出版事例に学ぶコピーライティング・文章構成の技法

出版事例に学ぶコピーライティング・文章構成の技法

資料の特徴

  • 究極の広告コピーとも言えるのが書籍のタイトル
  • 実際に出版した書籍のタイトルからターゲットに手に取ってもらえる広告コピーのポイントを学べる
  • さらに、各書籍の章立てを比較し、その仕組みから文章・論の構成を学ぶ

こんな方にオススメ

  • 広報・WEBご担当者様
  • マーケティングご担当者様

資料の概要

本屋さんで書籍を選ぶ時にまず注目するのは「表紙」です。
そこには、「タイトル」「サブタイトル」、そして「帯コピー」があります。

この中で特に「タイトル」は、短くコンパクトに、同時に最大限に書籍の中身を集約しており、ターゲットに手に取ってもらうことを狙って付けられています。
つまり、書籍のタイトルは、「究極の広告コピー」である、と言えます。
広告やWEBサイトに載せるコピーの書き方も、書籍のタイトルの付け方に学ぶことが出来るのです。

本資料では、幻冬舎メディアコンサルティングがこれまでに出版した書籍のタイトルやサブタイトル、帯コピーを例にしながら、コピーライティングの技法やターゲットのセグメント方法について学ぶことができます。

また、合わせて各書籍の章立てについても解説しています。
「問題提起」→「問題の深掘り」→「解決策の提示」→「まとめ・事例紹介」といった構成の組み立て方は、書籍のみならずWEB上のコラムや、提案資料などにも役立てられます。

企業情報

企業名:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
代表者:久保田 貴幸

関連資料

おすすめ記事

人気資料ランキングすべてのランキングを見る