【11/2~11/6】ウェビナー開催情報

11月2日(月)開催のウェビナー情報

サテライトオフィス・ ファイルサーバー for Direct Cloud Box 活用セミナー

  • 時間:16:00〜17:00
  • 料金:​無料
  • 主催:株式会社サテライトオフィス

『サテライトオフィス・ファイルサーバー for Direct Cloud Box 』は、完全クラウド保存のクラウドファイルサーバーです。

WEB画面とエクスプローラー上で利用でき、今まで利用していたアプリケーションで、ダイレクトオープン+ダイレクト保存が可能です!

また、ユーザー数無制限で利用が可能。サーバーは、AWSの東京リージョンを利用し複数拠点バックアップ、暗号化対策、ウィルス対策も万全です。

追加で、大容量ファイル転送(送信+受信)機能があり、ファイルの外部共有の際に、承認ワークフローが実現可能です。

 

11月4日(水)開催のウェビナー情報

 

工場セキュリティ対策講座① 計画~現状把握編

  • 時間:10:00〜11:00
  • 料金:​無料
  • 主催:マクニカネットワークス

IoT化の進展により工場のサイバーリスクが著しく上昇する中、

現場の設備部門・システム部門は何をすべきか
情シス・IT部門は何をすべきか

多くの企業がこうした課題に直面しています。

「コスト・効果・展開スピードを明確にしながらセキュリティ・レベルを高めていくには?」
マクニカが対策支援する中で築いた包括的フレームワークをベースに、セキュリティ・レベルを高めていく実践的手法を、2回にわたってご紹介します。

第1回目は「計画~現状把握編」として、セキュリティ対策の始め方を解説します。米国立研究所や情報処理推進機構の考え方とマクニカの対策支援経験を融合したフレームワークは、現場で結果を出すための手法として活用いただけます。


<ライブ配信セミナー>超FAQでカスタマーサポートの 「お客様満足」「属人性」「問題の高度化」の三大課題に挑め!

  • 時間:14:00~15:00
  • 料金:​無料
  • 主催:アクセラテクノロジ株式会社

アクセラテクノロジでは、IT活用によるナレッジマネジメントのご提案を通して、これまで多くのカスタマーサポートの現場をご支援してまいりました。その経験から、カスタマーサポートの現場がナレッジ活用で立ち向かうべき課題は、大きく「お客様満足」、「属人性」、「問題の高度化」の3つに分類されると考えています。

そして、これらの課題を劇的に改善するのが「超FAQ」です。
「超FAQ」とは、一般的に言うFAQに加え、サービスマニュアルや保守手順書、コールスクリプト、チェックリスト、さらには熟練者が持つノウハウといった、業務に必要なあらゆる「ナレッジ」を統合的に活用する仕組みです。

本セミナーではこの「超FAQ」の実現による「お客様満足」、「属人性」、「問題の高度化」の三大課題の解決について、お客様事例を交えてご紹介いたします。
 


デモ体験で理解する、はじめてのLINE WORKS

  • 時間:14:00〜15:00
  • 料金:​無料
  • 主催:

LINE WORKSは、一緒に働くメンバーと使う、仕事用のチャットやカレンダー、Drive(クラウドストレージ)などがひとつのアプリに入ったグループウェアです。実際のところ、「どんなサービスで何ができるのかわからない…」と思っている方も多いのではないでしょうか。 そんな方に向けて、本セミナーでは「LINE WORKS」のサービスや機能を、実際のLINE WORKSのデモ環境を使いながら、ご紹介いたします。

また、セミナー当日の夕方まで、そのままデモ環境をご利用いただき、「どのようなシーンでどの機能を使うのか」などをミッション形式でご体験いただくことにより、より理解を深めていただき、自社で使用する際のイメージを持っていただけます。

 

これだけは押さえておきたい6つのセキュリティ対策

  • 時間:15:00~15:30
  • 料金:​無料
  • 主催:ソニービズネットワークス株式会社

近年企業において、不正アクセスや「EMOTET」など、さまざまなサイバー攻撃による被害が後を絶ちません。その種類や手口は多岐にわたっており、ひと言で「対策」と言っても、なかなか完璧に手を打つことは難しい、というのが実情です。

本セミナーでは、企業のセキュリティ担当者、 そして経営者が知っておくべき脅威を紹介するとともに、それらにどのように備えるべきかを解説します。


Tanium×Splunk連携によって実現!インシデントレスポンスのあるべき姿とは。

  • 時間:16:00~16:30
  • 料金:​無料
  • 主催:マクニカネットワークス

サイバー攻撃は年々高度化しており、企業は様々なサイバー攻撃に備え対策をしています。同時にサイバーセキュリティ対策が進めば進むほど運用者への負担が大きな課題となっています。

本セミナーでは、あらゆるデータを収集しインシデントレスポンスにおける即時の「調査」と「判断」を可能にするマシンデータ分析プラットフォーム「Splunk」と、大規模な環境でもエンドポイントに対し即時の「対処」を可能とするリアルタイムレスポンスプラットフォーム「Tanium」によりインシデントレスポンスの負荷を劇的に軽減するソリューションをご紹介致します。


時間と距離を超えるナレッジが 設計や生産の「未然防止」「技術伝承」「海外連携」を加速

  • 時間:16:00〜17:00
  • 料金:​無料
  • 主催:アクセラテクノロジ株式会社

製造業に従事される皆さまは、グローバルな価格競争にさらされる中、製造コスト削減はもちろん、付加価値を高めた製品の創出に日々努力されていることと思います。企画・設計・生産の現場においても、作業の効率化や製品の高品質化とともに、お客様に驚きや感動を与えるような製品を生み出したり、ナンバーワン・オンリーワン技術の確立に全社をあげて取り組まれているのではないでしょうか。

これら取組みの中では、技術ノウハウや製造の職人技、そして市場のトレンド把握など、設計製造に関わる各種の「ナレッジ」をいかに共有し活用するかが、問題解決や業務改善、新たな価値の創造において重要な役割を担っています。

創業以来20年、製造業における多くの現場をご支援してきた私たちがお客様にご相談いただくトピックのトップ3は次の3つです。

1. 未然防止
2. 技術伝承
3. 海外連携

本セミナーではこれら3大トピックについて、時間や場所の制約を越えたナレッジ活用のポイント、およびそれらを実現するための弊社のソリューションを、実際のお客様事例やデモを交えご紹介します。

11月5日(木)開催のウェビナー情報


【早朝・夕方開催】「ゼロトラストセキュリティ」とは?実現のためのポイントを解説

  • 時間: 8:30~9:00 / 18:00~18:30
  • 料金:​無料
  • 主催:ソニービズネットワークス

近年、さまざまなセキュリティの中でも特に「ゼロトラスト」というワードが注目を集めています。

こちらは2010年にForrester Research社が提唱した考え方で、これまで主流であった「境界型セキュリティ(=社内なら安全)」とは全く異なる、「ゼロトラスト(=社内外問わず何も信頼できない)」を前提としたセキュリティです。

なぜ今このワードが注目されているのか?また、自社で「ゼロトラストセキュリティ」を実現していくためには、何をすれば良いのか?基本的なポイントについて解説します。


工場セキュリティ対策講座① 計画~現状把握編

  • 時間:10:00〜11:00
  • 料金:​無料
  • 主催:マクニカネットワークス

IoT化の進展により工場のサイバーリスクが著しく上昇する中、

・現場の設備部門・システム部門は何をすべきか
・情シス・IT部門は何をすべきか
多くの企業がこうした課題に直面しています。
「コスト・効果・展開スピードを明確にしながらセキュリティ・レベルを高めていくには?」
マクニカが対策支援する中で築いた包括的フレームワークをベースに、セキュリティ・レベルを高めていく実践的手法を、2回にわたってご紹介します。

第1回目は「計画~現状把握編」として、セキュリティ対策の始め方を解説します。米国立研究所や情報処理推進機構の考え方とマクニカの対策支援経験を融合したフレームワークは、現場で結果を出すための手法として活用いただけます。


<製造業編>第3回 社会の変動に影響されないためのAI・データ活用解説ウェビナー

  • 時間:11:00〜15:00
  • 料金:​無料
  • 主催:日立システムズ

昨今、コロナウイルスが世界経済へ大きな打撃を与える中、製造業でも各地で生産停止などの大きなインパクトを受けております。
初めての経験で過去のノウハウが通用しないなかでも、AIプラットフォーム「DataRobot」は今あるデータを活用して現状に適した需要予測や物流予測などを行い、最適な選択の提供をサポートします。
本ウェビナーでは、新型コロナウイルスの感染拡大によって変化する需要や今までよりさらに精度が求められる予測など、製造業においてコスト削減に直結するユースケースを紹介します。
また、データ活用の最も大事なポイントでもあるデータ整備について、ノンプログラミングで簡単にデータ加工を実現させる製品も紹介します。


失敗しない!MAツール導入のための基礎知識と活用方法

  • 時間:12:00〜13:00
  • 料金:​無料
  • 主催:株式会社ラクス

ここ数年、マーケティングオートメーションツール(MAツール)を導入する企業様が増えているものの、

・導入したいが実態がわからない
・いざ利用を開始したが上手く活用できていない
・導入して数ヶ月経つが、結局メール配信機能しか使っておらず割高に感じる

というお声もよく耳にするようになりました。
これの主な原因は「マーケティング」を「オートメーション(自動化)」するための指示書が無い状態で導入してしまうことです。細かな初期設定を進められないまま日々の業務に追われ、利用開始時期がどんどん後ろ倒しになってしまうのです。
このようなことを避けたい方や、現在進行形でお困りの方向けに、マーケティングオートメーションツールの基本的な機能や有効活用のために必要な運用、気をつけるべきポイント等、有益な情報を惜しみなくお伝えします。

 

生産性を高めるリモートワークの実践 2020 秋

  • 時間:13:00〜15:55
  • 料金:​無料
  • 主催:SBクリエイティブ株式会社

新型コロナウイルスの影響が深刻化する中、在宅勤務やサテライトオフィスなどのリモートワーク環境を整備することで、事業継続および人財の安全性確保と離脱防止を図る取り組みが多く見られます。
その一方で、管理部門ではIT環境のユーザビリティとセキュリティの両立や、コンプライアンスの維持に課題を抱えています。
当Webセミナーでは在宅勤務やリモートワーク、サテライトオフィスの実践における様々な情報を提供してまいります。

 

実例から学ぶ、顧客ID統合を成功に導く5つの観点~プロジェクト企画の要点とCIAM(顧客ID&アクセス管理)を詳しく紹介~

  • 時間:13:00~14:00
  • 料金:​無料
  • 主催:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

顧客データを統合して分析・活用することで顧客体験、およびLTVを向上するために、オンラインの顧客ID統合を検討する企業が増えています。
しかし、そのプロジェクト企画立案やRFI/RFP作成においては、ゴールやスコープ、システム要件などを整理することに手間取り、関係者を説得できず企画承認をクリアできなかったり、プロジェクトキックオフ後に基本方針がぶれて進捗が頓挫するというケースが珍しくありません。
本セミナーでは、弊社における数々の顧客ID統合管理基盤の導入支援で培ったノウハウを基に、ID統合プロジェクトを成功させるために重要な5つの観点を、事例を交えてご紹介します。
また、IDの統合管理のキーソリューションであるCIAM(Customer Identity and Access Management)と、それを含むシステムの全体構成についても解説いたします。


GRANDIT DAYS LIVE 2020

  • 時間:13:30~16:30
  • 料金:​無料
  • 主催:GRANDIT株式会社

GRANDITコンソーシアムが毎年開催しているビジネスイベント「GRANDIT DAYS」。今年は、業種・業態別に3日間にわたってオンライン開催いたします。
事業環境の変化が見通し辛い状況となる中、企業は既存のビジネスモデルや経営モデルの枠組みを超えた活動が求められています。そして、企業を取り巻く環境はかつてないスピードで変化しており、大きな変革期に入っています。
AIやIoTなどといったデジタル技術も更に進化し、今までの業務を単にデジタル化するだけでなく、ニューノーマル時代に適応するためのビジネス変革を推し進めることが必要とされています。
本ウェビナーでは、業務のデジタル化を推進するソリューションについて、最新の活用事例を含めご紹介します。
皆様のご視聴を心よりお待ち申し上げております。

 

AIを活用した ニューノーマルな 経理財務への変革

  • 時間:14:00~15:00
  • 料金:​無料
  • 主催:ファーストアカウンティング株式会社、株式会社コンカー、アビームコンサルティング株式会社

新型コロナ感染症に流行に伴い、リモートワークへの移行が急務になった2020年前半。そして、時は進み、継続的なテレワークや本質的な効率化を行う必要があると感じている人も多いのではないでしょうか。
アビームコンサルティング株式会社では、請求書管理システムSAP Concur InvoiceとAIソリューション「Remota」との自動連携および経理業務の効率化や高度化を推進しています。
今回、アビームコンサルティング株式会社の安部 慶喜様と鳥居 皓様をお招きし、株式会社コンカー橋本 祥生様、ファーストアカウンティング代表の森も加わり、経理におけるテレワーク化と導入を成功させるポイントについてお話しいただきます。

 

インフォアとAWSが提唱するDXを推進するERP/クラウド活用について

  • 時間:14:00~15:00
  • 料金:​無料
  • 主催:インフォアジャパン株式会社

AWSの活用については、ソフトウェアやゲーム・アプリ関連企業のみならず、いまや公益団体や公共機関まで活用が広まっています。その採用実績の多さやシステムの堅牢性や拡張性を評価され、信頼度の高いプラットフォームとして世界中でシェアを拡大しています。Inforでは、業界特化型のERPをクラウドで提供しており、そのプラットフォームとしてAWSを採用しています。日本市場においても、食品・製造業のみならず、ホテル業界においてもその採用実績を拡大しています。

昨今、COVID-19におけるビジネスや物流の変化から、新たな生活様式・ワークスタイルの変革が求められています。折しも、経済産業省における「2025年の崖」のレポートが提示される中、COVID-19におけるワークスタイルの変革にシステムを活用した業務の見直しや効率化は避けられない状況にあります。一概に「DXを推進する」と提唱しても、その範囲は広大かつ業種業態によって複雑であることから、どこから何を着手すべきかの議論については、IT担当者のみならず、経営者を含めた全社員に関わる課題と言っても過言ではありません。

本講演では、アマゾンウェブサービスジャパンとインフォアジャパンの有識者が登壇し、豊富な事例や実績を紹介するとともに、皆様の今後のDX推進の一助となる提言をおこないます。
 

工場セキュリティ対策講座② 対策実行編

  • 時間:14:00〜15:00
  • 料金:​無料
  • 主催:マクニカネットワークス

IoT化の進展により工場のサイバーリスクが著しく上昇する中、

・現場の設備部門・システム部門は何をすべきか
・情シス・IT部門は何をすべきか
多くの企業がこうした課題に直面しています。
「コスト・効果・展開スピードを明確にしながらセキュリティ・レベルを高めていくには?」
マクニカが対策支援する中で築いた包括的フレームワークをベースに、セキュリティ・レベルを高めていく実践的手法を、2回にわたってご紹介します。

 

ユーザー事例とデモで学ぶ「Create!FormV11.2」セミナー

  • 時間:15:00〜16:00
  • 料金:​無料
  • 主催:インフォテック株式会社

「思いどおりの帳票デザインがなかなかできない」「軽量なPDF帳票を生成したい」「複数の業務システムからの帳票出力を一元化したい」など、帳票設計と出力でお悩みの方、必見!
簡単設計、多彩な表現力、高速出力を得意とした帳票ツール「Create!Form」について、ユーザー様の導入事例とデモンストレーションを交えてご紹介します。

 

「MCore」紹介ウェビナー勢い“ハンパない!”テレワーク普及!時流に乗り遅れないPC管理の在り方とは!?

  • 時間:16:00〜17:00
  • 料金:​無料
  • 主催:住友電工情報システム株式会社

 

DX推進のための機密データリスクへの対処法!

  • 時間:16:30〜17:30
  • 料金:​無料
  • 主催:マクニカネットワークス

近年ビジネスのDX(デジタルトランスフォーメーション)により、様々な情報がデータ化・蓄積されています。
これらのデータ分析や、「パーソナライズ」された商品・サービスの提供等のデータ利活用は、ビジネス競争力強化における非常に重要なポイントです。
しかし、個人情報保護法がハードルとなり、体制を構築できなかった企業も多いのではないでしょうか?

本セミナーでは、ゲストとしてPwCコンサルティング合同会社様をお迎えし、2020年6月12日に公布された改正個人情報保護法の重要ポイントと、「匿名加工情報」や改正法で新設された「仮名加工情報」を活用し、個人情報の保護を図る方法をコンサルティングの立場から解説いただきます。
その上で、マクニカネットワークスよりThales社の製品を中心に、個人情報を保護しながら、利活用する方法をご紹介いたします。


「ゼロトラストセキュリティ」とは?実現のためのポイントを解説

  • 時間:15:00-15:30
  • 料金:​無料
  • 主催:ソニービズネットワークス

近年、さまざまなセキュリティの中でも特に「ゼロトラスト」というワードが注目を集めています。
こちらは2010年にForrester Research社が提唱した考え方で、これまで主流であった「境界型セキュリティ(=社内なら安全)」とは全く異なる、「ゼロトラスト(=社内外問わず何も信頼できない)」を前提としたセキュリティです。
なぜ今このワードが注目されているのか?また、自社で「ゼロトラストセキュリティ」を実現していくためには、何をすれば良いのか?基本的なポイントについて解説します。

11月6日(金)開催のウェビナー情報

ニューノーマル時代におけるテレワークのセキュリティはどうあるべきか

  • 時間:10:30〜11:30
  • 料金:​無料
  • 主催:マクニカネットワークス

新型コロナウイルスの感染拡大によって、今やテレワークはスタンダードな働き方となりました。
そのようなニューノーマル時代の中で、事業継続のために一部セキュリティに不安を持ちながら急速にテレワークを導入した各企業も、今はいかに”よりセキュアなテレワーク”を実施するかという検討を進めてきています。

セキュアなテレワーク推進のために検討すべき要素の1つとして、「クラウドサービスの認証」がありますが、ファイアウォールによる境界防御の考え方が通用しなくなった今、認証時のセキュリティはどのように考えたらよいのでしょうか?
本セミナーでは、従来のクラウド認証として用いられてきた「パスワード認証」に焦点を当て、「パスワードを盗まれるフィッシング攻撃の対策」と「パスワードに依存しない認証方式」を、実際の事例を交えながら徹底解説します。

 

Dropbox Business(企業向けDropbox)活用ミナー

  • 時間:10:30〜11:30
  • 料金:​無料
  • 主催:株式会社サテライトオフィス

Dropbox Business (=法人向けDropbox)は、容量無制限の企業用ファイルサーバーです!社外への大容量ファイル転送機能も可能です!

一般ユースのDropbox は、社員退職時データ流失が心配されます。また、企業の現場では一般ユースDropboxの利用が全体の15%あるとの統計もございます!
シャドウIT対策として企業版Dropbox(Dropbox Business )をご検討ください!管理機能も充実しており、遠隔削除や利用ログなども取得可能です。また、同類のサービスと比べると同期スピードが独自テクノロジーにより圧倒的に高速です!是非、一部門からのご利用でお試し頂けたらと思います!

 

スマホを使ってログインする ~Capy 生体認証サービスのご紹介~

  • 時間:11:00~11:30
  • 料金:​無料
  • 主催:株式会社サムライズ

漏えいした ID/パスワードを使用した不正ログイン事件、事故は一向になくなる気配がありません。
安全・安心・便利なオンライン認証は、現代社会における課題の一つと言えます。
FIDO(ファイド:Fast IDentity Online)は、パスワードにかわる認証技術として今後業界の標準となりつつあります。
今回ご紹介する 『Capy 生体認証ソリューション』 は、FIDO 認証の仕様である 「UAF」を活用した 純国産のクラウドサービスです。

 

DXを後押しする理想のプラットフォームとは

  • 時間:14:00〜15:00
  • 料金:​無料
  • 主催:東京エレクトロン デバイス株式会社及び

デジタルトランスフォーメーション(DX)が急務になっている昨今、オフィスでの定型業務を自動化するツール「RPA」が注目を集めています。
「RPA」の実行環境として、また『withコロナ』に寄り添ったテレワーク環境として

理想のプラットフォームの一つがハイパーコンバージドインフラ(HCI)です。
本セミナーではそれぞれの業界でNo.1の実績を誇る「WinActor」(RPA)、
「Nutanix」(HCI)の連携により、「自らのDX」を実現されたNTT-AT様の事例をご紹介します。


今更聞けない、管理されていないデバイスが狙われる理由!?

  • 時間:15:00〜16:00
  • 料金:​無料
  • 主催:テクマトリックス株式会社

特定の企業や団体を狙った標的型攻撃の脅威が叫ばれる昨今、組織にとって最も危険なのは”管理されていない脆弱性を持ったデバイス”です。このようなデバイスは標的型攻撃で内部に侵入後、不正なデータ取得や攻撃の踏み台にされるといった数多くのリスクが存在します。
こういったリスクへの対処の必要性はもはや言うまでもありませんが、組織の中で継続的に未認識のデバイスや脆弱性などのセキュリティリスクを洗い出すとなると多くの手間とコストがかかります。

本セミナーでは、昨今の標的型攻撃の状況や攻撃に用いられる手法を紐解きながら、未認識のデバイスとセキュリティリスクを効率的かつ早期に可視化し、自動的に隔離する方法として、Forescout×Tenableの連携機能を使用したソリューションをご紹介します。
実際の連携イメージも交えながら、本連携機能を用いることで如何にリスクの早期発見ならびにシステム担当者の工数の削減に繋がるのかを実際にご覧いただける内容となっております。

 

今こそ求められる投資対効果のあるエンドポイント対策とは?

  • 時間: 15:00〜15:40
  • 料金:​無料
  • 主催: マクニカネットワークス

近年、「EDR」を始めとしたエンドポイントにおけるセキュリティ強化の対策が注目を浴びています。

エンドポイントセキュリティ製品の導入時には、製品・保守費用といった単純な導入コストだけでなく、検証や教育といった運用コストが必要となります。さらには部門毎に必要な導入製品が異なるといったことも少なくなく、管理対象が増えることで「エンドポイントセキュリティの新機能が増えれば増えるほどコストがかさむ」といったことにもなりかねません。

本セミナーでは、「エンドポイントセキュリティに最適な投資とは?」というテーマに対し、1 つの策として、エンドポイントに内在する脅威・リスクをリアルタイムに可視化し、確実にコントロールすることでエンドポイントセキュリティへの投資対効果を最大限に発揮するソリューション「Tanium」をユースケース(利用シーン)とあわせてご紹介致します。

Twitter Facebook Bing