ビジネスチャットのおすすめ10選!導入メリットや選ぶポイントも解説

最終更新日 : 2020-09-25 Box

最近注目されているのがビジネスチャットです。ビジネスチャットは多様なコミュニケーション機能を備えたソフトウェアであり、用いることで従業員間等におけるやり取りが実に効率化します。

それ以外にもコスト削減になるといったように多様なメリットが有るのがビジネスチャット。リモートワーク等にも役立ってくることもあり、ますますこうしたソフトウェアを取り入れる企業が増えています。

とはいえ、ビジネスチャットは実に色々な企業がソフトウェアを提供しておりどれを選んだら良いのか正直わかりにくいこともあります。それぞれで特徴も異なってきますから、一番適したソフトウェアを選んでいかないといけません。

この記事ではそんなビジネスチャットの選び方やメリットについて詳しく見ていきますから、興味がある人は参考にしてみてください。

ビジネスチャットとは?

そもそもビジネスチャットとは何なのでしょうか。通常のチャットサービスとの違いも気になリます。ビジネスチャットについて詳しく知らないという人も多いですが、最近のビジネスチャットは実に多機能化していることが最大の特徴です。

チャットソフトとしてももちろん使えますし、タスク管理ツール等も備わっているビジネスチャットも少なくありません。チャットだけでなくビデオ通話等も状況に応じて可能ですし、メール機能や掲示板書き込みなどができることも。

このようにビジネスチャットは、コミュニケーションに役立つあらゆるツールをまとめたソフトウェアといっても過言ではありません。単なるチャットソフトだと考えてしまうのは間違いで、実に多様な用途に使えるようになっています。また、従業員間だけでなく顧客とのコミュニケーションにも役立ちます。

こうしたことから、もっとコミュニケーション全般をもっと効率化させたい際に取り入れてみてみると良いですう。

ビジネスチャットのメリット

ビジネスチャットには多様なメリットがあります。例えば、ビジネスチャットを用いることで多様なソフトウェアを一元化出来ます。スケジュール管理機能等も備わっているものもありますから、ビジネスチャットさえあれば他のソフトウェアは全くいらないといったことも。それだけシンプルにもなります。コスト削減にも繋がってきます。

他に、ビジネスチャットはビジネスに特化されていることが利点です。ビジネス向けの迅速かつ安全な意思疎通が出来ますし、やり取り履歴等も確認出来ます。ビジネス向けということもあり、多様なファイル転送等も出来ます。通常のチャットソフトではファイル共有などはし難いですし、セキュリティー面でも心配があります。

更にビジネスチャットを用いればオフィスの効率性も高まってきます。連絡を取りたい際にわざわざ電話する必要性もなく、チャットで済ませられますからより気軽に連絡が可能です。

これにより従業員間で意思疎通が不十分で問題になるといったことも少なくなってきます。チャットということもあり、メッセージを誤配信しても訂正できるといった利点も見逃せません。

このように、何かと利点が多いのがビジネスチャットですが、料金も実に安いので導入コストもそこまで高くありません。中にはトライアル出来たり、小規模オフィスならば無料で導入できるといったことすらあります。コスト的にも魅力が多いのがビジネスチャットです。

ビジネスチャットの選ぶポイント

ビジネスチャットツールを選ぶ際にはいくつかポイントがあります。まず、ビジネスチャットツールは機能をじっくりと比較検討しておくべきです。機能もビデオ通話機能等もありますし、外部サービス連携ができる製品も。どのような機能があるかで料金やお得度も変わってきます。特におすすめなのがファイル共有が出来る製品で、ファイル共有が出来れば一気にビジネスも加速します。

ほかに、無料プランがあるビジネスチャットがやはりお薦めです。無料プランがあれば使い心地を実際に確かめられます。使ってみて気に入ったら実際に取り入れてみるのも良いでしょう。無料プランやトライアルがないとやはり導入する際にも心配です。

おすすめのビジネスチャット

ビジネスチャットは近年では色々な選択肢が用意されています。どれを選んだら良いかは状況に応じて変わりますから、下記を参考にしてじっくりと選んでみてください。

Slack

Slackは実に人気が高いビジネスチャットです。2013年にアメリカでリリースされたソフトウェアであり、2017年には日本語版も登場しています。ビジネスチャットの中では実にシェアも高いですし、全世界でなんと800万人以上のユーザーを誇るくらいに利用者数が多くなっています。

このSlackはTwitterやGoogleなどとの連携も容易に出来て、多様なAPIを用いてカスタマイズすることも簡単に出来ます。チャットルームの作成やカスタマイズも可能。プランも色々と選べるのが利点で、スタンダードプランならば月額960円から利用できます。

無料のフリープランもありますが、こちらは色々と制限があるので気をつけてください。全体的には実に無難でオススメできる製品になっていますから、取り敢えず無料プランを利用して使い心地を確かめてみるのも良いです。

LINEWORKS

LINEWORKSはLINEが展開しているビジネスチャットでビジネス版とLINEです。セキュリティ専門のエンジニアチームによる24時間365日の体制でモニタリングされており、国際認証を取得した高いレベルのセキュリティにより利用にも安心です。

仕事の効率化に必要な機能が1つのアプリに集約されており、普段使うLINEと同じような操作で利用できるので、導入しても迷わずにすぐに利用することが可能です。

ChatLuck

ChatLuckは株式会社ネオジャパンが提供するビジネスチャットツール。ChatLuckは機能が実に豊富で多様なタスクがこなせます、例えば、グループチャット機能や動画の共有、音声通話、タスク管理機能、外部サービスとの連携、アンケート機能などのように、機能は実に盛り沢山になっています。

セキュリティーにも長けており、アカウントやネットワークを強固にプロテクトしてくれます。

無料トライアルもありますし、クラウド版とパッケージ版が用意されていることもポイント。クラウド版の場合には月に300円から利用可能です。一方、パッケージ版は初期費用15万円かかるものの、大企業等に向いています。

ChatLuckは実にレベルが高いビジネスチャットツールですから、ビジネスチャットを取り入れようと考えているならば絶対に検討しておきたいところです。

Talknote

Talknoteは人工知能を使ったビジネスチャット。通常のビジネスチャットとしての機能を備えているだけでなく、人工知能を用いて社員間のやり取りを分析できるようになっています。

これによって社員のモチベーション把握等もできますし、オーバーワーク等を検知して対策する事も出来ます。このように全く新しいタイプのビジネスチャットであり、社員管理にも役立ってきます。

また、無料トライアルも用意されており、簡単に導入できるといったことも見逃せません。何かとスマートなビジネスチャットですから、新しいビジネスチャットを取り入れてみたい場合におすすめします。

頻繁にアップデートもされており、今後はますます新しい機能も登場してくることです。ちなみにTalknoteは2011年にサービスを開始した老舗でもあり、利用企業数も20,000社を突破しています。

InCircle

InCircleはセキュリティーが実に優れているビジネスチャットツールです。大企業でも採用されているほどであり、情報共有を安全に行いたい場合には取り入れてみて欲しいところ。セキュリティーに強いだけでなく、機能も豊富なことも利点になっています。データセンターも日本全国にあり、災害などにも強くなっています。

何よりInCircleの特徴として知っておきたいのがチャットボットについてです。InCircleはチャットボットが備わっており、ボット機能を利用することでスケジュール管理などがより簡単に出来るようになっていますし、名刺検索等も可能です。このような機能を備えているビジネスチャットツールはそこまで多くありません。

無料トライアルもありますから、まずは使い心地を試してみるのもありです。料金もそこまで高くありませんし、導入コストもほとんどありません。何かと安心できるビジネスチャットツールですから、セキュアなソフトウェアを使いたい際には是非ともお勧めします。

Typetalk

Typetalkは無料トライアルが用意されているビジネスチャットツールです。無料で使えることもあり、まずは気軽に試してみるのもありでしょう。機能も豊富であり、過去の発言を遡って検索することも出来ますし、通知機能等も備えています。

「いいね」機能もあり、良いアイデアを探すことも容易になっています。SNSのように使えるビジネスチャットツールといっても良いですが、価格的にも安いですからコスト削減にも役立ってくることでしょう。

WowTalkforビジネスプラス

WowTalkforビジネスプラスはワウテック株式会社のビジネスチャットツールです。ワウテック株式会社はオフィスソフトウェアで有名なKINGSOFTグループの会社でもあり、実にセキュリティーなどにおける定評があるのが特徴。WowTalkforビジネスプラスは機能カスタマイズが容易に出来る、ファイル送信機能がある、外部サービス連携も容易といった魅力があります。

チャットだけでなくトーク機能や掲示板書き込み機能、タスク管理機能等も用意されています。日報等も作成できますから、実に便利に使えるビジネスチャットツールです。

WowTalkforビジネスプラスは実に操作も容易なこともあり、特に導入教育も要らないことも利点でしょう。体感的に使えるので従業員にもストレス無く使ってもらえます。プランも色々とあり、ベーシックプランであれば月額300円から利用可能です。無料トライアルもありますから、まずは試しに用いてみると良いでしょう。

direct

エルイズビーが提供するTypetalkはクラウド版のビジネスチャットツールです。2014年に登場して以来、1,000社以上の企業で活用されています。トーク機能ん窓もありますし、ボイスメッセージ機能やアカウント管理機能等もあります。また、各種スタンプや未読表示等も出来ることも便利なところです。

プランも月額6000円のベーシックプラン、利用人数が多いマックスプランがあります。全体的に実に良く出来ていますから、ビジネスチャットツールを探しているならばお薦めです。

ZONE

ZONEは機能が豊富なソフトウェアです。マルチウィンドウチャットやファイル共有・管理も可能担っています。特に便利なのがノートやメモ機能で、簡単にノート等にアイデアを記載して共有することが出来ます。

プロフィール検索をして探したい相手に簡単に繋がれるようになっていることも特徴。機種や環境に依存しないソフトウェアでもあり、パソコンからでもスマートフォンからでも利用が可能担っています。それでいてセキュリティーもしっかりしていますから安心して使えることでしょう。

LINCBiz

LINCBizは大人数会議やウェビナーなどにも対応しているビジネスチャットツールです。ビデオ会議等も可能ですから、単なるビジネスチャット以上の価値があります。

また、動画共有等も可能ですし、録画機能等も備わっています。グループセッション等も出来ますし、視聴者制限等の便利な機能も備えています。このように実に充実した製品になっており、大企業でも採用されているのも頷けるところです。

プランも多様にありますから、色々と検討してみると良いでしょう。例えば、フリープランは無料で使えるにもかかわらず無広告です。スタンダードプランでないと大人数会議は出来ませんが、フリープランでもほとんどのことは可能となっています。

ビジネスチャットまとめ

ビジネスチャットについて幾つか紹介しましたが、実際に選ぶ際にはじっくりと選んでいかないといけません。どの製品も違いが大きいですし、価格も千差万別。長いこと使うことになるビジネスチャットツールだからこそ、最初にじっくりと選んでおくことが大事。

また、導入したらしっかりと活用することも大事です。ビジネスチャットツールを導入したのは良いものの、実はあまり活用していないといったケースも少なくありません。いずれにしてもビジネスチャットは必須といってもよいツールですから、まだ取り入れていないなら是非とも検討しておきたいところです。

Twitter Facebook Bing