一連の流れを効率化!セミナー・ウェビナー管理機能のあるおすすめのMAツールを解説

コロナウイルスのためにウェビナーの重要性がますます高まってきています。

こうした際に役立つのがMAツール。セミナー・ウェビナー管理機能があるMAツールは実におすすめです。

セミナー・ウェビナー管理機能があれば実に簡単に管理することも可能になって来ます。

特に予定管理や人員管理などもますますしやすくなってきますから、より用意にセミナーを開催することも可能になるでしょう。

ここではそんなセミナー・ウェビナー管理機能があるMAツールについて紹介しますから、是非とも参考にしてみましょう。

セミナー・ウェビナーにおけるMAツール導入のメリット

ウェビナーは実にやることが多くて大変です。

だからこそセミナー管理機能があるMAツールを取り入れて効率化すべきです。

セミナー管理機能があるMAツールには他にも実に色々なメリットがあります。

1,セミナー・ウェビナー実施業務の効率化

ウェビナーをする際には色々としなければいけないことがあるもの。

例えば、告知などもしなければいけませんし、当日の予定管理もあります。

こうした実施業務をMAツールで自動化したり管理することが大事です。これによってよりローコストかつロー労力でセミナーが開催出来るようになってきます。

是非とも自動化出来るような業務はやはりツールによってオート化するのが一番です。

2.セミナー・ウェビナー後の各種フォローの効率化

ウェビナー後には販促もしなければいけませんし、参加者にフォローアップメール等も送らなければいけません。

他にも、ウェビナー後に分析をしたり、内容を考察して次回の改善点を考える必要性があります。

こうしたことは全てセミナー管理機能があるMAツールを駆使して自動化しましょう。

各種フォローアップ等を効率化すればよりローコストでウェビナーが行えるようになってきます。

各種フォローの中にはオート化しやすいものも実際多いですから、積極的にツールを用いて自動化すべきです。

3.リード情報の可視化

ウェビナーで大事なのがリード情報。これが見やすいかどうかでウェビナーの成果も変わってくることも。

このようなリード情報の可視化が出来るセミナー管理機能もありますから、是非とも使ってみるべきです。

リード情報は単に読みやすいだけでなく、強調すべきところは大文字にしたり、カラーリングを変えたり、といったように工夫することも大事。

このようなこともセミナー管理機能を用いれば簡単に実現出来るようになってきます。

MAツールにある主なセミナー・ウェビナー機能

MAツールのセミナー管理機能には多様な機能があります。

大事なことはどのような機能があるかを知って使いこなすことです。

こんなことも出来るのか、と新たな発見が出来ることもあるかもしれません。

1.セミナー・ウェビナーページの作成機能

セミナー・ウェビナーページの作成は時間がかかります。

それでいてセミナーの成否を左右することもあるほどに重要ですから決して手抜きは出来ません。

こうしたセミナーページの作成が出来るMAツールもあります。セミナーページの作成はテンプレートを選択して文言を少し考えたりするだけ。これだけで自動的に実に優れたセミナーページが出来上がります。

時短にもつながりますし、テンプレートを用いればより見やすい内容に仕上げるといったことも可能です。

2.申し込みフォーム作成機能

申し込みフォームを自分で作成するのは大変。

また、メールで応募してもらうのは確認するのも面倒です。こうした申し込みフォームも自動的に作成できるセミナー管理機能がありますから、活用しておいてください。

自動で応答したりすることも出来、ますます労力の削減につながってきます。

オート化出来るものはすべてオート化して、自分はセミナーの内容に時間をつぎ込むべきでしょう。機械に出来ることとそうでないことを分けることが大事。

3.メール配信機能

メール配信機能があるものも。メール配信も通常のメーリングソフトで行っていては大変ですから、やはりセミナー管理機能を用いてより短時間に行えるようにしましょう。

4.セミナー参加者のリスト管理・出欠管理

ウェビナー参加者の出席等も管理出来るセミナー管理機能があります。

出席確認等を人的に行うとケアレスミスが生じたり時間もかかります。しかし、セミナー管理機能で自動化すれば出席確認にかかる余計な時間を省くことも可能です。

リスト管理は正確さも要求されるからこそやはりツールを用いて自動化することが大事になってきます。

5.セミナー開催後のフォロー向け機能

このフォロー向け機能が充実しているツールは大変おすすめできます。

ウェビナーは開催して終わりというわけではありません。ウェビナー後にフォローアップをしないとやはり販促に繋がらないです。

フォローも単にメールを送るだけdねあく、追加資料を送ったり、といろいろと出来ることは多くなっています。

こうしたこともセミナー管理機能があるマーケティングオートメーションツールであれば全て自動化することが出来ますから、より労力も少なくなってきます。

セミナー・ウェビナー管理機能のあるおすすめMAツール4選

ここではセミナー・ウェビナー管理機能があるおすすめのMAツールを実際に見ていきましょう。

中には実にハイレベルなものもあり、色々な用途に使えるものもあります。

1.Kairos3

Kairos3は実にオススメなセミナー管理機能があるMAツールです。

導入アカウント数は1100にも及び、実に満足度も高くなっています。インターフェイスも実にシンプルかつ見やすくなっており、大変使い勝手も良くなっています。

デモを用いれば無料で使い心地も分かってきます。もちろん、セミナー管理機能も充実しており、セミナーをする人は選んでみたら良いかもしれません。

2.SATORI

SATORIはセミナー管理機能があるMAツールの一つ。

セミナー・ウェビナー開催のためのフォーム作成やメール配信機能から、データ管理、開催後フォローの実施まで一連のウェビナーの流れに対応できる機能が備わっています。

特定のセグメントに該当したターゲットリードにリターゲティング広告が配信できるなど多くの機能を持ったMAツールとなっています。

3.ListFinder

ListFinderはBtoB企業に支持されているセミナー管理機能があるMAツールです。

上場企業において導入率ナンバーワンですし、国産でカスタマーサービスも充実していて使いやすいことも利点。

月額3万円から使える低価格さもお得になっています。活用コンサルが無料、導入しやすい、多様なカスタマイズ性、といった特徴もおすすめする理由。

色々なプランもありますから、まずは資料をダウンロードして更に詳しく知っておくと良いでしょう。

このListFinderは色々とサポートも豊富に受けられるようにもなっています。

使い方の活用勉強会や個別相談会などもあります。やはり導入しても使いみちがわからないようでは意味がありませんから、このToolFinderのように手厚くサポートがあるMAツールはやはりおすすめ出来ます。

4.SHANONMARKETINGPLATFORM

SHANONMARKETINGPLATFORMはマーケティング業務の自動化を強力に推進できるMAツールです。

こちらはバーチャルイベント等にも対応しています。

セミナー管理機能も充実しており、間接コストを50%以上も削減することが可能。また、データ活用やフォローアップによって実際に売上に貢献するセミナーにすることも出来ます。

特にこのMAツールは「自動化」「見える化」「定型化」という3点に注力しており、ハイレベルなセミナー運営をしていくことが可能。

例えば、「見える化」では申込み人数がどのような経路で申し込んでいるのか、といったことがすぐにわかるようになっています。実にハイレベルなツールですから、使いこなしてみて下さい。

セミナー・ウェビナー管理機能があるおすすめのMAツールまとめ

セミナー管理機能があるMAツールはやはり使いこなしておきたいところです。

うまく使えばセミナーの効果を数倍にも跳ね上げることも可能になって来ます。

業務の効率化等にも役立ってきますから、セミナーをよく実施する企業ならば導入は必須です。

特に分析機能等を用いてセミナーの効果をしっかりと見極めれば、次に活かして更に良いセミナーを開催することも可能になって来ます。

いずれにしてもセミナーが大変だと感じているならば、セミナー管理機能がある使いやすいマーケティングオートメーションツールを使っておくべきかもしれません。

 

ウェビナーに関してこちらでおすすめのウェビナーツールや、ウェビナーのやり方など解説しています。

MAツールを探している方はこちらでより詳細に解説しているのでご覧ください。

Twitter Facebook Bing