SFA/CRMとグループウェアがオールインワン!純国産のクラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」

SFA/CRMとグループウェアがオールインワン!純国産のクラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」

「Knowledge Suite」の特徴

  • SFA/CRMとグループウェアをまとめて一つのシステムに
  • 国産・安心・安全で手間いらず、ユーザー数無制限で使った分だけの費用だからわかりやすい

こんな方にオススメ

  • 顧客情報やリード情報の整理、効率的な営業活動を行いたい企業・部門のご担当者様

サービス概要

「Knowledge Suite」は、グループウェア、SFA、名刺管理、一斉メール配信、他システムとのデータ連携アプリケーションなど、複数の機能が最初から使えるオールインワンサービスです。
Knowledge Suiteの各アプリケーションは機能連携していますので、すべての部門のメンバーが、それぞれに適したアプリケーションや機能を利用しながら、必要な情報のみを共有することができます。
すべてのアプリケーションは、1画面でタブを切り替えるだけで利用できるので、使いやすく、業務効率化にも有効です。

また、すべての機能の中から「利用する機能、しない機能」を選択できるので、自社に必要な機能だけを利用するミニマム運用が可能。
途中で、「利用しない」から「利用する」に変更しても、追加料金は一切かかりません。
最低限の機能を購入し、追加料金を支払ってオプション機能を増やしながら自社運用に合わせていくといった従来の運用方法から、必要なときに必要な機能だけを利用するという効率的な運用へ変換することができ、システム管理にかけていた手間やコストを大きく削減することが可能です。

営業担当者の活動をバックアップ

メール、スケジュール管理や文書管理などグループウェアの機能と、顧客情報や商談管理などのSFA/CRMの機能などを横断的に使うことが出来るのが「Knowledge Suite」です。
「営業に関する情報」を上手に共有することで、営業担当者の活動を強力にバックアップします。
また、スマホやタブレットにも対応しているので、外出先でも常に使うことができ、使い勝手のみならず業務効率化や残業時間削減などの効果も期待出来ます。

動的可視化

「動的可視化」とは、共有範囲や共有グループを指定して、情報の「見せる・見せない」を自動的に制御する機能のこと。
Knowledge Suiteは、組織・権限による「見せる・見せない」設定を自由自在に行うことができます。
動的可視化は、ヒエラルキー型、フラット型、プロジェクト型の情報共有が混在する日本企業の組織体系をそのまま適用できる、他社製品にはない、Knowledge Suite独自の機能です。

使い勝手の良さが運用の定着に繋がる「減らすカスタマイズ」

SFAやグループウェアは、導入をしたものの使いこなせずに結局情報の共有がはかれない、といったことにもなり得ます。
Knowledge Suiteは複数の機能・アプリケーションが使えるオールインワンサービスですが、不必要な機能は非表示にする「減らすカスタマイズ」が可能です。
企業課題やサービスの定着具合に合わせて機能の追加を行っていくことが可能となるため、使い慣れつつ定着させていくことが出来ます。

費用は「使った分だけ」

多くのSFAやグループウェアでは、課金はユーザー単位であることがほとんどです。
Knowledge Suiteは初期費用無料・ユーザー数無制限での利用が可能です。
ユーザーや初期費用が少なく導入効果もあまり出ていない初期段階において、余計な費用を支払うことなく利用することが可能です。

他にもKnowledge Suiteには多くの機能や特徴がございます。
詳しい内容はぜひ資料をダウンロードしてご覧ください。
導入事例集なども同梱しております。

関連サービス

GPS位置情報を活用したフィールドナーチャリングCRM「GEOCRM.com」

企業情報

企業名:ナレッジスイート株式会社
代表者:稲葉 雄一

会員限定!500以上の資料を無料ダウンロード可能

会員登録(無料)

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る