トラックを活用したプロモーションが行えるアドトラックについて解説

トラックを活用したプロモーションが行えるアドトラックについて解説

商品や企業の名前を広告をする方法にはさまざまな方法がありますが、より多くの人に広告を見てもらう手段として人気があるのがアドトラックです。知っている人にとってはどのようなものか思い浮かべるのは簡単かもしれませんが、知らない人にとっては、それがどのようなものなのか想像しにくいのがアドトラックです。

そこでここでは、アドトラックのことについて全く知らない人のために、アドトラックがどのようなタイプの広告であるかについて紹介します。広告としてどのような効果があるのかということや、使用されている車両の種類、実際に活用されている方法なども一緒に解説するので、よりわかりやすくアドトラックのことを知ることができます。

アドトラックとは

アドトラックとは荷台の外側の部分に広告を記載したトラックのことです。トラックの規模が大きいほど、さらに広い面積の広告を記載することができます。大型のトラックを使用したアドトラックの場合には、上下左右数メートル規模の、非常にサイズの大きい広告を記載する十分なスペースがあります。

小型のトラックを利用する場合でも、使用する車によっては、荷台の側面部を有効に生かして広告を掲載することができます。アドとは英語で広告のこと言い、広告をするために装飾されたトラックという意味でアドトラックという名称がつけられています。

広告を行う専門の会社が、広告のデザインからコースの決定、車の運行まであわせて行っています。商品やイベントなど幅広い種類の広告を行うことができるトラックです。

アドトラックの効果

アドトラックを使用して広告をすることの大きな効果は、より多くの人に広告を見てもらえることです。壁に貼られているような通常のタイプの広告の場合には、その前を通り過ぎる人しか見ることができないので、広告を見せることができる相手は限られてしまいます。

場所が固定されているタイプの広告だと、毎日同じ人が見る場合も多いために、広告としての効果もそれだけ減少します。ですが、トラックを移動しながら広告ができるアドトラックならば、道路の近くを歩いているより多くの通行人に広告を見せることができるので、広告としては非常に効果的です。

短時間で広い場所を移動することもできるので、さらに多くの人に広告を見せることも可能で、広告の内容に合わせてアドトラックを走行させる道路を変更することもよく行われている効果的な方法です。

アドトラックの種類

アドトラックには複数の種類がありますが、利用するトラックの種類により、走行させるのに必要なコストや宣伝の効果も大きく異なります。アドトラックとして広く使用されているのが、トラックの荷台の側面へシートに印刷された広告を貼って走行するタイプの種類です。

アドトラックの荷台の全面に広告を貼り付けるので、利用するアドトラックの規模が大きくなるほど、広告のために使用する印刷物の量も多くなります。広告用のトラックとして利用されているもう一つの種類の車が、荷台の側面にデジタルサイネージを搭載しているタイプの車です。

このタイプのトラックの利点は、映像を利用して広告ができることです。シートを印刷する必要がないのも大きなメリットです。商品そのものを展示できるスペースがあるタイプのアドトラックもあります。

規制や条例

アドトラックを利用して広告を行う場合には、トラックを走行する地域によっては、一定の規制を受けることがあるので注意が必要です。自治体によっては条例で特定の規制が行われていることもあるので、走行をさせる前にはあらかじめ条例を確認しておく必要があります。

アドトラックに対する規制として条例で決められていることが多いのが、トラックから出される音の大きさです。宣伝する商品やイベントの内容によっては、映像と一緒に音を使用したほうが効果的な場合もありますが、アドトラックを走行させる地域によっては、出せる音のボリュームが一定の大きさ以下に限られている場合もあります。

広告に使用する照明の明るさに規制がされている場合もあり、トラックを走行させる時間帯により規制の内容が変更する場合もあります。

アドトラックの中身

アドトラックの内側の部分は、使用するトラックのタイプによってそれぞれ異なります。シートに印刷された広告を荷台に貼って走行するタイプのトラックの場合には、トラックの内側には何ものせられていないことが多いです。

余計なものをのせないことでトラックの燃料費を節約できるため、経済的に広告ができます。車によっては、広告の内側に照明がつけられている場合もあり、車体に貼られている広告をよりはっきりと見せることができます。

夜間に走行する場合にも利用しやすいタイプの車です。デジタルサイネージを側面に搭載しているタイプのアドトラックならば、トラックの内部にデジタルサイネージを操作するために機械が積み込まれている場合もあります。

運用までの流れ

アドトラックを利用して広告を行う場合には、まずトラックの運行をしている会社に相談をする必要があります。どのようなタイプの広告をしたいのかを広告会社のスタッフと話し合った後には、実際に使用される広告のデザイン作りが開始されます。デジタルサイネージを利用して広告をする場合には、ディスプレイに流す映像を作成する必要があります。

映像と一緒に音声を使用する場合には、使用する音声を作成することもできます。オリジナルの音声を使用する場合には作成料がかかり、既存の音楽などを使う場合にはあらかじめ許可が必要です。紙を使用する場合には、完成したデザインを印刷して車体に貼り、アドトラックを運行する日時を決定してから、スケジュールにそって走行させます。

アドトラックの利用例

アドトラックを実際に利用した例としては、特定の商品を販売するために、商品の写真や名称を掲載した広告をトラックに掲載して、広告するような方法があります。

一台だけでなく、複数のアドトラックを利用することも効果的な広告の方法で、一台で走行するよりもより多くの人に注目してもらうことができます。さらに多くの人の注目を集める目的で利用されているのが、大型のアドトラックを複数使用して広告を行う方法です。

大型のアドトラックは一台だけ走行していても非常に目立ちますが、それが複数台一緒に走行して宣伝を行うことで、周囲を歩行している人の注目を大きく集めることができます。音楽CDや映像ソフトの広告などにもよく利用されています。

トラックの活用事例

アドトラックはさまざまな目的で活用されています。最近よく活用されているのがテレビ番組の宣伝を目的として行われる広告です。視聴者に見てもらいたい番組の宣伝をトラックを活用して行うことで、より多くの人に注目してもらうことができます。

放送する数日前から定期的にトラックを走行させることで、短期間に集中的に番組の広告ができるのが魅力です。イベントの広告にもよく活用されていて、イベントが開催される数週間ぐらい前から、イベントが開催される地域の道路を走行しながら広告することで、イベントが開催されている地域の人に、効果的な広告をすることができ、入場者の増加をはかっています。新規にお店が開店した場合などにも、広告のために活用されることがよくあります。

アドトラックまとめ

アドトラックは幅広い種類の広告に利用されているトラックです。商品や店舗の広告からイベントの広告まで、さまざまな目的で活用されています。アドトラックには複数の種類があり、印刷した広告用のシートを荷台の側面に貼り付けて走行するタイプの車が一般的です。

最近では車体にデジタルサイネージを搭載しているタイプの車も多く使用されていて、映像を使用して広告ができるのが大きなメリットです。音楽を流しながら広告をすることもできますが、トラックを走行させる地域によっては、車から出せる音の大きさに制限がある場合もあります。

トラックの内側に積み込まれているものは、使用する車の種類によって異なり、シートを使用するタイプのものは内側に照明がつけられているタイプのものもあります。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る