ウェビナーマーケティングのメリットと実施する時のポイントを徹底解説

近頃はウェビナーマーケティングを実施する企業や個人が増えています。

日本では比較的新しいマーケティング方法に分類されるので、詳しい内容や特徴を知らない人も多いはずです。

実施することによって効果的に顧客を獲得したりサービスを販売したりすることができるため、知っておいて損はないと言えます。

ウェビナーマーケティングについて解説するので、まずはこのマーケティング方法についての詳細な情報を知ることから始めてみてください。

ウェビナー マーケティングとは

ウェビナーマーケティングとは、オンラインセミナーを活用したマーケティング方法です。

オフラインで行うセミナーよりも幅広いユーザーと繋がることができ、効率的にビジネスを推進していくことができます。

実施目的や内容は企業によって異なりますが、多くの場合は有料の製品やサービスを購入してもらうことを目的として開催されていることを知っておくと良いです。

セミナーそのものが有料になっているケースもあれば、参加後に有料サービスを購入してもらうことを目的としているケースもあります。

無料でウェビナーを開催して、企業やサービスに興味を持っている人との繋がりをつくることを目的としている企業も多いです。

様々な目的に対して柔軟に対応することができるので、どういった企業でも取り入れやすいマーケティング方法の1つだと言えます。

実施の際にはウェビナーツールを用いるケースが多く、これを活用することによってセミナーのための集客や見込み客となる顧客の管理を容易に行うことができるようになるはずです。

オフラインセミナーのように場所の制限を受けることがないので、現在では日本のあらゆる場所だけではなく、諸外国も視野に入れて市場開拓が行われています。

ウェビナーマーケティングは日本でも重要になりつつある

そもそも、ウェビナーマーケティングは欧米で広く普及している手法です。

欧米では地理的な問題でこのマーケティングが普及しました。しかしながら、日本でもコロナウイルス感染症の被害が拡大したことでウェビナーマーケティングの需要が高まっています。

コロナウイルス感染症の拡大を防止するために大勢で集まることを控えなければならない世の中となっており、オフラインのセミナーを開催することは困難な状況です。

感染症対策を行った上で開催することもできますが、感染を恐れて参加したくないと考える人が増えていますし、このような状況下でオフラインセミナーに参加するほどではないと判断する人も増えています。

一方で、ウェビナーは大勢で集まることなく気軽に参加できるので、現在ではかなり需要があることを知っておくべきです。

リモートワークを推進する企業が増えていることからも、日本でもウェビナーが広く普及していることを理解しておく必要があるでしょう。

ウェビナーマーケティングのメリット

ウェビナーマーケティングを実施することにはたくさんのメリットがあります。

まだ導入していない場合は大変そうだという思いが強いかもしれませんが、メリットを知ることで積極的に導入するべきだと感じるようになるはずです。

①新規の顧客を獲得できる

実施することの大きなメリットとして、新規顧客の獲得をあげることができます。

従来のオフラインセミナーと比較して幅広い見込み客へのアプローチが可能です。

オフラインセミナーは全国に告知したとしても、実際に参加する人の多くは会場へのアクセスが良い人になってしまいます。

オンライン上で行うセミナーの場合は場所の制約がないので、インターネット環境があればどこからでも参加してもらうことが可能です。

これまでは参加してもらうことができなかった遠方地の顧客を獲得することもできるので、今までにアプローチが難しかった相手が顧客になってくれる可能性が高いと言えます。

新規顧客をたくさんゲットしたいのであれば、取り入れるべきです。

②意欲が高い顧客の獲得

意欲が高い顧客を獲得しやすいこともメリットだと言えます。ウェビナーへ参加するためにはアカウント登録や申し込みが必要となるので、興味がなければ面倒な手続きを行ってまで参加しないはずです。

登録した顧客は企業やサービスに興味関心が高いので、売り上げに繋げられる可能性が高いと言えます。

実施後にアンケートを実施すれば、興味関心が高い人の意見を参考にすることができ、より良いサービスづくりに繋げることも可能です。

③顧客との関係構築

ウェビナーを実施すれば顧客との関係を簡単に構築することができます。

参加者とリアルタイムでコミュニケーションを取ることができるため、開催中に質疑応答を実施することも可能です。

双方向コミュニケーションを実施することによって、その場で顧客の疑問や不安が解消され、顧客満足度を高めることができ、良い関係を構築することができます。

大勢の顧客と1度のウェビナーで関係を構築することが期待できるので、非常に便利です。

④リードナーチャリングでの利用

リードナーチャリングのために利用できることもメリットの1つだと言えます。

見込み客の育成を指すリードナーチャリングは、ウェビナーマーケティングであれば簡単に行うことが可能です。

実施前後にアンケートを行って見込み客の興味や関心を把握することができますし、そこから得られた情報をもとにセミナー中にキャンペーン案内やフォローを行うこともできます。

録画機能を活用することによって、当日参加することができなかった人にもフォローが可能です。

会場だけで開催するセミナーよりもリアルタイムのアクションやきめ細やかなフォローを実施することができ、効率的にリードナーチャリングを行うことができます。

効率的な育成が実現できるので、継続したセミナー参加や商品の購入に繋がる可能性が高いです。

⑤コスト・業務量の削減

会場で行うセミナーと比較して、コストや業務量を削減することができます。

オフラインでは会場を用意したり資料を印刷したりするコストや手間が発生しますが、オンラインの場合はこういったコストや手間が少なくて済むでしょう。

ウェビナーツールを利用する場合は利用料が発生したり使い方を覚えたりする必要がありますが、オフラインと比べると安くなることが多いですし、1度やり方を覚えてしまえばそれ以降の業務は格段に楽なものとなります。

アンケートの集計や顧客管理など、自動化できる部分も多いので人手も少なくて済むはずです。

様々なコストを削減することができるので、ローコストなマーケティングを探している場合にもピッタリだと言えます。

ウェビナーマーケティングのポイント

ウェビナーマーケティングを実施するのであれば、効果的に行うためのポイントを理解しておくことが大事です。

やり方を間違ってしまうと期待する効果が得られない可能性もあるので、紹介するポイントをチェックしておきましょう。

①コンテンツ設計

成功するためにはコンテンツ設計が重要です。ウェビナーマーケティングを行う際には、コンテンツ設計に時間をかける必要があります。

最初に実施することの目的を明確にし、達成したい目的は何であるか決めてから内容を決めていくことが大切です。

新規顧客の獲得だけではなく、見込み客や既存顧客の育成を実践することもできます。

目的が決まったのであれば具体的な対象を1人に決める必要があり、ターゲットを狭めることによって参加者にきめ細やかなサービスを提供することが可能です。

ターゲットを明確に決めて内容をつくり上げることができたのであれば、ウェビナーのゴールが分かるタイトルや概要を作成することをおすすめします。

具体的なゴールが分かれば、参加者の満足度が高まりやすくなりますし、顧客集客にも成功しやすくなるはずです。

コンテンツ設計をじっくりと行ってから開催すれば、目的を確実に達成することができるようなウェビナーを行うことができるでしょう。

②開催後のデータ分析

セミナーを行えば目的が達成されるわけではありません。

開催後にはデータを分析する必要があります。ウェビナーツールを活用すればアンケートを実施できるだけではなく、コンテンツの閲覧履歴や参加者の滞在時間、アーカイブの視聴履歴などを獲得することが可能です。

計測された数値を分析すると、コンテンツづくりや顧客育成を充実させることができます。

興味関心のあるセミナーを把握することができれば、それ以降も効果的なウェビナーを配信できるはずです。

反対に興味関心が低いと判断された内容は手直ししたり、大幅に内容を変更したりする必要があります。アンケートの結果を参考にすることによって、今まで気づくことができなかったアイデアを獲得できるようなケースも多いです。

ウェビナーツールでは様々なデータ分析が可能なので、積極的に実施するべきだと言えます。

③セールスの場所にしないようにする

ウェビナーを実施するのであれば、セールスの場所にしないようにすることも重要です。

情報を獲得するために参加している人が多いので、売り込むことを過剰に意識すると参加者が離脱してしまう可能性があります。

開始して早々セールスを始めるようなことがあれば、情報を提供することが目的ではなく、集めた人々に商品を販売することが目的だと販売され、参加者から敬遠されてしまうことになるでしょう。

オフラインセミナーと違って、有意義でないと感じられる内容であれば簡単に離脱することができます。

商品やサービスを販売することを最終目的としているケースも多いですが、信頼関係が構築できていない段階でセールスすると思うような成果を出すことができないと理解しておくべきです。

まずは参加者に良質な情報を提供することを意識することが大切だと言えます。

④ウェビナー後の参加者フォロー

終了後には参加者に対して徹底したフォローを実施することも大事です。

商品やサービスに興味を持ってもらうことができたとしても、参加したことで満足し、その後の行動に繋がらない可能性があります。

興味レベルを可視化できるアンケートを用意し、レベルに応じて適切なアプローチを実施する方法がおすすめです。

高い興味関心を持っている場合はより深い内容のセミナーの案内を送ったり資料やサンプルを送付したりする、興味がない場合は内容の違うセミナーの案内を送付するなどの工夫を取り入れることができます。

アプローチなしでは顧客の獲得が難しくなるので、アンケート結果などを活用しながら参加者への最適なフォローを行うと良いでしょう。

ウェビナーマーケティングまとめ

日本でもウェビナーマーケティングを導入する企業は増えており、今後もますます需要が増加することが予測されます。

まだ導入していない場合や導入しているけれど十分な成果を出すことができていない場合は、充実したウェビナーマーケティングを実施するためにも、基本情報やポイントを詳しく知るようにしてください。

紹介した内容を理解して実施することで、顧客の獲得や見込み客の育成、サービスの売り上げの向上などに繋げることができるでしょう。

 

無料も含めたおすすめのウェビナーツールはこちらで解説しています。

ウェビナー(WEBセミナー)に関する情報・ウェビナー検索はこちらをチェック!

Twitter Facebook Bing