One to Oneマーケティングを実現するためにマーケティングオートメーションはなぜ必要か?事例・解説

One to Oneマーケティングを実現するためにマーケティングオートメーションはなぜ必要か?事例・解説

資料の特徴

  • 顧客ロイヤルティ向上のためのOne to Oneマーケティングと、マーケティングオートメーションについての事例・解説
  • こんな方にオススメ

    • マーケティングオートメーションをこれから導入したいと考えている企業様

    資料概要

    「One to Oneマーケティング」が注目されています。
    顧客一人一人のニーズに合わせたアプローチを行うことで、顧客ロイヤルティが向上し、ビジネスの成果につながるためです。
    One to Oneマーケティングを実現させるためには、顧客を良く知ることが重要ですが、顧客のニーズは多様化・散在化し、かつその情報は多種・膨大です。

    マーケティングオートメーションは、それらのデータを扱い顧客に対するアプローチ(「誰に」「何を」「いつ」「どのように」)を適切に組み合わせ、One to Oneマーケティングを自動化するために必要なツールなのです。

    本資料では、One to Oneマーケティングについての解説、またマーケティングオートメーションは本当に必要なのかをいくつかの事例を挙げて解説しています。

    詳しくは資料をご覧のうえ、お気軽にお問い合わせください。

    企業情報

    企業名:株式会社ブレインパッド
    代表者:佐藤 清之輔

    関連資料

    EC企業向けマーケティングオートメーション実践ガイド
    マーケティングオートメーションにおけるシナリオ作成の考え方

    会員限定!500以上の資料を無料ダウンロード可能

    会員登録(無料)

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る