勤怠管理システム導入によるメリットとおすすめのシステム13選

勤怠管理システム導入によるメリットとおすすめのシステム13選

先進国の中で労働生産性が最下位といわれる日本経済の問題点は、近年社会問題化しているブラック企業やサービス残業などと密接な関係があります。法律を順守しないような長時間労働の上に企業の事業活動が成立していることを意味しているからです。

就業人口の減少に対応するべく進められている働き方改革との関連でも、労働条件の改善と同時に労働生産性の向上は社会全体で解決するべき課題といって間違いありません。このような社会情勢の変動の中で注目を集めているのが勤怠管理システムです。

もっとも従来からタイムカードや出金簿への記入などの方法が採用されてきています。しかし従来型の方法には限界があり、新たな勤怠管理システムのあり方が切望されています。

勤怠管理システムの意義を確認

そもそも勤怠管理システムとは、従業員の出勤状況の把握や残業時間の管理など、労働時間の実態を把握する仕組みのことをさしています。勤怠管理がおざなりな状況のまま放置していると、労働者の就業時間を正確に把握できないので、法令順守や労働生産性の確認や給与計算なども正確に行われなくなり、本来の業務にも支障をきたします。

これらの問題点をケアするのが、勤怠管理システムです。労働時間の正確な把握は、人事管理の基礎資料です。

勤怠管理システムを導入すれば、労働時間の実態を正確に把握できるだけでなく、法令順守のサポートや労働生産性をアップさせるための対策を構築することになり、労働者のモチベーション向上にもつなげることが出来るようになります。

クラウド型勤怠管理システムで提供されるサービス

オンプレミス型の勤怠管理システムは、イニシャルコストが高額で、管理も自社スタッフで対応する必要があります。そこで企業の規模に関係なくローコストで導入できる、クラウド型の勤怠管理システムが主流になっています。クラウド型勤怠管理システムを導入することで獲られるメリットには、まず就業時間の正確な把握を指摘できます。

就業場所に関係のない打刻機能や、複数の事業所でも一元管理するなど正確で迅速な労働時間管理を実現します。長時間労働の把握や休日取得状況を労働者ごとに管理するなど、労働法令順守をサポートする機能も付与されています。最近では外国人労働者増加に対応する採用時の書類チェックや、在留期限管理などの管理に対応するタイプも登場しています。

クラウド管理システムのメリット

クラウド型勤怠管理システムを導入することのメリットは、労働者の保護と企業の発展という二つの視点から分析することで明らかになります。労働者の視点からすると、そもそも経営者は労働者が過重労働防止の為に勤怠管理を適正に進めることは義務です。勤怠管理システムを導入することで、実態に即した労働時間を把握できるので労働者の過重労働や長時間残業などの職場での労務管理上の課題を発見することができます。

その結果、経営者は就労実態を反映した労働環境整備へのインセンティブになります。その結果過重労働によるストレスや健康問題などを改善・防止することが出来ます。勤怠管理システムの導入は、従業員にとっての職場でのストレス要因を改善する方向に作用するので、従業員のモチベーション向上につながります。

そのため経営者からみると労働生産性の向上というメリットを期待できます。労働者にしてみれば、就業実態が正確に反映され残業時間の取り扱いも法令に依拠して対応されるので、働いた分給料に反映されるので就業意欲のアップにつながります。

また将来的な企業発展にも、勤怠管理システム導入には意味を持ちます。劣悪な労働環境では生産性はダウンし、離職者も増加し将来性を期待するのは困難です。勤怠管理システムで労働時間管理を適正化すれば、労働環境の改善と生産性の中長期的向上も見込めます。

おすすめのクラウド管理システム

クラウド型勤怠管理システムを導入するときには、目的を明確にして選択するのがポイントです。労働時間の正確な把握か長時間労働防止、いずれを重視するかでも方向性は明らかになります。こんな機能があれば便利、と思える機能を目安にシステムを選ぶのをおすすめします。

勤怠管理システム・ジョブカンは、使いやすさ重視の方に

ジョブカンは、全ての事業所での「働く」を支えることをモットーにして開発された勤怠管理システムです。導入実績はこれまでに25000社を数え業界でもトップクラスのシェアを誇ります。

労働者5人の小規模事業者から1万名を数える企業にまで対応しており、多彩な打刻機能・出勤管理・シフト管理・休暇申請管理から外国人労働者を前提にした英語対応機能まで実装しています。出退勤管理はICカードやLINEのほか、GPSや静脈認証まで幅広く選択可能。

多彩な就業形態をとる職場でも適正な労働時間把握を実現します。多彩なシフト管理機能で、シフト作成だけでなくLINEによるスタッフでの共有・人員不足判定機能などもあるので毎月のシフト作成負担も軽減します。休暇については取得申請だけでなく計画的付与などもサポート。

KING OF TIME(キングオブタイム)

多くの企業に採用されている安心感の高さや、実際に使用している企業の顧客満足度の高い勤怠管理差システムを重視するならKING-OF-TIMEがおすすめ。KING-OF-TIMEは数ある勤怠管理システムの中でもシェアはトップクラスを誇り、ユーザーからも高い評価を獲ています。

人気を支える理由は、誰でも簡単に使えるインターフェイスのよさと、ユーザーの容貌をシステムに取り入れるフットワークの軽さにあります。シフトや休暇管理などはもちろん、企業ごとの就業ルールの設定など勤怠管理に必要な機能は全て装備。KING-OF-TIMEは、様々な外部サービスとの連携にも優れているので、給与管理などにもミスを削減し業務効率に一役買ってくれるはずです。

マネーフォワード

マネーフォワードクラウド勤怠は、システム導入時のサポートや、勤怠管理システム導入後の万が一のトラブル遭遇時に手厚いアフターサービスを提供しているのが特徴です。日々の勤怠管理システムのなかで、気軽に質問したいときはチャットルーム、複数の相談をしたいときはメール、文章化しずらく詳しい説明を聞きたいときは電話などトラブルのレベルに応じたサポート体制をご用意。

もちろん勤怠管理システムに必要な、勤怠管理やシフト管理・給与取得管理など様々な機能が実装されているほか、分かりやすいデザインで使い勝手のよさも優れています。

給与管理ソフトであるマネーフォワードクラウド給与との連携も可能なので、勤怠管理システムのデータを直ぐに給与計算に反映可能です。

jinjer勤怠

jinjer勤怠の特徴は、世界標準の勤怠管理システムを採用していることにあります。クラウド型勤怠管理システムでは、マルチデバイス対応が趨勢ですが、スマホやタブレットだけでなくアップルウォッチやGoogleHomeでの打刻などにも対応するのは稀有なシステムといえるでしょう。

クラウド型勤怠管理システムの強みをいかし、頻繁に改正される労働基準法にもその都度対応しています。勤怠管理データの集積の過程で、異常値が検出されたときはアラート機能が発動するので、長時間労働などの課題をいち早く関知可能。

労働時間はもちろん、労務管理・人事情報・シフト管理なども一元管理を実現することで、労務上の問題点もいち早く解消を見込めます。36協定アラートや社員モチベーション可視化など独自のサービスも。

Touch-On-Time

Touch-On-Timeは、月額300円(1アカウントあたり・初期設定費用無料)というリーズナブルな利用料金と、安心のサポート体制が充実している勤怠管理システムです。20,500社を超える企業での導入実績があり国内外の利用者数は165万人を超えており、導入後の継続率99.7%を誇ります。

クライアント企業の多さと継続率の高さの理由は、使いやすさにこだわったユーティリティーの高さと、どのような場所にも対応する「タッチオンタイムレコーダー」にあります。

タッチオンタイムレコーダーは、有線・無線・オフラインでどこでも利用可能、パスワード入力のほかICカードや指紋認証にも対応。設備のセキュリティレベルに応じて、ひとつだけの認証でも、二個以上の組み合わせで従業員ごとに認証方法の組み合わせをカスタマイズできます。

BizWork+(ビズワークプラス)

BizWork+(ビズワークプラス)は、タイムカードにかわるタイムリーダーやスマートフォン打刻など、就業現場の特性に応じた打刻システムを採用し、勤怠・就業管理への負担を軽減し法令順守による労働時間の適正化を実現できるのが特徴の勤怠管理システムです。

労働生産性の向上と、適正な労働時間の両立の重要性が叫ばれる時代にあって、BizWork+ビズワークプラス)は、給与計算業務効率化のシステムにとどまらず、理想の勤怠管理を実現するのに最適な機能を各種具備しています。

なかでも最近の労働基準法改正で36協定を締結している事業所では、労働時間は非常に複雑になっています。煩雑な計算業務も、打刻データに基づき自動計算し、ミスもなく給与計算へのコスト削減を強力サポート。

e-就業OasiS(就業オアシス)

e-就業OasiSは、周囲の環境に合わせて姿態を変化させるカメレオンのように、それぞれの事情が異なる会社ごとに、最適のサービスを提供することにこだわった勤怠管理システムです。会社に置ける働き方の基準になるのは、就業規則。ただし就業規則はそれぞれの会社により千差万別。

e-就業OasiSでは、多彩な就業規則に応じて変幻自在に必要な機能を組み合わせたシステムを提供し、導入前からの行きとどいたサポート体制でスムーズに導入することを実現します。法改正に迅速に対応し残業警告するアラート機能、多様な勤務形態を制限なく登録できて各種の給与ソフトとの連携にも対応します。従業員にとっても、時間も場所も問わない打刻機能、休日申請画面で残休日を確認可能など便利な機能も充実。

CLOUZA(クラウザ)

CLOUZA(クラウザ)は、初期費用0円で月額利用料金200円で使用できる歓待管理システムです。従業員500名までの比較的小規模な会社に最適のサービスを提供しています。

CLOUZA(クラウザ)は、使いやすさとイニシャルコストの負担が不要の導入への敷居が低いこととマルチデバイス対応なのが特徴です。出退勤はPC・携帯端末・ICカードなど就業形態に応じて選択可能。リアルタイムでいつでもどこでも勤務状況の確認を実現しています。

位置情報検索機能を備えているので、屋外での不正打刻も防止できます。複数の支店や店舗などを有していても、締め直前まで勤怠データを把握できない状況も改善し、月途中でも人員調整を可能にしています。

勤次郎Smart

勤次郎Smartは、ワークライフバランスの推進と健康経営による生産性向上を掲げる会社におすすめの勤怠管理システムです。クラウド型勤怠管理ならではのサーバーレス仕様で、WEB環境さえ整備されていればすぐにサービス利用を開始でき、スマホやタブレットなど携帯端末対応なので外出先でもリアルタイムに勤務状況を把握可能。

打刻方法も従業員の就業スタイルに合わせて、タイムレコーダーや端末・ICカードに静脈認証などから選択できます。シンプルな操作性能で、1人あたり月額200円のリーズナブルな料金、各種の給与計算ソフトに対応しているので、従来の業務との適合性にも配慮されています。

改正が頻繁な労働基準法にも対応するので、新たな法令知識のアップデートのための労力も削減にも心強い味方です。

バイバイタイムカード

クラウド型勤怠管理システムを導入するなら、大手企業レベルにしたいときは、バイバイタイムカードがおすすめです。これまでの導入実績企業のなかには、日本郵政を始めとした名だたる大手企業がズラリと並びます。

名前どおりに出退勤時刻へのタイムカードの打刻はなく、QRコードやICカードなどで読み取ってくれるので正確な労働時間把握をスマートに実現、給料計算まで自動集計してくれます。

クラウド型勤怠管理システムなのでパソコンはもちろん、スマホなどの携帯端末でも操作できるので、遠隔地にある店舗や事業所などでも本社と同レベルの勤怠管理を保証します。

導入に不安を感じる方も大丈夫。初期導入時のコンサルティングチームによる導入サポートも提供しています。

IEYASU

無料のクラウド型勤怠管理システムをお探しなら、「IEYASU」(イエヤス)。1000社以上の人事労務管理にサポートしてきた専門家の経験を元に開発、シンプルで操作性に優れた勤怠管理システムの実用化に成功しました。

「IEYASU」(イエヤス)は、出退勤打刻や勤怠管理などずべての機能を、初期費用も月額費用も無料で使用することができます。

各種のICカードをかざすだけの簡単な打刻機能を実装し、残業や休日の申請承認機能も備えており月次の集計データをもとに、CSV形式で出力することが可能です。

日報管理機能を使用することで、勤務時間管理を実際の業務内容に落とし込み適正な労働時間管理と労働生産性向上を同時に実現します。アカウント作成後、当日から運用を開始できます。

スマレジ・タイムカード

スマレジ・タイムカードは、勤怠管理と給与管理を一元管理を可能にする勤怠管理システムで、基本サービスは無料で利用できるのが特徴です。労働時間やシフト・休暇管理などのほか、労務アラート機能も具備しています。

時間外労働時間などシステムが自動管理し、36協定や社内規定との兼ね合いで違反の可能性が高くなるとアラートで告知し、法令違反状態を未然に防止。2019年4月から施行されている「働き方改革関連法」に対応するべく、年次有給休暇取得義務遂行のため従業員の有給休暇取得状況を把握し、従業員への取得義務告知機能も備えています。

また最近普及が進むテレワークについても、柔軟な勤怠管理システムを実現しました。

TeamSpirit(チームスピリット)

TeamSpirit(チームスピリット)は、現在1100社以上で導入されている勤怠管理システムです。労務管理の自動化・見える化を実現し、勤怠管理の会社側と社員側の両方の負担を軽減し導入後のアフターサービスも充実しているのが特徴です。特に「働き方改革関連法」を強く意識したサービスとなっており、残業時間の視覚的把握・有給休暇の自動付与サポート・労働基準法改正へのアップデートなど、複雑な労働時間管理の支援機能が充実しています。

業種によっては多彩な就業形態が導入され労働時間の把握が容易でないことも珍しくありません。チームスピリットでは複雑な勤務体系でもリアルタイムに残業時間を把握。近年改正された36協定についても、複雑な労働時間計算を自動化、事務負担を大きく軽減しました。

まとめ

従来のタイムカードによる勤怠管理では、不正打刻の問題や多様化する就業形態の増加など、限界が明らかになっています。しかしオンプレミス型勤怠管理システムでは、初期費用が巨額でメンテナンスも自社で対応する必要があり、大規模な企業でないと利用しずらいのが現実でした。そこで登場したのがクラウド型勤怠管理システムです。

現在のクラウド型勤怠管理システムは、出退勤についての多彩な打刻機能を備えるのが主流になっていますが、さらにどのような機能が実装されているかは、各社でかなり違いがあります。色々なサービスがあるのでどれ選べば良いのか分からないときは、勤怠管理システム導入の目的を明確にすることで方向性も定まってくるはずです。

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る