具体例を挙げながらこれからご紹介してみたいと思います。

採用管理システムとは?

採用管理システムはクラウド上などで提供されているリクルート業務に関するシステムで、求人募集や応募受付、応募者との連絡調整というプロセスの効率化が図れます。

システム画面でリクルートの状況に関連する情報が一括管理できるので、採用業務作業の効率化を図れたり、採用力強化のための選考情報の蓄積を分析できるなどのメリットがあります。

例えば、応募件数や応募者のデータ参照から面接日時等の調整や応募者とのメールのやり取りといった手続きもシステム上で出来、人材紹介会社とのやりとりを頻繁に必要があるのでこうした作業にかかる手間などをもっと少なくしたいという場合や、どの流入経路が内定率が一番高くなっているのか知りたいなどの場合に便利です。

採用管理システム導入のメリット

採用管理システムを導入したり使用する場合には具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか?

この点については、まず挙げられるメリットとして、リクルート業務での工数を削減することが可能ということがあります。エクセルなどを用いるリクルート業務と比べると、採用管理システムを用いる一番大きなメリットが採用まで一元管理を行うことによる業務工程数の削減です。

二つ目のメリットとして挙げられるのが、情報の属人化や人為的なミス防止につながるという点です。社内で選考情報を共有できるので、情報の属人化防止が可能であり、情報の言語化や数値化を社内で情報共有できます。

その結果、最初のメリットとも関連していますが、担当の工数減や負担減につながる点がメリットです。

採用管理システムの選ぶポイント

よりよい採用管理システムの選ぶポイントについて3点ご紹介しましょう。

まず1点目のポイントとしてはいかに初期費用を抑えられるかという点です。

たとえこのシステムを導入して工数削減を図っても、初期費用が高ければコスト減のメリットが少なくなります。

2点目のポイントが企業規模に適しているかという点です。

どんなに良い採用管理システムを選んでもその企業規模にミスマッチな状態だと、効果は少なくなってしまうでしょう。

プランやユーザー数が自社の状況に合わなければ、追加で機能購入などが必要となり余計な手間やコストがかかってしまうでしょう。

3つ目のポイントは操作性や連携機能は十分かどうかという点です。例えば操作方法を問い合わせる場合にはそれだけ時間的な無駄が発生します。

おすすめの採用管理システム10選

採用管理システムを用いると担当者の工数削減や負担減などにつながるメリットがあります。

最近ではこうした管理システムに対するニーズの高まりから様々なものが出ています、そこで、その中でもおすすめの採用管理システムをご紹介しましょう。

HRMOS

HRMOS採用は、1つのシステムで業務を効率化でき、情報共有が安全で簡単になるなどのメリットがある採用管理システムです。

他にも、データでの戦略的なリクルート活動ができ、業務がアナログで可能というメリットがあります。

例えば、リクルートプロセスにアナログなので時間がかかるという課題や採用についての情報の点在や活動の振り返りが難しいという悩みなどがスタッフにある場合、HRMOS採用を導入するとこうした悩み解決にアプローチでき、一つのシステムによって業務の効率化を図ることができるなどのメリットが得られます。

そのため、より戦略的なリクルート活動を展開でき、業務がアナログでOKという利点が得られていきます。

SONAR

SONARはどのような採用も見える化や自動化できるといった特徴がある採用管理システムで、新卒や中途採用の一元管理がで可能であったり、煩雑な業務を可視化させたり自動対応をさせることで効率化を図ることができるなどのメリットがあります。

さらに、リアルタイムでリクルート状況を直感的に知ることができるのでわかりやすいですし、募集要項の作成や複数エージェントへ募集公開もびっくりするほど簡単になります。

併せて、応募者情報を1つ所で管理出来て、必要な資料を探すのも簡単です。

また、1日のうちにたくさんの行事が計画されているときも、全部自動的に処理してもらえるので、応募者の方としっかりと向き合える時間ができるのもメリットです。

ジョブカン採用管理

ジョブカン採用管理は募集から内定までこれ一つでOKというリクルートの新定番的な採用管理システムです。

この採用管理システムは、人が集まってこない、候補者の管理がしきれない、活動の振返りができないという担当者の方の悩みを減らすことができます。

ジョブカン採用管理は、応募者を獲得するところからリクルートの決定まで一元管理できるサービスで、シンプルで使いやすく、業界最安値クラスの料金設定や10種類以上の求人媒体と連携しているといった特徴があり、利用登録が1分で完了というとてもシンプルな方法で利用スタートでき、すぐ30日間の無料お試しができるというメリットなどがあるので、導入のしやすさという点もメリットがあります。

next≫

next≫はLINEで加速させる採用活動を行うことができるという大きな特徴がある管理システムです。

昨今では学生の多くがLINEを使用しています。next≫を使用するとリクルート活動で学生とのコミュニケーションが全てLINE完結できるというメリットがあり、応募者の増加や内定辞退者減などのメリットが得られるといわれる採用管理システムです。

このシステムはこれまでのメールなどの連絡方法と比較すると、メッセージ開封率が高くスピーディなリクルート業務を行うことが可能です。

さらに、学生情報データベース機能もあり、管理機能が充実しているという特徴もあります。

LINEにしかできないコミュニケーションを採用に取り入れ、LINEと採用管理ツールのタイアップ効果が得られます。

Zoho Recruit

Zoho Recruitは、人材リクルートを迅速化することによってそのプロセスを効率化することが可能な採用管理システムです。

Zoho Recruitはクラウドベースの採用管理システムで、人材紹介会社をはじめ自社リクルートや派遣会社など、それぞれのプロセスに必要となるソリューションを提供するといった特徴があります。

例えば、人材紹介会社やマッチングなどではクライアントのニーズに合う最適人材を紹介でき、自社採用の場合にはリクルートされた人が満足することによって、職場での満足度の向上が図れます。

このように、この採用管理のシステムは、人材のリクルートをスピーディに行うことができ、採用プロセスを効率化させることができるなどのメリットがあります。

JobSuite CAREER

JobSuite CAREERは実務にこだわった機能をもつより実用的な採用管理システムで、1,000社以上の導入実績から得られてきた中途採用に特有のノウハウをパッケージ化しているのが大きな特徴です。

例えば、シンプルな初期設定が可能で選考プロセス管理が簡単で、安定した動作パフォーマンスなどが特徴的なシステムです。

多くの企業からその使いやすさが支持されており、中途採用業務に特化した採用管理ができるのが大きなメリットです。

中途採用業務に必要十分な機能を網羅しており、視覚的な感覚などで操作が行えるのでシンプルな方法で使用できるのもメリットです。

さらに、多くの個人情報がクラウド上で管理されるなどの特性から、情報セキュリティ面もしっかりしています。

採用一括かんりくん

採用一括かんりくんは親しみやすいネーミングのクラウド上で採用管理を行うシステムで、採用担当者の声を反映する採用管理システムが特徴的です。

採用担当者のニーズとして、採用工数の削減が挙げられています。そのようなニーズに対して、採用一括かんりくんは事務工数75%減という形で応えます。

工数が減るぶん、応募者とのコミュニケーションの時間を増やせますし、LINE連携もOKという特徴があり、簡単で便利に使えるというメリットがあります。

また、歩留まりを上げたいといったニーズに対しては、AI機能の辞退防止アンケートによって歩留まりを13.2%改善することができたなどのメリットなどもあり、採用担当者の声がしっかりと反映されたシステムです。

エアリーフレッシャーズクラウド

エアリーフレッシャーズクラウドは、新卒採用でのコミュニケーションプラットフォームとして10年連続ナンバーワンという採用管理システムで、エンゲージメントを高める新卒採用が実現可能などの特徴があります。

エアリーフレッシャーズクラウドは、インターンシップに対する満足度をアップさせたり、学生の不安解消を図り、前向きな内定承諾へとつながるシステムです。

自社インターンシップに参加してよかったと学生対地に思ってもらうためのコミュニケーション設計や内定者の不安を写真や動画などを用いた自社情報配信などを通して解消してもらい、前向きな内定承諾を実現することができるといったメリットなどがある採用管理システムになります。

HITO-Link リクルーティング

HITO-Linkリクルーティングは管理を楽に、採用を強くというモットーを持つ採用管理システムで、オペレーション業務をとことん自動化することによって、担当者が採用そのものに向き合うための時間を作り出せるようにします。

ITO-Link リクルーティングは日々のオペレーション業務によって忙しくなっていると感じている採用担当者や経営者の悩みを解決でき、選考に時間がかかって優秀な人が他社に流れるなどの悩みを解決可能です。

このシステムは、新卒や中途採用の一切の採用業務を自動化させて効率化させ、オペレーション業務削減と採用スピードアップを実現しながら、データ分析や蓄積ができていない党の悩みのソリューションを提供しています。

MOCHICA

MOCHICAは、LINE連携型の採用管理システムで、学生や求職者とLINEでやり取り可能なチャット対応型の採用管理ツールになります。

MOCHICAはこれまでの採用管理ツールのもつ特徴に加えて、LINEでメッセージ送信ができるといった特徴があります。

また、機能も充実しており、選考ステータス管理機能をはじめ、権限管理やダッシュボード機能、メール機能などの機能が利用できます。

併せて、ファイルアップロード機能やフラグ設定機能、1:1トーク機能なども活用することができて、機能面がとても充実しているのが特徴です。

他にも、無料のチャットサポート体制なども利用できるなどの便利な採用管理システムです。

採用管理システムまとめ

昨今、採用担当者のニーズによりよく応える様々な採用管理システムがいろいろと開発され利用できるようになってきました。

それぞれの採用管理システムに独特な特徴やメリットがありますので、自社の採用ニーズに合うシステムを導入可能な状態です。

過去の採用データの蓄積や分析を行うことで、今後の採用活動にこれらの点を反映させることができます。

これらの採用管理システムは一元管理が可能で、採用担当者の採用プロセスの工数減や負担減に関する悩みをよりよく解決できるシステムです。

これらのシステムを導入することで、採用に関する業務をより効率化でき、シンプルな形でより良いリクルートを行うことが可能になるといった大きなメリットが得られます。

Twitter Facebook Bing