書籍タイトルにみるターゲット・セグメンテーションの秘訣<経営企画・マーケティング担当者必見!>

書籍タイトルにみるターゲット・セグメンテーションの秘訣<経営企画・マーケティング担当者必見!>

資料の特徴

  • マーケティング活動において重要なのは「どのようにターゲットを設定するか」
  • 書籍は、そのタイトルにターゲット・セグメンテーションを活用している
  • これまでに出版した書籍のタイトルからターゲット・セグメンテーションのポイントを紹介
  • こんな方にオススメ

    • 経営企画ご担当者様
    • マーケティングご担当者様

    資料の概要

    企業におけるマーケティングでは、ターゲットをどのように設定するかが重要となります。
    自社商品やサービスを販売するために、どのような条件で対象を細分化し、どのようなターゲットに絞り込んでいくのか。
    そうして、狙いとする顧客像を明確にしていくことを「ターゲット・セグメンテーション」と呼びます。

    ターゲット・セグメンテーションを行うことにより、訴求する方法や媒体など、効果的な戦略を立てることが可能となり高い販促効果を生み出すことが出来ます。
    また、絞り込んだターゲット層に向けて販促活動を行うことができるため、低コストで高い成果を得られやすいという面もあります。

    こうしたターゲット・セグメンテーションのポイントを押さえ、ターゲット層に商品を手に取ってもらうようにタイトルが付けられているのが、書籍です。
    本資料では、幻冬舎メディアコンサルティングがこれまでに出版した書籍のタイトルの考察を通して、ターゲット・セグメンテーションのポイントをご紹介していきます。

    資料の内容

    • 書籍に置けるターゲットセグメント条件
    • ターゲット・セグメンテーションを実践した書籍タイトルの実例

    企業情報

    企業名:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
    代表者:久保田 貴幸

    関連資料

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る