リアルメディアから動画/3DCG等のコンテンツにシームレスにつなぐシステム『AR』

リアルメディアから動画/3DCG等のコンテンツにシームレスにつなぐシステム『AR』

媒体の特徴

  • スマートフォンやPCのカメラを介して実際の映像の上にデジタル情報を重ねられる技術
  • 動画を再生することで、コンテンツの制約を越えた展開が可能
  • 最終遷移先(サイトなど)がARを使った販売促進や広報プランのゴールです。効率的なPRのためにより有効なLPの作成も可能
  • アプリにはアナリティクスを埋め込んで効果測定も可能(一部旧エンジンのアプリの場合は遷移先のLPにて測定します)
  • スタンプ機能を使ってクーポン獲得機能やその消し込みもアプリ上で設定が可能

こんな方にオススメ

  • プロモーションご担当者様
  • マーケティングご担当者様

概要

AR=Augmented Reality(拡張現実)
スマートフォンやPCカメラを介して設定したマーカーや位置情報を読み取ることで映っている実際の映像の上にデジタル情報をリアルタイムで重ねられる技術です。

AR技術を活用することで、様々な広告をリッチなコンテンツにつなぎ、スムーズにアクションに結びつけることが可能。
リッチな体験は、ソーシャルメディア上で拡散されやすいネタとなり、広告効果が増していきます。

スマートフォンの拡大と高スペック化が進んだため、今また流行りだしたAR

スマートフォンの拡大以前、3DSなど特定端末では商品として既に普及しており、プリペイドカードにかざすとARが再生できたりと、ゲームの世界ではどんどん広がっていました。

常に携帯しているスマートフォンの拡大で、身近にリッチなコンテンツ提供が可能に

カタログ、チラシ、DM、POP、ポスターなど既存の紙媒体で面積に制約があった印刷物から動画を再生することで『コンテンツの制約を越えた展開が可能』となりました。

ARを利用した様々な事例もご紹介しております。
詳しくは資料をご覧ください!

企業情報

企業名:株式会社ケイズ・スタジオ
代表者:湯浅 一敏

会員限定!500以上の資料を無料ダウンロード可能

会員登録(無料)

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る