マーケティングオートメーションにおけるシナリオ作成の考え方

マーケティングオートメーションにおけるシナリオ作成の考え方

資料の特徴

  • マーケティング・オートメーション導入時のハードルとなるシナリオ作成について解説
  • こんな方にオススメ

    • マーケティングオートメーションをこれから導入したいと考えている企業様
    • マーケティングオートメーションを導入したもののあまり使いこなせていない企業様

    資料概要

    顧客一人一人のニーズに合わせて個別のアプローチを展開していく「One to Oneマーケティング」を自動化するために導入される、マーケティングオートメーション。
    「マーケティングの”自動化”」とは言うものの、実際に運用していくためには自動化のために行うべきことが多々あります。

    なかでも、導入時に高いハードルとなるのがデータ分析からシナリオ作成にかけての部分です。
    本資料では、マーケティングオートメーションにおけるシナリオ作成の考え方について解説していきます。

    資料の内容

    One to Oneマーケティングの基本要素
    「誰に」「いつ」「何を」の順に分析を進める

    「誰に」

    • 企業と顧客の関係性
    • 顧客行動・属性との掛け合わせ

    「いつ」

    • 顧客の行動の傾向を読み取り、そのタイミングに合わせてオファーを送る

     
    「何を」

    • コンテンツは大別した3種で整理
    • 顧客情報の蓄積に応じてメッセージ設計を行う

    詳しくは資料をご覧のうえ、お気軽にお問い合わせください。

    企業情報

    企業名:株式会社ブレインパッド
    代表者:佐藤 清之輔

    関連資料

    One to Oneマーケティングを実現するためにマーケティングオートメーションはなぜ必要か?
    EC企業向けマーケティングオートメーション実践ガイド

    会員限定!500以上の資料を無料ダウンロード可能

    会員登録(無料)

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る